神戸峰男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神戸 峰男
(かんべ みねお)
生誕 (1944-08-10) 1944年8月10日(73歳)[1]
岐阜県[1]
国籍 日本の旗 日本
出身校 武蔵野美術大学
著名な実績 彫刻
代表作 「朝」
「裸婦―伸びゆく」
受賞 日本芸術院賞
2008年 朝[2]
選出 日展理事[1]
活動期間 昭和後期 - 平成時代[1]
この人に影響を
与えた芸術家
清水多嘉示[1][3]
木下繁[1][3]

神戸 峰男(かんべ みねお、1944年昭和19年)8月10日[1] - )は日本彫刻家[1]岐阜県出身[1]

略歴[編集]

1944年(昭和19年)8月10日、岐阜県に生まれる[1][3]

1963年、武蔵野美術大学造形学部に入学、清水多嘉示および木下繁に師事[1][3]

1967年、武蔵野美術大学を卒業[3]

1970年(昭和45年)、「裸婦像」で日展中日賞受賞[1]。1974年(昭和49年)「裸婦」が日本彫塑展日彫賞受賞[1]。1978年(昭和53年)「裸婦―伸びゆく」で日展特選[1]

1988年(昭和63年)、名古屋芸術大学教授に就任[3]

1996年(平成8年)、日展評議員を経て2009年(平成21年)日展理事[3]

2006年(平成18年)、「長風」で日展文部大臣賞受賞[1]。2008年(平成20年)、2007年度(平成19年)第39回改組日展出品作「朝」で日本芸術院賞受賞[2]

2011年(平成23年)、「彫刻の創作活動と振興」に対して岐阜県芸術文化顕彰を受賞[4]

同年日本彫刻会理事委員長就任[3]

2012年(平成24年)12月15日より日本芸術院第一部(美術)会員[5]

2015年(平成27年)第2回改組新日展にて第3科彫刻部門の審査員を務める[6]

2016年(平成28年)現在、名古屋芸術大学美術学部長[3]

主な作品[編集]

出品年 / 展覧会 作品名 備考
  •  
2007年(平成19年) / 第39回改組日展  -  「朝」  -  日本芸術院[2]
  •  
2018年度末予定  -  「25歳の家康像」  -  愛知県東岡崎駅前設置予定[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 神戸峰男 かんべ みねお”. コトバンク (2015年9月). 2016年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c 作品詳細”. 日本芸術院. 2016年12月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 神戸峰男(かんべ みねお)”. 名古屋芸術大学. 2016年12月3日閲覧。
  4. ^ 岐阜県芸術文化顕彰受賞者一覧 (PDF)”. 岐阜県. p. 7. 2016年12月3日閲覧。
  5. ^ 会員詳細”. 日本芸術院. 2016年12月3日閲覧。
  6. ^ 改組 新 第2回日展(2015年)第3科 彫刻 【審査員】”. 日本美術展覧会. 2016年12月3日閲覧。
  7. ^ 愛知)馬上で弓 25歳の家康像、東岡崎駅前に設置へ”. 朝日新聞デジタル (2016年2月23日). 2016年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]