澤田政廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

澤田 政廣(さわだ せいこう、1894年8月22日- 1988年5月1日)は、彫刻家静岡県熱海市生まれ。本名は寅吉。

1913年、旧制韮山中学校(現在の韮山高校)を中退後、高村光雲の高弟山本瑞雲に師事。1918年東京美術学校彫刻科別科卒業。1931年帝展審査員。1941年三木宗策正統木彫会を結成。1947年日展審査員、1950年日展運営会参事、1951年芸術選奨文部大臣賞、1953年日本芸術院賞受賞、58年日展評議員、1962年日本芸術院会員、日展理事、1965年日展常務理事、日本彫塑会会長、1970年同理事長、1971年日展顧問、1973年文化功労者1979年文化勲章受章、日本彫塑会名誉会長。代表作は、『吉祥天』『大聖不動明王』など。仏像彫刻を行う。

静岡県熱海市にある澤田政廣記念美術館のエントランス・ホールには、1988年に作成したステンド・グラス「飛天」が天井を飾っている。

著書・作品集[編集]

  • 沢田政広作品集 明治書房 1961
  • みほとけを刻んで 明治書房 1969
  • 沢田政広 時の美術社 1984 (現代美術家シリーズ)