竹本源大夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

竹本 源大夫(たけもと げんだゆう)は、義太夫節の大夫。江戸中期より八代を数え2011年春に9代目竹本綱大夫が9代目源大夫を襲名した。なお長男鶴澤清二郎は2代目鶴澤籐蔵を襲名した。

初代[編集]

2代目[編集]

3代目[編集]

4代目[編集]

5代目[編集]

6代目[編集]

1837年 - 1901年11月21日)本名は式井小兵衛。

三重の生まれ、1874年5代目竹本春太夫の門下。1877年に兄弟子の2代目竹本摂津大掾の門下になる。

7代目[編集]

1881年7月7日 - 1935年4月7日)本名は尾崎升一郎。

大阪市の生まれ、1892年に7代目源太夫の門下で竹本源子太夫の名で彦六座に出る。1902年に2代目竹本摂津大掾の門下。1906年に7代目源太夫を襲名。

養子が初代鶴澤藤蔵、藤蔵の子の9代目竹本綱大夫が9代目源太夫を襲名。

8代目[編集]

1885年12月18日 - 1971年7月14日)本名は伊藤慶治郎。

三重の生まれ、1908年10月に7代目源太夫に入門し、2代目竹本源路太夫1937年3月に8代目源太夫を襲名。

9代目[編集]

1932年2月14日 - 2015年7月20日)本名は尾崎忠男。

7代目竹本源太夫の孫で初代鶴澤藤蔵の子。昭和21年(1946年)、8代目に入門し、織の大夫を名乗る。昭和38年(1963年)、5代目竹本織大夫を襲名、平成6年(1994年)、紫綬褒章受章。平成16年(2004年)、大阪芸術賞受賞、平成17年(2006年)、9代目綱大夫を襲名。平成18年(2007年)、人間国宝認定。平成22年(2011年)、9代目源大夫を、長男の鶴澤清二郎は2代目鶴澤藤蔵を襲名。

平成26年(2014年)、引退を発表。

平成27年(2015年)7月20日、心不全のため死去[1]。83歳没。

脚注[編集]