木下繁 (彫刻家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木下 繁(きのした しげる、1908年4月25日 - 1988年8月4日)は、日本の彫刻家。日本芸術院会員。

和歌山県出身。1928年建畠大夢に師事。帝展に出品、1933年東京美術学校彫刻科卒、1935年同研究科修了、文展に出品、1938年特選、1939年自由学園講師、1947年日展特選、1953年日展審査員、1962年日展評議員、1969年日展文部大臣賞受賞、1970年日本彫塑会理事、1972年武蔵野美術大学教授。1973年和歌山県文化賞受賞、1974年日本芸術院賞受賞[1]、1975年日展理事、1977年日本芸術院会員、1978年日展常務理事、1979年勲三等瑞宝章受章。

著書[編集]

  • 幼児のねんど遊び (牧書店 1956年)
  • くらしの工作 1・2ねん (牧書店 1958年)
  • 木下繁彫刻集 (六芸書房 1988年)

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1974年4月10日(東京本社発行)朝刊、18頁。