下郎 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下郎
監督 伊藤大輔
脚本 伊藤大輔
原作 中村藤吉
出演者 河部五郎
久米譲
撮影 唐沢弘光
製作会社 日活大将軍撮影所
配給 日活
公開 日本の旗 1927年10月14日
上映時間 77分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

下郎』(げろう)は、1927年(昭和2年)製作・公開、伊藤大輔監督による日本の長篇劇映画である。サイレント映画剣戟映画であり、時代劇傾向映画とされる。第二次世界大戦後の1955年(昭和30年)、『下郎の首』(げろうのくび)のタイトルで伊藤がセルフリメイクしている。セルフリメイク版についても本稿で詳述する。

略歴・概要[編集]

『三遊れん新作落ばなし』(1891年)の編者・中村藤吉[1]の原作を伊藤大輔が脚色、演出したのが本作である。1955年(昭和30年)のセルフリメイクでは、役名も脚本も一新している。

サイレントのオリジナル版の上映用プリントは、東京国立近代美術館フィルムセンターに所蔵されておらず[2]マツダ映画社も所蔵していない[3]。リメイク版に関しては、東京国立近代美術館フィルムセンターに所有されている[2]

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1955年版[編集]

下郎の首
監督 伊藤大輔
脚本 伊藤大輔
製作総指揮 津田勝二
出演者 田崎潤
高田稔
音楽 深井史郎
撮影 平野好美
編集 宮田味津三
製作会社 新東宝
配給 新東宝
公開 日本の旗 1955年7月26日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

下郎の首』(げろうのくび)は、1955年(昭和30年)製作・公開、伊藤大輔監督による日本の長篇劇映画である。1927年(昭和2年)製作・公開のサイレント映画下郎』のセルフリメイクである。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

[編集]

  1. ^ 三遊れん新作落ばなし国立国会図書館、2010年1月14日閲覧。
  2. ^ a b 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年1月14日閲覧。
  3. ^ 主な所蔵リスト 劇映画=邦画篇マツダ映画社、2010年1月14日閲覧。
  4. ^ Film Calculator Archived 2008年12月4日, at the Wayback Machine.換算結果、コダック、2010年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]

オリジナル
リメイク