たんぽぽ (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たんぽぽ
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 早川恒夫
結城章介
脚本 橋田壽賀子
プロデューサー 早川恒夫
出演者 宇津井健
音無美紀子
長山藍子
林隆三
杉村春子 ほか
第1シリーズ
放送時間 月曜21:00 - 21:55(55分)
放送期間 1973年12月3日 - 1974年5月6日(22回)
第2シリーズ
放送時間 月曜21:00 - 21:55→21:00 - 21:54(55分→54分)
放送期間 1975年4月21日 - 11月3日(29回)
オープニング 田中健「弟妹よ」
第3シリーズ
放送時間 月曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1976年5月10日 - 10月11日(23回)
オープニング ハイ・ファイ・セット「幸せになるため」
第4シリーズ
放送時間 月曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1977年5月9日 - 10月31日(26回)
第5シリーズ
放送時間 月曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1978年5月8日 - 10月30日(26回)
オープニング 吉田拓郎「隠恋慕」
テンプレートを表示

たんぽぽ』は1973年から1978年まで日本テレビ系列月曜スター劇場の枠で放映された宇津井健主演のテレビドラマである。

概要[編集]

東京木場にある下町の小さな木工所を舞台に、早く両親を失った昔かたぎの家具職人・高根元とその弟妹たちのひたむきな生活を描く。

全5シリーズが放送された。高根元役の宇津井健、高根幸役の音無美紀子、清吉役の佐藤英夫、あき役の杉村春子ら同じ役でシリーズ通して出演した俳優もいたが、シリーズごとに役を変えて出演した俳優の方が多かった。また高根家のきょうだいもシリーズごとに変わっていっているのも特徴だった。

スタッフ[編集]

シリーズ概要[編集]

第1シリーズ[編集]

第2シリーズ[編集]

前シリーズでは元の弟だった知だが、今シリーズでは血のつながらない育ての弟という役柄となっている。

第3シリーズ[編集]

第4シリーズ[編集]

今シリーズでは、元のきょうだいたちは独立し、一人になった元はふとしたことから戸村家の子供たちを育てることになるというストーリーとなっている。1977年8月1日8月8日放送の回では韓国ソウルでロケを行い、韓国俳優の史美子丁允姫もゲスト出演した。

第5シリーズ[編集]

今シリーズでは、元の前に突然異父姉妹(市子、桃子)が現れるという展開から物語が始まっている。

  • 放送期間:1978年5月8日 - 10月30日
  • キャスト:
  • 高根元:宇津井健
  • 高根信:小野寺昭 - 新聞記者。
  • 幸:音無美紀子
    今シリーズでは、名古屋に嫁いでいる。
  • 高根直:大和田獏 - 学校の教師。
  • 市子:長山藍子
    第1シリーズと同じ役名だが、役柄は別。
  • 桃子:千野弘美
  • 伸子:木原光知子
  • 野中千代:松原智恵子
  • 野中孝(千代の息子):坂上忍
  • 太郎(直の教え子):高橋仁
  • 愛(幸の娘):西尾麻里
  • 相原:高津住男
    幸が通う速記学校の教師。
  • 香子:鈴鹿景子
    信がスクープした強姦犯の娘。しかしこのスクープが元で第12話で自殺を図り、信は責任を感じて香子を見舞うようになる。
  • 野中浩吉(千代の夫):長門裕之
  • ひさ(幸の義母):宝生あやこ
  • 川田聡:千葉裕
    松造とミネの息子。
  • 川田松造:太宰久雄
    川田工務店社長。
  • 川田ミネ:三崎千恵子
  • 高根糸子(元の母):山田五十鈴
  • あき:杉村春子
    ほか
  • 主題歌:「隠恋慕」(作詞:松本隆、作曲・歌:吉田拓郎

サブタイトル[編集]

※第1シリーズのみサブタイトルが付いていた。

  1. わかってくれない! (1973年12月3日)
  2. なんとかなるさ (1973年12月10日)
  3. つらい日曜日 (1973年12月17日)
  4. 恋人なんて関係ない! (1973年12月24日)
  5. もう知らないから (1973年12月31日)
  6. 今年こそ! (1974年1月7日)
  7. 愛はゆれる (1974年1月14日)
  8. ひとの気も知らないで (1974年1月21日)
  9. 母さんはどんなひと (1974年1月28日)
  10. 鬼はそと (1974年2月4日)
  11. 春はまだ遠い (1974年2月11日)
  12. 誰にも言えない (1974年2月18日)
13. 思い出のために (1974年2月25日)
14. おかしなおばさん (1974年3月4日)
15. 縁は異なもの (1974年3月11日)
16. 愛のゆくえ (1974年3月18日)
17. みんなひとり (1974年3月25日)
18. 白鳥のうた (1974年4月1日)
19. わかれても (1974年4月8日)
20. あの道この道 (1974年4月15日)
21. いつかこんな日が… (1974年4月22日)
22. 人生の並木道 (1974年4月29日)
23. たんぽぽは飛んだ (1974年5月6日)


関連項目[編集]

NTV 月曜21時台
前番組 番組名 次番組
つくし誰の子(第3シリーズ)
たんぽぽ
(第1シリーズ)
NTV系 月曜21時台
つくし誰の子(第4シリーズ)
たんぽぽ
(第2シリーズ)
NTV系 月曜21:54 - 21:55枠
(1975.04.21 - 09.29)
つくし誰の子(第4シリーズ)
※21:00 - 21:55
たんぽぽ
(第2シリーズ)
【1分縮小して継続】
NNNニューススポット
【1分拡大して継続】
※21:54 - 22:00
(系列局により別番組)
NTV系 月曜21時台
ひまわりの詩
たんぽぽ
(第3シリーズ)
NTV系 月曜21時台
ひまわりの道
たんぽぽ
(第4シリーズ)
NTV系 月曜21時台
ひまわりの家
たんぽぽ
(第5シリーズ)