竹本綱大夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹本 綱大夫(たけもと つなたゆう)は、義太夫節の太夫。江戸中期より9代を数える。

初代[編集]

(生年不詳 - 安永5年10月13日1776年11月23日))

二代目竹本政大夫の門弟。宝暦11年(1761年)、竹本座出演の記録がある。1776年に湯治で但馬城崎を訪れその帰路の途中に死去した。

通称「平野屋嘉助」「新ろうじ」。

二代目[編集]

寛延元年(1748年)? - 文化2年8月16日1805年9月8日))

元は京都猪熊の織物屋の津国屋甚兵衛。そのために「猪熊の綱太夫」と呼ばれる。竹本式太夫の門弟。初名を浜太夫。1782年ごろに二代目綱大夫を襲名

摂州合邦辻』の「聞く子や 妻はうちと外、顔と顔とは隔たれど・・・」は二代目が表現したもので今日にも残されている。

三代目[編集]

(生没年不詳)本名は飴屋万吉。

化政時代に活躍。通称「飴屋綱太夫」、二代目の門弟で浜太夫、紋太夫を経て文化4年(1807年)三代目綱大夫襲名。文政から天保年間には紋下で活躍。天保5年(1834年)にむら大夫に名を譲り自身は「三綱翁」を名乗った。

四代目[編集]

(生年不詳 - 安政2年7月26日1855年9月7日))

通称「江戸堀の綱太夫」「近江屋吉兵衛」。大坂と江戸で活躍。三代目の門弟でむら太夫が天保6年(1835年)に四代目綱大夫襲名。

号は三代目が「三綱翁」だったため「四綱翁」という。

五代目[編集]

(生没年不詳)

四代目竹本弥太夫の門弟。幕末から明治時代にかけて、主に京都で活躍した。芝太夫、綱登太夫、紋太夫、津島太夫をへて明治元年に五代目綱大夫襲名。

六代目[編集]

天保11年(1840年) - 明治16年(1883年9月24日)本名は斎藤太市。

江戸生まれ。嘉永4年(1851年)三代目竹本長門太夫に入門し竹本小定太夫を名乗る。豊竹岡太夫の門下で四代目竹本錣太夫、その後竹本山城掾の門下になり元治元年(1864年)竹本殿母太夫、明治3年頃には竹本織太夫とそれぞれ改名。明治9年(1876年)、六代目綱大夫襲名。

『卅三間堂棟由来』『傾城阿波鳴門』などを流行らせた。

七代目[編集]

(天保10年(1839年) - 明治45年(1912年7月23日)本名は桜井源助。

安政3年(1856年)竹本山城掾の門下で竹本緑太夫で初舞台、その後元治元年(1864年)1月に二代目竹本津太夫、明治43年(1910年)に七代目綱大夫を襲名し、間もなく引退した。通称「法善寺」。地味で渋い芸風だったという。

八代目[編集]

(明治37年(1904年7月23日 - 昭和44年(1969年1月3日

大阪生まれ。本名・生田巌。明治44年(1911年)、二代目豊竹古靱太夫(のちの豊竹山城少掾)の弟子となり二代目豊竹つばめ太夫を名乗る。昭和11年(1936年)新義座に参加するが、昭和13年(1938年)には文楽座へ復帰、四代目竹本織太夫を襲名したのち、昭和23年(1948年)に八代目綱大夫を襲名。昭和30年(1955年)人間国宝。昭和38年(1963年)日本芸術院賞受賞[1]。昭和44年(1969年)日本芸術院会員。著書に『でんでん虫』(布井書房, 1964年)、『芸談かたつむり』(同、1966年)があり、山川静夫による評伝『綱大夫四季』(現在、岩波現代文庫)がある。実子は初代豊竹咲太夫、母方の従兄に瀧廉太郎がいる。

九代目[編集]

(昭和7年(1932年2月14日 - 平成27年(2015年7月20日

のちの九代目竹本源大夫

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『朝日新聞』1963年4月10日(東京本社発行)朝刊、14頁