神戸峰男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神戸 峰男
(かんべ みねお)
生誕 (1944-08-10) 1944年8月10日(77歳)[1]
岐阜県土岐市
国籍日本の旗 日本
出身校武蔵野美術大学造形学部彫刻科
著名な実績彫刻
代表作「朝」
「裸婦―伸びゆく」
受賞日本芸術院賞
2008年 朝[2]
選出 日展理事[1]
活動期間 昭和後期 - 平成時代[1]
影響を受けた
芸術家
清水多嘉示[1][3]
木下繁[1][3]

神戸 峰男(かんべ みねお、1944年昭和19年)8月10日[1] - )は、日本彫刻家[1]名古屋芸術大学名誉教授[4]

来歴[編集]

岐阜県土岐市出身(現在は可児市に住む)[5][6][3]。1963年、武蔵野美術大学造形学部に入学し、清水多嘉示および木下繁に師事[1][3]。1967年、同大学彫刻科卒業[3]

1988年(昭和63年)、名古屋芸術大学教授に就任[3]。同大学美術学部長を経て[7]、同大学名誉教授となる。

日展との関わり[編集]

愛知県岡崎市から依頼されて神戸が制作した徳川家康の騎馬像(写真右隅)。ペデストリアンデッキの上に設置されたため、乙川の対岸からも見ることができる。

1970年(昭和45年)、「裸婦像」で日展中日賞を受賞[1]。1974年(昭和49年)「裸婦」が日本彫塑展日彫賞受賞[1]。1978年(昭和53年)「裸婦―伸びゆく」で日展特選[1]

2006年(平成18年)には「長風」で日展文部大臣賞受賞[1]。2008年(平成20年)、2007年度(平成19年)第39回改組日展出品作「朝」で日本芸術院賞受賞[2][注釈 1]

運営者としては1996年(平成8年)より日展評議員を経て2009年(平成21年)日展理事となっている[3]。2015年(平成27年)には第2回改組新日展にて第3科彫刻部門の審査員を務めた[8]

2011年(平成23年)、「彫刻の創作活動と振興」に対して岐阜県芸術文化顕彰を受賞[9]。また、同年日本彫刻会理事委員長に就任している[3]

2012年(平成24年)12月15日より日本芸術院第一部(美術)会員[10]

2013年(平成25年)12月、可児市民栄誉賞第1号に推挙された[11]

2014年(平成26年)8月28日、愛知県岡崎市は、名鉄東岡崎駅から北東方面にペデストリアンデッキを建設し、デッキ上に徳川家康の銅像を設置すると発表した[12]。翌2015年(平成27年)10月、市の有識者会議は神戸を銅像製作者として推薦[6][13]。2019年(令和元年)11月2日、神戸が制作した徳川家康の騎馬像は、複合商業施設オト リバーサイドテラス」のオープンにあわせ公開された[14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 神戸峰男 かんべ みねお”. コトバンク (2015年9月). 2016年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c 作品詳細”. 日本芸術院. 2016年12月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 神戸峰男(かんべ みねお)”. 名古屋芸術大学. 2016年12月3日閲覧。
  4. ^ 教員紹介 名誉教授”. 名古屋芸術大学. 2021年6月22日閲覧。
  5. ^ 神戸峰男【彫刻家/岐阜県/日展】”. くらや. 2021年6月22日閲覧。
  6. ^ a b 岡崎市議会 平成27年12月 定例会 12月02日-21号”. 岡崎市会議録検索システム. 2021年6月22日閲覧。
  7. ^ マスターtoアーティスト”. 名古屋芸術大学グループ通信. 2021年6月22日閲覧。
  8. ^ 改組 新 第2回日展(2015年)第3科 彫刻 【審査員】”. 日展. 2016年12月3日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ 岐阜県芸術文化顕彰受賞者一覧 (PDF)”. 岐阜県. p. 7. 2016年12月3日閲覧。
  10. ^ 会員詳細”. 日本芸術院. 2016年12月3日閲覧。
  11. ^ 可児市民栄誉賞第1号神戸峰男さんの表彰式を開催しました。”. 可児市役所 (2013年12月27日). 2021年6月22日閲覧。
  12. ^ 竹内雅紀 (2014年8月29日). “乙川リバーフロント整備計画概要発表 総事業費約100億円 岡崎市 人道橋は29年度完成予定”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/140829.html 2019年5月19日閲覧。 
  13. ^ 新たなシンボル「徳川家康公像」”. 内田康宏のブログ (2015年11月5日). 2021年6月22日閲覧。
  14. ^ “若き日の姿再現 徳川家康像完成 名鉄東岡崎駅前 /愛知”. 毎日新聞. (2019年11月3日). https://mainichi.jp/articles/20191103/ddl/k23/040/107000c 2019年11月3日閲覧。 

外部リンク[編集]