大江戸五人男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大江戸五人男
監督 伊藤大輔
脚本 八尋不二
柳川真一
依田義賢
製作 月森仙之助
製作総指揮 大谷隆三
出演者 阪東妻三郎
市川右太衛門
音楽 深井史郎
撮影 石本秀雄
編集 宮田味津三
製作会社 松竹京都撮影所
配給 松竹
公開 日本の旗 1951年11月22日
上映時間 132分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億2569万円[1]
テンプレートを表示

大江戸五人男』(おおえどごにんおとこ)は、1951年(昭和26年)11月22日公開の日本映画である。松竹製作・配給。監督は伊藤大輔モノクロスタンダード、132分。

松竹映画30周年記念映画[2]として、破格の製作費とオールキャストで製作された大作映画である。脚本家の八尋不二柳川真一依田義賢の3人によって結成された「火口会」が構成し[3]、脚本を執筆した。ストーリーは幡随院長兵衛水野十郎左衛門の対立が中心で、そこに岡本綺堂作『番町皿屋敷』のエピソードを盛り込んでいる[4]。配収は1億2569万円で、1951年度の邦画配収ランキング第2位となった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

劇中劇「播州皿屋敷

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.88
  2. ^ 本編より
  3. ^ 優秀映画鑑賞推進事業「大江戸五人男」 - 東京国立近代美術館フィルムセンター、2015年3月2日閲覧
  4. ^ 大江戸五人男、@ぴあ映画生活、2015年3月2日閲覧

外部リンク[編集]