菅大臣神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菅大臣神社
Le Temple Shintô Kan-daijin-jinja - Le haiden (La construction du culte).jpg
拝殿
所在地 京都府京都市下京区仏光寺通新町西入ル菅大臣町187-1
位置 北緯35度0分2.5秒
東経135度45分21.9秒
座標: 北緯35度0分2.5秒 東経135度45分21.9秒
主祭神 菅原道真公・尼神(あまがみ)・大己貴命
社格 府社
創建 不詳
札所等 菅公聖蹟二十五拝
洛陽天満宮二十五社順拝
例祭 5月の第2日曜日
テンプレートを表示

菅大臣神社(かんだいじん じんじゃ)は、京都府京都市下京区菅大臣町にある神社天満宮)。正式名称は「菅大臣社」(かんだいじん の やしろ)。通称、菅大臣天満宮(かんだいじん てんまんぐう)の名で知られる。菅公聖蹟二十五拝の第3番であり、洛陽天満宮二十五社順拝にも含まれる。

由緒[編集]

社地は今から約1000年前、菅原道真公の紅・白梅殿という邸宅や、菅家廊下(かんけろうか)と称する学問所の跡で、また菅公生誕の地と伝えられ、境内には産湯井戸が保存されている。

仏光寺通を中心に南北二町、東西一町が当時の邸宅で、菅公が、大宰府左遷に当り

東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ

と詠んだ「飛梅の地」と伝えられる。神社は道真公の薨去の後、間もなく創建されたが、度々、兵火にさらされ、鎌倉期には南北両社に分かれ、当社を天神御所、北社を紅梅殿社と呼んでいた。応仁の乱後、慶長19年に菅家ゆかりの曼殊院宮良恕法親王(まんしゅいんのみや りょうじょほうしんのう)により再興され、今日に至っている。この間、天明の大火元治の兵乱で再度焼失するが、現本殿は、天保6年(1835年)造立の三間社流造という下鴨神社の旧殿を、明治2年に移築し、その後幣殿を建立して、いわゆる八棟造をなしている。

境内[編集]

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、菅大臣神社に関するカテゴリがあります。