国立映画アーカイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 国立映画アーカイブ
National Film Archive of Japan
MOMAT FilmCenter.jpg
国立映画アーカイブ本館
国立映画アーカイブの位置(東京都区部内)
国立映画アーカイブ
東京都区部内の位置
施設情報
前身 東京国立近代美術館フィルムセンター
専門分野 映画
管理運営 独立行政法人 国立美術館
所在地 104-0031
東京都中央区京橋3-7-6
位置 北緯35度40分31.9秒 東経139度46分14.2秒 / 北緯35.675528度 東経139.770611度 / 35.675528; 139.770611座標: 北緯35度40分31.9秒 東経139度46分14.2秒 / 北緯35.675528度 東経139.770611度 / 35.675528; 139.770611
外部リンク www.nfaj.go.jp
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

国立映画アーカイブ英語: National Film Archive of Japan, NFAJ)は、独立行政法人国立美術館が運営する、日本で唯一の国立映画機関である。

概要[編集]

京橋本館、および相模原分館から構成される。

  • 京橋本館:東京都中央区京橋 3-7-6
  • 相模原分館:神奈川県相模原市中央区高根3-1-4

東京国立近代美術館フィルムセンターから2018年4月に独立し、日本で6館目の国立美術館、国立映画アーカイブとして開館した。「映画を残す、映画を活かす。」をミッションに、映画フィルムや映画関連資料を可能な限り収集し、その保存・研究・公開を通して映画文化の振興をはかることを目的としている[1]

沿革[2][編集]

  • 1952年昭和27年)- 文部省設置法(法律第168号)により国立近代美術館(昭和42年以降は東京国立近代美術館)が設置され、事業課普及広報係の事業の一つとして、国立機関としては初めて映画事業(フィルム・ライブラリー)が開始される。建物は東京・京橋の旧日活本社ビルを改装工事して利用。
  • 1970年(昭和45年)- 東京国立近代美術館フィルムセンター開館。
  • 1984年(昭和59年)9月3日 - フィルムセンター5階より出火し、建物の一部と外国映画フィルムの一部320作品を焼失。
  • 1986年(昭和61年)- フィルムセンター相模原分館(現「映画保存棟Ⅰ」)が竣工。
  • 1989年平成1年)- 国際フィルムアーカイブ連盟(FIAF)にオブザーバーとして加盟。
  • 1993年(平成5年)- 国際フィルムアーカイブ連盟(FIAF)に正会員として加盟。
  • 1995年(平成7年)- フィルムセンターを新たに開館(現 国立映画アーカイブ本館)。
  • 2011年(平成23年)- 相模原分館に増築棟(現「映画保存棟Ⅱ」)を竣工。
  • 2014年(平成26年)- 相模原分館に重要文化財映画フィルム等を専用に保管する「映画保存棟Ⅲ」を竣工。
  • 2018年(平成30年)- 独立行政法人国立美術館の6番目の館「国立映画アーカイブ」として設立[3]

京橋本館[編集]

2つの上映ホールと展示室、図書室を備えた公開施設である。

2F 長瀬記念ホール OZU/B1F 小ホール[編集]

監督、俳優、製作国、ジャンル、時代など、多様なテーマにあわせた特集上映を行っている。

ホール概要[4]

2F 長瀬記念ホール OZU

  • 座席数-310
  • 床面積-306㎡
  • スクリーン(布地)-4.60m×9.70m
  • スタンダード(1:1.37)-4.00m×5.50m
  • ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)-4.00m×6.64m
  • アメリカン・ビスタ(1:1.85)-4.00m×7.40m
  • シネマスコープ(1:2.35)-4.00m×9.40m
  • 映写機-Kinoton FP75ES(70mm/35mm兼用2台)、Kinoton FP38E(16mm専用にカスタマイズしたもの2台)、NEC製NC3240S 4Kプロジェクター
  • 映写距離-23.00m

B1F 小ホール

  • 座席数-151
  • 床面積-190㎡
  • スクリーン(布地)-3.30m×8.70m
  • スタンダード(1:1.37)-3.00m×4.11m
  • ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)-3.00m×4.98m
  • アメリカン・ビスタ(1:1.85)-3.00m×5.55m
  • シネマスコープ(1:2.35)-3.00m×7.05m
  • 映写機-Kinoton FP38E(35mm/16mm兼用2台)、NEC製NC3200S 2Kプロジェクター
  • 映写距離-16.60m

7F 展示室[編集]

常設展「NFAJコレクションでみる 日本映画の歴史」のほか、さまざまな切り口から映画文化を発信する企画展を併設。

4F 図書室[編集]

映画図書を専門としており、和・洋書の単行本、国内外の映画祭図録や映画雑誌を閲覧室で読むことができる。

相模原分館[編集]

保存庫を主とした3棟の映画保存棟からなり、映画フィルム及び映画関連資料を保護している。フィルムは、1缶ずつフィルム缶を格納できる可動棚で24時間空調システムによる管理のもと安全に保管されている。

刊行物[編集]

館が行う事業や企画の解説などを掲載する機関誌「NFAJニューズレター」(季刊)を発行している。(1995年から2018年3月までは、「NFCニューズレター」として刊行)

所蔵品[編集]

文化財[編集]

重要文化財[5]

  • 紅葉狩』(35㎜可燃性デュープネガ・フィルム、342フィート13コマ)
  • 『史劇 楠公訣別』(35mm可燃性オリジナル・ネガフィルム、1,053フィート)
  • 小林富次郎葬儀』(35mm可燃性オリジナル・ネガ1巻[436フィート13コマ]、35mm可燃性上映用ポジ1巻[444フィート13コマ])

※以上の重要文化財のフィルムは相模原分館が保管している[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NFAJニューズレター 第1号:2018年4-6月号. 国立映画アーカイブ. (2018). p. 2. 
  2. ^ 国立映画アーカイブの歴史 | 国立映画アーカイブ” (日本語). www.nfaj.go.jp. 2018年11月17日閲覧。
  3. ^ “2018年4月に「国立映画アーカイブ」を設置” (プレスリリース), 東京国立近代美術館フィルムセンター, (2018年2月6日), https://www.nfaj.go.jp/ge/wp-content/uploads/sites/2/2015/01/NFAJrelease02.pdf 2019年4月23日閲覧。 
  4. ^ 施設紹介 | 国立映画アーカイブ” (日本語). www.nfaj.go.jp. 2018年11月17日閲覧。
  5. ^ 映画フィルムの重要文化財指定 | 国立映画アーカイブ” (日本語). www.nfaj.go.jp. 2018年11月17日閲覧。
  6. ^ 映画フィルム「紅葉狩」(文化遺産オンライン)

外部リンク[編集]