山田五十鈴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまだ いすず
山田 五十鈴
山田 五十鈴
1937年
本名 山田 美津(やまだ みつ)
生年月日 1917年2月5日
没年月日 2012年7月9日(満95歳没)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市南区千年町(現在の中央区
死没地 日本の旗 日本東京都稲城市
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画舞台テレビ
活動期間 1930年 - 2002年
活動内容 1930年:日活太秦撮影所に入社、映画デビュー
1934年:第一映画社に参加
1938年東宝映画に移籍
1962年:東宝演劇部と契約
2000年文化勲章受章
配偶者 月田一郎(1936年頃 - 1942年)
滝村和男(1942年 - 1943年)
加藤嘉(1950年 - 1954年)
下元勉(1954年 - 後に解消)
著名な家族 父:山田九州男(新派俳優)
娘:瑳峨三智子(女優)
主な作品
映画
浪華悲歌』 / 『祇園の姉妹
現代人』 / 『流れる』 / 『蜘蛛巣城
どん底』 / 『用心棒』 / 『疑惑
ドラマ
赤穂浪士』 / 『必殺からくり人
必殺仕事人』シリーズ
舞台
香華』 / 『たぬき』 / 『女坂』

山田 五十鈴(やまだ いすず、1917年2月5日 - 2012年7月9日)は、日本女優。本名は山田 美津。愛称は「ベルさん」。

戦前から戦後にかけて活躍した、昭和期を代表する映画女優の1人である。時代劇映画の娘役を経て、溝口健二監督の『祇園の姉妹』で地位を確立。以来、優れた演技力で数多くの名作に出演した。1960年代以降は舞台女優として活動し、水谷八重子杉村春子とともに「三大女優」と呼ばれた[1]。また、テレビドラマ必殺シリーズ』では女元締のおりくを演じて人気を得た。2000年(平成12年)に女優として初めての文化勲章を受章した(ただし、受章辞退者を含めれば杉村春子が初)。これまでに月田一郎滝村和男加藤嘉下元勉との結婚歴がある。女優の嵯峨三智子は月田との間に生まれた娘である。

来歴・人物[編集]

映画界へ[編集]

1917年(大正6年)2月5日大阪府大阪市南区千年町(現在の中央区)に生まれる。父の山田九州男[注釈 1]新派俳優で、母の律は北新地の売れっ子芸者だった[1][2]。山田はその母の命で、数え年で6歳の時から常磐津長唄清元日本舞踊の稽古を始めた[4]

1924年(大正13年)、関西に出稽古に来ていた三世清元梅吉について本格的に清元を習い始める[2]1925年(大正14年)、父が成美団に参加するため一家で上京して日本橋浜町の旅館に住み、久松小学校に入学するが、人気の落ち込んでいた父が仲間を集めて満州へ巡業に行ってしまい、旅館住まいが困難になったため、本郷区金助町の駄菓子屋の裏店に移住する[2][5]。その後、永田町に2階借りし、母と共に清元梅吉の内弟子となった。1927年(昭和2年)、師匠から清元梅美智の名を貰い、母娘揃って名取となる。後、母と宝塚に移り住み、清元の師匠をやって生計を立てた[6]

1930年(昭和5年)、父が日活太秦撮影所所長の池永浩久を知っていた縁で、同撮影所に月給百円という幹部女優並みの待遇で入社[4]。芸名は伊勢神宮五十鈴川にちなんで山田 五十鈴と決まり[1]、同年に『剣を越えて』で大河内傳次郎の相手役としてデビューした。続いて池田富保監督のオールスター特作『元禄快挙 大忠臣蔵 天変の巻・地動の巻』に、新人としては異例の大抜擢で出演した[4]。デビュー1年目の同年だけで15本の作品に出演し、その後も伊藤大輔監督の『続大岡政談 魔像解決篇』、内田吐夢監督の『仇討選手』、伊丹万作監督の『國士無双』『武道大鑑』、山中貞雄監督の『盤嶽の一生』など、一流の監督作品に立て続けに出演[4]。可憐なヒロイン役で人気を集め、日活時代劇のトップ女優となった。

第一映画社から東宝へ[編集]

1934年(昭和9年)9月、日活を退社した永田雅一第一映画社を設立し、伊藤、溝口健二鈴木傳明らとともに同社に参加する。溝口監督の『マリアのお雪』『折鶴お千』に主演するが、後者の撮影中に同社に移籍した月田一郎の子を身籠り、翌1936年(昭和11年)3月1日に美和子(後の瑳峨三智子)を出産した[4]。月田と結婚し、出産を機に女優を廃業しようと考えていたが、溝口監督の『浪華悲歌』『祇園の姉妹』に主演すると、その演技が高く評価され、生涯女優をやることを決意した。同年、第一映画が解散し、新興キネマ京都太秦撮影所に月田とともに移籍した。

1938年(昭和13年)6月、東宝映画に入社。同社第1作は川口松太郎原作・成瀬巳喜男監督の『鶴八鶴次郎』で、長谷川一夫と三味線弾きの夫婦に扮し、気は強く情にはもろい女芸人気質を好演した[7]。それ以来、『蛇姫様』『昨日消えた男』『婦系図』などで長谷川とコンビを組んだ。そのほか『新篇丹下左膳』シリーズでは丹下左膳役の大河内の相手役を演じ、渡辺邦男監督の『新妻鏡』、成瀬監督の『上海の月』ではヒロインを演じた。スターとして揺るぎない地位を占めたが、夫の月田は役に恵まれず、夫婦の収入に差が生じるようになり、夫婦仲も次第に亀裂が入る[7]1940年(昭和15年)には別居し、娘の美和子は月田家が引き取った[4]1942年(昭和17年)に月田と離婚し、映画製作者の滝村和男と結婚するが、1年余りで離婚した[7][8]

1942年(昭和17年)、長谷川と共に新演伎座を結成。3月に東京宝塚劇場菊田一夫作『ハワイの晩鐘』、川口作『お島千太郎』で旗揚げして以降、『伊那の勘太郎』『姿三四郎』などの舞台に立ち、太平洋戦争末期には軍の慰問にも回った[7]。翌1943年(昭和18年)、花柳章太郎主演の『歌行燈』に出演するが、この共演を機に花柳と恋愛関係に陥った[7]

戦後・演技派女優へ[編集]

花柳小菊(右)と(1949年)

1946年(昭和21年)、豊田四郎監督の『檜舞台』が戦後第1作となり、戦中の『芝居道』以来共演のなかった長谷川とコンビを復活した。次いで衣笠貞之助監督の『或る夜の殿様』に出演し、同時に衣笠とも恋愛関係を結んだ[7]。同年10月、第2次東宝争議が発生。ストに反対する大河内に同調して、長谷川、高峰秀子藤田進黒川弥太郎入江たか子原節子山根寿子花井蘭子とともに十人の旗の会を結成して日本映画演劇労働組合(略称:日映演)傘下の東宝従業員組合を脱退。これが元で翌1947年(昭和22年)3月に新東宝映画製作所が創立された。しかし、すぐにその脱退組を離れてフリーとなり、製作が再開された東宝で衣笠監督の『女優』に松井須磨子役で主演した[7]。この頃、妻子ある衣笠と経堂に新居を建て、同棲生活をしている[9][10]

1950年(昭和25年)、同年公開の『影法師』で共演した加藤嘉と結婚。共産党員だった加藤の影響で思想的に左旋回し、同年に日映演に加入[注釈 2]。「人民女優」とのレッテルを張られ[1]レッドパージの対象にもなった。1952年(昭和27年)、加藤とともに現代俳優協会を設立[11]。この頃は亀井文夫監督の『母なれば女なれば』『女ひとり大地を行く』、関川秀雄監督の『ひろしま』など、独立プロ系の監督作に多く出演した。

その間、娘の瑳峨三智子が東映に入社し、母娘が再会する。しかし、瑳峨は自分を棄てた山田を憎み撮影所で会ったときも母のことを「山田さん」と呼んでいたとされる。そのわだかまりは、瑳峨が山田より先に死を迎えるその日までついに消えなかった。1954年(昭和29年)2月、加藤と家庭と仕事の不成立を理由に協議離婚[4]。その直後に下元勉と結婚するが数年で離婚。

その後は女優として最も充実した時期となり、成瀬監督の『流れる』、豊田監督の『猫と庄造と二人のをんな』、小津安二郎監督の『東京暮色』、黒澤明監督の『蜘蛛巣城』『どん底』、渋谷実監督の『悪女の季節』『もず』、市川崑監督の『ぼんち』など、巨匠・中堅問わず幅広い作品に出演。この時期だけでブルーリボン賞主演女優賞・助演女優賞をそれぞれ1回、毎日映画コンクール女優主演賞を1回、キネマ旬報ベスト・テン女優賞を2回受賞し、名実ともに映画界を代表する大女優となった。

舞台・テレビでの活躍[編集]

1959年(昭和34年)、第4回新劇合同公演『関漢卿』に招かれて滝沢修と共演。その後映画出演の傍ら舞台出演が多くなり、1962年(昭和37年)に東宝演劇部と専属契約を結んでからは、活動の場は舞台中心へと移る。以後、商業演劇の看板役者となり、杉村春子水谷八重子とともに「三大女優」と呼ばれた。代表作の1つである『たぬき』では立花家橘之助を演じ、浮世節を弾き語りして評判を得た。また、『津軽三味線ながれぶし』では三橋美智也と三味線の連れ弾きを披露している。そのほか、『香華』『華岡青洲の妻』『淀どの日記』『愛染め高尾』『太夫さん』など数多くの舞台に立った。1987年(昭和62年)には、ファン投票によって主演作10作を選定し、「五十鈴十種」と名付けた。また、若手の邦楽家や役者に三味線やお囃子を発表する会「東宝たぬき会」を立ち上げ、中村又五郎と共に指導を行っていた。

一方、1957年(昭和32年)からテレビドラマにも出演するようになり、大河ドラマ赤穂浪士』では大石内蔵助の妻りくを演じた。必殺シリーズはテレビドラマでの代表作となり、いずれも三味線弾きの人物を演じた。『必殺からくり人』に始まるからくり人シリーズでは花乃屋仇吉や泣き節お艶、『必殺仕事人』ではおとわを演じた。『新・必殺仕事人』以降の作品では、三味線の撥を武器にする女元締のおりくを演じ、当たり役とした。同役では『必殺仕事人V』まで出演し、劇場版2作にも登場した。

晩年・死去[編集]

1980年(昭和55年)頃に京都の自宅を引き払い[12]、安全が保障されている上にお手伝いさんもいらないという理由で[13]東京・帝国ホテルの一室で生活を送っていた[12]。その後も精力的に舞台に出演し、1993年(平成5年)に文化功労者2000年(平成12年)に女優としては初めての文化勲章を受章した。

2002年(平成14年)4月に脳梗塞を発症、この年を最後に公の場に姿を見せることはなかったが[12]、親交のあった松井誠によれば、2009年(平成21年)の時点では復帰を目指してリハビリに励んでいたという[14]。最後の舞台は2001年(平成13年)に行われた『桜の園』の朗読会で、最後のテレビ出演はNHK教育テレビの『芸能花舞台』(2002年放送)だった。

2012年(平成24年)7月9日多臓器不全により東京都稲城市内の病院で死去。95歳没。[12][15]。戒名は「寳光院天猷妙津大姉(ほうこういんてんゆうみょうしんだいし)」(「妙」は正確には玄に少)[16]。「宝の光」や「遥(はる)かな天を描く」「妙(たえ)なる潤い」などの意味が込められている。

葬儀には、生前に山田を慕っていた俳優らでつくる「養子会」のメンバーである市村正親西郷輝彦[16]榎木孝明[16]高嶋政伸[17]萬田久子を始め、司葉子浜木綿子三田佳子草笛光子北大路欣也平幹二朗中条きよし池上季実子佐久間良子八千草薫朝丘雪路富司純子江波杏子山本陽子三浦布美子石井ふく子中村メイコ坂東三津五郎南果歩沢口靖子、など600名が参列した。

エピソード[編集]

1958年(昭和33年)のロンドン映画祭黒澤明が招待され、山田が主演した『蜘蛛巣城』がオープニング上映された。直後に行われたパーティで黒澤がローレンス・オリヴィエヴィヴィアン・リー夫妻と会食した際、ヴィヴィアンは山田に対して大きな関心を示し、抑制された演技と発狂する場面でのメーキャップについて、黒澤に繰り返し質問したという[18]

ニュース映画日本ニュース」戦後編 第91号にて映画、演劇の入場税引き上げに反対する署名運動に参加している姿が写されている。

受賞・受章歴[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

國士無双』(1932年)左は片岡千恵蔵

太字の題名はキネマ旬報ベスト・テンにランクインした作品

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ出演[編集]

CM[編集]

舞台作品[編集]

五十鈴十種[編集]

その他の作品[編集]

音楽活動[編集]

シングル[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 1879年(明治12年)5月1日熊本市二本木の遊郭の生まれ。成美団を結成した高田実の弟子となり、1898年(明治31年)に山田不二男の芸名で博多で初舞台を踏み、1900年(明治33年)に高田の門に入って山田九洲男と改名。以後、新派の女形として活躍した[2]1948年(昭和23年)、巡業先の明石十二指腸潰瘍のため死去[3]
  2. ^ 法政大学大原社研 東宝争議〔日本労働年鑑 第24集 292〕によれば、1950年5月26日に「一労働者として」日映演への加入声明を発表したという記述がみられる
出典
  1. ^ a b c d 貫禄、他の女優を寄せつけず 山田五十鈴さん日本経済新聞、2015年6月4日閲覧
  2. ^ a b c d キネマ旬報1980、p.722
  3. ^ 大笹吉雄『日本現代演劇史 昭和戦後篇Ⅰ』、白水社、1998年、p.451
  4. ^ a b c d e f g 山田五十鈴KINENOTE、2015年6月4日閲覧
  5. ^ 升本2003、p.141
  6. ^ 升本2003、p.142
  7. ^ a b c d e f g キネマ旬報1980、p.726
  8. ^ 山田2000、p.160
  9. ^ 升本2003、p.176
  10. ^ 鈴木晰也『人生仕方ばなし 衣笠貞之助とその時代』、2001年、ワイズ出版、p.135
  11. ^ 山田五十鈴『山田五十鈴 映画とともに』、日本図書センター、2000年、p.161
  12. ^ a b c d 山田五十鈴さん死去 70年女優一代、日刊スポーツ、2012年7月12日閲覧。
  13. ^ 「婦人画報」 2000年6月号。
  14. ^ “母”山田五十鈴との深いきずな
  15. ^ 山田五十鈴さん:死去95歳 映画、舞台で活躍、毎日新聞、2012年7月10日閲覧
  16. ^ a b c 山田五十鈴さん通夜に市村正親ら600人デイリースポーツ、2012年7月12日閲覧
  17. ^ さよなら山田五十鈴さん 遺骨は京都へ、デイリースポーツ online、2015年6月6日閲覧
  18. ^ 『大系黒澤明 第2巻』、講談社、2009年
  19. ^ 牧野省三賞、東映京都ナビ、2015年6月4日閲覧
  20. ^ 映画の日 特別功労大章・特別功労章及び感謝状贈呈者一覧、映画産業団体連合会、2015年6月4日閲覧
  21. ^ 『官報』第5864号(平成24年8月15日)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]