関川秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
せきかわ ひでお
関川 秀雄
生年月日 (1908-12-01) 1908年12月1日
没年月日 (1977-12-16) 1977年12月16日(満69歳没)
出生地 新潟県佐渡郡佐和田町
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督
活動期間 1936年 - 1977年

関川 秀雄(せきがわ ひでお、1908年12月1日1977年12月16日)は、日本の映画監督

人物[編集]

1908年12月1日新潟県佐渡郡佐和田町(現・佐渡市)の地主の家の四男に生まれる[1]旧制佐渡中学在学中は画家に憧れていた。卒業後、旧制新潟高校に入学して中退[1]

劇映画『ひろしま』(日教組プロ、1953年)でベルリン映画祭長編劇映画賞受賞[2]。記録映画『鉄路に生きる』(1951年)が1952年ヴェネツィア国際映画祭教育科学部門第2位[3]。また、児童向け劇映画『トランペット少年』(東映教育映画部、1955年)が第9回エディンバラ国際映画祭で受賞[4]

戦争孤児を描いた『第二の人生』、学徒兵を描いた反戦映画『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』、砂川立川基地拡張反対闘争を描いた『爆音と大地』など社会意識の強い作品が多い一方、刑事ドラマ、少年探偵団シリーズなどの映画もつくり、娯楽作品でも腕を振るった。記録映画の分野でも、透徹した演出を見せた。『鉄路に生きる』をつくった経験を買われて、国鉄職員の一家を描いた劇映画『大いなる旅路』でメガホンをとった。

PCLからの叩き上げの東宝の監督だったが、東宝争議の後に退社し、東横映画、後身の東映、独立プロ、松竹などで活躍した。

テレビでは1967年4月8日から9月29日まで放送された『白い巨塔』を演出。1967年4月6日から同年9月28日まで放送された連続テレビドラマ『あゝ同期の桜』の何本かを演出。

実兄は、国鉄の鉄道運転局長や北海道総局長を務めた関川行雄[5][6]で、新幹線の導入にも関わった人物[5][7]であった。この縁から、関川の元で助監督を務めていた佐藤純弥は『新幹線大爆破』の制作にあたり、関川行雄に話を聞きに行ったという[5]

映画人として[編集]

PCL・東宝時代[編集]

フリー時代[編集]

  • 1950年6月15日、『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』が公開される。続けて、『戦火を越えて』(大泉映画=第一協団)、『軍艦すでに煙なし』(新映画)が公開される。
  • 1951年1月、『映画新潮』1月号に前年に日本公開されたロベルト・ロッセリーニ監督の映画『無防備都市』の感想を書いたエッセイ「鉛色の苦痛--無防備都市の分析」を発表[9]。同年、高木彬光原作のミステリー『わが一高時代の犯罪』(東映)、檀一雄原作の時代劇『真説石川五右衛門』(東映)公開。記録映画『鉄路に生きる』監督。
  • 1952年、『終戦秘話 黎明八月十五日』(東映)公開。同年、記録映画『鉄路に生きる』がヴェネツィア国際映画祭教育科学部門第2位。
  • 1953年、『混血児』(蟻プロ)、『ひろしま』(日教組プロ)公開。
  • 1954年、『狂宴』(製作=近代映画協会、配給=北星映画)公開。記録映画『つばめを動かす人たち』監督。
  • 1955年、『トランペット少年』(東映教育映画部)公開。第9回エディンバラ国際映画祭で受賞。教育映画『希望を我等に』監督。同年、『ひろしま』(日教組プロ)でベルリン国際映画祭長編劇映画賞を受賞。

東映を足場に[編集]

  • 1956年、教育映画『川は見ている』、『野口英世の少年時代』(東映教育映画部)、『警視庁物語 追跡七十三時間』(東映)監督。『キネマ旬報』通号152号にエッセイ「児童劇映画の経験と感想」を発表[10]
  • 1957年、『警視庁物語 白昼魔』、『少年探偵団 かぶと虫の妖奇』、『少年探偵団 鉄塔の怪人』、『爆音と大地』(以上、東映東京)を監督、記録映画『あたらしい北京』(日中文化交流協会)の構成を担当。
  • 1958年、『乱撃の七番街』、『季節風の彼方に』(以上、東映東京)、『福沢諭吉の少年時代』(東映教育映画部)監督。
  • 1959年、『獣の通る道』、『国際スリラー映画 漂流死体』、『静かなる兇弾』(以上、東映東京)監督。
  • 1960年、『大いなる旅路』、『少年漂流記』、『続少年漂流記』、『大いなる驀進』(以上、東映東京)監督。記録映画『鉄道開通88周年記念映画 日本の動脈』(東映教育映画部)監修。
  • 1961年、『わが生涯は火の如く』(ニュー東映東京)、『モーガン警部と謎の男』(東映東京)監督。
  • 1962年、『あの空の果てに星はまたゝく』(東映東京)監督。
  • 1963年、『東京アンタッチャブル 脱走』、『鬼検事』(東映東京)監督。
  • 1965年、 『ひも』、『流れ者仁義』(以上、東映東京)監督。
  • 1966年、記録映画『国鉄 21世紀をめざして』(学研映画)、『一万三千人の容疑者』(東映東京)、『藤猛物語 ヤマト魂』(創映プロ)監督。
  • 1968年、『いれずみ無残』、『新・いれずみ無残』(松竹大船)監督。
  • 1969年、劇映画『超高層のあけぼの』(日本技術映画)監督。
  • 1972年、教育映画『女の子の躾け方』(学研映画)監督。

出典[編集]