児玉希望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

児玉 希望(こだま きぼう、1898年7月5日 - 1971年5月2日)は、日本画家、日本芸術院会員。

経歴[編集]

広島県高田郡来原村原田[1](現・安芸高田市高宮町原田)出身、本名・省三。尾竹竹坡門下を経て、1918年に川合玉堂の門に入る。「希望」の号は竹坡がつけたもの。帝展に出品し、1921年「夏の山」で初入選[1]。1928年帝展では洋画の手法を取り入れた「盛秋」で特選となる[2]。以後、新文展日展に出品。1950年日展運営会参事、伊東深水門下の白鳥映雪らとともに日月社を結成。1952年の作品「室内」により日本芸術院賞を受賞[2]。1958年日展評議員、1959年日本芸術院会員[2]。1961年日展常務理事。1970年勲三等旭日中綬章受章。 画塾の門下には佐藤太清奥田元宋船水徳雄らが在籍した。

作品[編集]

著書など[編集]

  • 水墨滞欧記 誠文堂新光社 1958
  • 現代日本絵巻全集 14 児玉希望・東山魁夷 小学館 1982
  • 児玉希望 日本画と写生の世界 泉屋博古館分館 c2007

脚注[編集]

  1. ^ a b 児玉希望 日本画展 安芸高田市 2018年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c 児玉希望 西宮市大谷記念美術館 2018年7月19日閲覧。