乙川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乙川
Otogawa-Tonobashi-1.jpg
殿橋付近
水系 一級水系 矢作川
種別 一級河川
延長 34 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 258 km²
水源 巴山 (愛知県)
水源の標高 -- m
河口・合流先 矢作川(愛知県)
流域 愛知県
テンプレートを表示

乙川(おとがわ[1][2])は、愛知県岡崎市を流れる河川一級水系矢作川最大の支流である。菅生川、大平川の別称がある。

地理[編集]

愛知県岡崎市東部の新城市との境に位置する巴山近くに発し[3]、西に流れる。岡崎市茅原沢町で本流である男川を合流した後、岡崎市天白町矢作川に合流する。合流地点付近にはJR東海道本線が走っている[3]

岡崎公園近くの河川敷では、毎年4月に家康行列の戦国模擬合戦が行われる。また、毎年8月初旬に花火大会が開催されている。

1970年(昭和45年)10月24日、岡崎都市美化協会が中心となり、明代橋上流の左岸で小学校児童らにより、コイ4千匹が放流された。放流したコイの追跡調査をするとともに、「コイを死なせないで」という嘆願を排水の著しい沿岸の工場に対し行った。コイの愛称は公募により「みかちゃん」と名付けられ[4]、乙川では長い間みかちゃんの放流が続けられた。

1987年(昭和62年)3月、殿橋と潜水橋との間に「乙川噴水」が作られた[5]

河津桜[編集]

岡崎市竜美丘会館裏手(東明大寺町)から竹橋(大西町字渕田)にかけての堤防は、3月になると河津桜でピンク色に染まる。1998年(平成10年)春に幸田町のゴルフ場に咲く河津桜に感激した岡崎市の市民が乙川堤防に植えることを考え、愛知県と市に交渉。植樹の許可は3年弱後に下り、2001年(平成13年)1月、85人の市民が一人2万円を出し合い、800メートルにわたり1本ずつ苗木を植えた[6][7]

この河津桜は徳川家の家紋にちなみ「葵桜(あおいざくら)」と名付けられ、現在多くの客でにぎわう[8]

都市計画道路岡崎環状線[編集]

都市計画道路岡崎環状線の新しい橋が架かる予定の場所。右岸で下水道雨水管の新設工事が行われている。

岡崎市では現在、明大寺町字大圦の主要地方道岡崎刈谷線を起点に北進し、乙川を越えて国道1号と接続し、市内の中心部付近と市街地外縁を結ぶ全長約15.9キロの都市計画道路「岡崎環状線」の整備事業が行われている。岡崎環状線は全体の約90パーセントにあたる14.2キロメートルがすでに開通しており、未整備区間については、都市計画道路岡崎一色線から朝日町3丁目交差点(岡崎年金事務所東)までの440メートルの整備が優先的に進められている[9][10]

乙川に架かる新しい橋は、明大寺町字河原と朝日町3丁目交差点との間に建てられることとなる。

泰平の祈りプロジェクト[編集]

2015年(平成27年)12月26日殿橋下流において、岡崎市の徳川家康没後400年記念事業「泰平の祈りプロジェクト」が開催された。乙川水面に青色発光ダイオード(LED)を入れたプラスチックボール3万個を浮かべるこのイベントに、愛知県内外から2万人が見物に訪れた[2]

2018年(平成30年)11月24日、「岡崎グルメフェスティバル」と連動して、4回目となる「泰平の祈り」が開催された。

乙川河川緑地管理運営事業[編集]

岡崎市は現在、明大寺本町1丁目の太陽の城跡地と旧岡崎市教育文化館の敷地を利用して、コンベンション施設などを建設する計画を進めている。それに付随して市は、2019年(令和元年)6月19日、殿橋と名鉄橋梁の間の乙川左岸河川敷の利活用を目的とする「乙川河川緑地管理運営事業」の実施方針を発表した。指定管理者制度を活用した事業として実施し、今後民間事業者を選定する予定[11][12]

ギャラリー[編集]

支流[編集]

主な橋梁[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『河川大事典』日外アソシエーツ、1991年2月。ISBN 978-4-8169-1017-3
  2. ^ a b 「通風筒」『中日新聞』2015年12月27日付朝刊、社会10版広域31ページ
  3. ^ a b 生物多様性の現況と課題 (PDF)”. 岡崎市. 2015年8月21日閲覧。
  4. ^ 東海新聞』1970年10月24日、1面、「〝きれいな川に〟の願いこめ きょう菅生川へコイ四千匹放流」。
  5. ^ 岡崎市総合政策部広報課編『岡崎市制100周年記念誌 100年のあゆみ』岡崎市役所、2017年7月、37頁。
  6. ^ 『中日新聞』2017年3月20日付朝刊、三河版、14面、「はっくつ新・三河遺産 (14) 河津桜 岡崎」。
  7. ^ “パッと「葵桜」 北の乙川沿いで 全部の木に花”. 東海愛知新聞. (2005年2月27日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/2005tokai/050227.html 2018年11月16日閲覧。 
  8. ^ “乙川堤の「葵桜」が見頃に 愛知・岡崎”. 朝日新聞. (2017年3月13日). http://www.asahi.com/articles/ASK395SR4K39OQIP00L.html 2017年3月26日閲覧。 
  9. ^ 都市計画道路岡崎環状線 | 岡崎市ホームページ
  10. ^ “乙川架橋南北を先行 今年度 用地測量と補償調査”. 東海愛知新聞. (2008年4月25日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/2008tokai/080425.html 2018年11月25日閲覧。 
  11. ^ 横田沙貴 (2019年6月20日). “PFIで実施予定 QURUWAプロジェクト 太陽の城跡地の活用”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/190620.php 2019年6月20日閲覧。 
  12. ^ 岡崎市QURUWAプロジェクト(コンベンション施設整備事業等)実施方針 (PDF)”. 岡崎市役所 (2019年6月19日). 2019年6月19日閲覧。