田中親美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 親美(たなか しんび、1875年明治8年)4月9日 - 1975年昭和50年)11月24日)は、日本美術研究家。古絵巻古筆の第一人者、古筆鑑定収集家としても知られている。

人と芸術[編集]

父は大和絵田中有美、母いとの長男として京都に生まれた。本名は茂太郎(しげたろう)。12歳で多田親愛に入門しを学び、その勧めにより古筆の模写をはじめた。大口周魚にも知遇を得、周魚によって発見された「西本願寺本三十六人家集」の料紙の美しさに惹かれ、その複製制作を決意したという。

模写は書にとどまらず絵画にも及び、『源氏物語絵巻』、『紫式部日記絵詞』、『平家納経』等、文化財の摸本複製を成した。

1950年(昭和25年)文化財専門審議会委員に就任。1960年(昭和35年)日本芸術院恩賜賞受賞。1964年(昭和39年)勲四等旭日小綬章受章。

親族[編集]

長男は日本美術研究家の田中重。次男、田中高は建築家(一級建築士)、ペンシルバニア大学大学院修了後、ルイス・I・カーンに師事、日本で宮田田中建築研究所主宰。孫(田中重の長男)は元アニプレックス執行役員、元NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンDirector/ローカルアクイジション&プロダクション本部・本部長で目白商事株式会社代表取締役社長の田中順

参考文献 [編集]

  • 「田中親美 平安朝美の蘇生に捧げた百年の生涯」名宝刊行会、1985年
  • 萩谷朴「人と芸術」「茶のあるくらし なごみ」特集・田中親美 人と芸術、淡交社、1988年11月

外部リンク[編集]