山本健吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本健吉資料室の様子
福岡県八女市にある八女市立図書館2階にある山本健吉資料室の写真。

山本 健吉(やまもと けんきち、1907年明治40年)4月26日 - 1988年昭和63年)5月7日)は、文芸評論家。本名は石橋貞吉(ていきち)。

文芸評論家石橋忍月の三男。最初の妻は俳人の石橋秀野。なお秀野の妹は漫画家の清水崑の妻である歌人の清水恒子

来歴・人物[編集]

石橋忍月の三男として、長崎市に生まれる。旧制長崎中学慶應義塾大学国文科卒業。折口信夫に師事した。 日本の古典詩歌に詳しく、古典作品と現代文学との関係の究明に力を注いだ。また、ながく文芸時評もつとめ、現代文学に関する著作も多い。「第三の新人」という用語を最初に用いた人物でもある。

1929年、藪秀野(のち俳人石橋秀野)と結婚。このころ二人とも当時、非合法下の日本共産党に入党。1932年、特高警察に一か月近く拘留される。

1933年、改造社に入社し、1934年創刊の総合俳誌「俳句研究」に携わり現代俳句への造詣を深める。 1939年8月、「俳句研究」の座談会「新しい俳句の課題」で人間探求派なる用語が生まれた。司会、山本健吉、参加者、中村草田男加藤楸邨石田波郷篠原梵

一方1939年、吉田健一西村孝次伊藤信吉中村光夫らと文芸誌「批評」を創刊し、私小説を論じる。戦時中の同人雑誌統合のなかで、堀田善衛と交友をもつ。40代まで貧困に苦しむことも多かったが、戦後、俳句を中心に現代小説など何でも書き、1955年(昭和30年)、『芭蕉』で新潮社文学賞を受賞。翌年、『古典と現代文学』で読売文学賞受賞。1963年(昭和38年)、『柿本人麻呂』で再度読売文学賞を受賞。1966年(昭和41年)、日本芸術院賞を受賞し[1]1969年(昭和44年) 日本芸術院会員に就任[2]1972年(昭和47年)より日本文藝家協会理事長、のち会長となる。1979年(昭和54年)、『詩の自覚の歴史』で日本文学大賞受賞、1981年(昭和56年)、『いのちとかたち』で野間文芸賞文化功労者1983年(昭和58年)、文化勲章受章。

山本健吉若き日の写真
福岡県八女市八女市立図書館にある山本健吉資料室に展示してある山本健吉の若き日の写真。

墓は福岡県八女市の無量寿院にある。

系譜[編集]

石橋家
八女市の医師石橋正良宅に伝わる『石橋氏系図』によると、八女地方の石橋一族は、清和源氏の血を引く肥前出身の武士で豊後大友氏の門族である筑後国下田城主堤貞元の重臣石橋右衛門盛清(1601年慶長6年〕没)が天正年間(1573年から1593年)に、筑後国生葉郡星野村に定住したのがはじまりである。医業は盛清の3代目にあたる作右衛門教清が寛永年間(1624年から1645年)に起こし、爾来、分家新立によって石橋医家の繁栄がもたらされた。


     
           ┏近蔵 
           ┃
       ┏茂━━╋松次郎
       ┃   ┃
佐仲━意仙━━╋養元 ┗友吉
       ┃    (忍月)
       ┗正蔵

著書[編集]

  • 『現代俳句』全2巻 角川書店, 1951-52 のち文庫、角川選書
  • 『私小説作家論』角川文庫 1952 のち審美社・福武書店・講談社文芸文庫
  • 『純粋俳句』創元社 1952
  • 『小説の鑑賞』要書房 1953
  • 『現代文学風土記』河出書房 1954
  • 『小説に描かれた現代婦人像』大日本雄弁会講談社, 1954
  • 『芭蕉 その鑑賞と批評』全3巻 新潮社 1955-56、のち新版・飯塚書店ほか
  • 『青春の文学』要書房 1955
  • 『古典と現代文学』大日本雄弁会講談社 1955 のち新潮文庫、講談社文芸文庫
  • 『鎮魂歌』角川書店 1955
  • 『名作の女性たち』角川新書 1955
  • 『きりしたん事始』芸術社 1956
  • 『新俳句歳時記』全5巻 光文社(カッパ・ライブラリー) 1956
  • 『俳句の世界』新潮社 1956 のち講談社、同文芸文庫
  • 『作家の肖像』河出新書 1956
  • 『孤児なる芸術』現代文芸社 1956
  • 『小説に描かれた青春像』河出書房 1957
  • 『現代文学覚え書』新潮社 1957
  • 『昭和俳句』角川新書 1958
  • 『昭和の女流文学』実業之日本社 1959
  • 『大和山河抄』人文書院 1962 のち角川選書
  • 『柿本人麻呂』新潮社 1962 のち河出文庫
  • 『日本の言葉』河出書房新社 1962
  • 『十二の肖像画』講談社 1963 のち福武文庫
  • 『小説の再発見』文藝春秋新社 1963 のち潮文庫
  • 『日本の恋の歌 万葉から現代まで』講談社現代新書 1964
  • 『歳時記について』文藝春秋新社 1965
  • 釈迢空歌抄』角川新書 1966
  • 『文芸時評』河出書房新社 1969
  • 『日本詩人選5 大伴家持』筑摩書房 1971
  • 漱石啄木露伴』文藝春秋 1972
  • 『釈迢空』角川選書 1972
  • 『行きて帰る 古典文学全評論』河出書房新社 1973
  • 『芭蕉全発句』河出書房新社 1974 新版・講談社学術文庫 2012
  • 『遊糸繚乱』集英社 1974
  • 正宗白鳥 その底にあるもの』文藝春秋 1975 のち講談社文芸文庫
  • 子規虚子』河出書房新社 1976
  • 『近代日本の詩人たち』講談社 1976
  • 『猿の腰かけ』集英社 1976
  • 『天際の借景』集英社 1977
  • 『詩の自覚の歴史 遠き世の詩人たち』筑摩書房 1979 ちくま学芸文庫 1992
  • 『狐の提灯』集英社 1979
  • 『漂泊と思郷と』角川書店 1980
  • 『ことばの季節』文藝春秋 1980
  • 『いのちとかたち 日本美の源を探る』新潮社 1981 角川文庫ソフィア 1997
  • 『旅のこころ』文藝春秋 1981
  • 『短歌 その器を充たすもの』角川書店 1982
  • 『俳句私見』文藝春秋 1983
  • 『現代の随想28 山本健吉集』弥生書房 1983
  • 『身辺歳時記』文藝春秋 1984
  • 『小さな肖像画』筑摩書房 1984
  • 『刻意と卒意』角川書店 1984
  • 『花鳥一歳 わが心のうた』文藝春秋 1985
  • 『昭和俳句回想』富士見書房 1986
  • 『山本健吉基本季語五〇〇選』講談社 1986 のち講談社学術文庫
  • 与謝蕪村』講談社 1987
  • 『ことばの四季』文藝春秋 1987
  • 『万葉秀歌鑑賞』講談社学術文庫 1987
  • 『雪月花の時』角川書店 1988
  • 『俳諧常住』富士見書房 1988
  • 奥の細道』講談社 1989、ほかに河出文庫、増補新版・飯塚書店
  • 『山本健吉俳句読本』全5巻 角川書店 1993-1994
  • 『鑑賞俳句歳時記』全4巻 文藝春秋 1997
  • 『生と死と 山本健吉人生読本』角川書店 1998

作品集[編集]

  • 山本健吉全集』全15巻別巻1 講談社, 1983-1985

共著[編集]

  • 『万葉百歌』池田弥三郎共著 中公新書 1963
  • 『詩のこころ 心の対話』西脇順三郎と対談 日本ソノ書房 1969 のちぺりかん社
  • 『芭蕉の本5 歌仙の世界』角川書店 1977
  • 『自然と芸術 山本健吉対談集』角川書店 1977
  • 『遊びといのち 山本健吉対談集』角川書店 1986

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1966年4月7日(東京本社発行)朝刊、14頁。
  2. ^ 『朝日新聞』1969年11月25日(東京本社発行)朝刊、14頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]