観音劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
観音劇場
Kwannon Gekijo
種類 事業場
市場情報 消滅
本社所在地 日本の旗 日本
111-0032
東京市浅草区公園六区一号地
(現在の東京都台東区浅草二丁目11番1号)
設立 1917年
業種 サービス業
事業内容 オペラ演芸等の興行
代表者 曽我廼家五九郎
主要株主 根岸興行部
関係する人物 原信子
田谷力三
榎本健一
二村定一
武智豊子
特記事項:略歴
1917年 開業
1917年 原信子歌劇団旗揚げ
1930年 新カジノ・フォーリー旗揚げ
1930年 閉館
テンプレートを表示

観音劇場(かんのんげきじょう、1917年 開業 - 1930年 閉鎖)は、かつて存在した日本の劇場映画館である。

略歴・概要[編集]

1917年(大正6年)、東京市浅草区公園六区一号地、大勝館の裏手(現在の東京都台東区浅草2丁目11番1号)で開業した。映画館「キリン館」の跡地である。浅草国際前といいながら、実際には少し離れて国際通りを挟んだ斜向にあった。 

同劇場は、曽我廼家五九郎根岸興行部から経営を任されており、同年1月22日、劇団「歌舞劇協会」浅草六区の「常磐座」でオペラ『女軍出征』を上演、大ヒットすると、同劇場でも、同年3月、原信子が結成した劇団「原信子歌劇団」を結成、アイヒベルク作のオペレッタ『アルカンタラの医者』、6月にはリヒャルト・シュトラウス作の『サロメ』を公演した。田谷力三堀田金星は同劇団に参加した。

1927年(昭和2年)からは日活作品を上映し始めている。1928年(昭和3年)3月14日には、マキノ省三(牧野省三)監督のサイレント映画忠魂義烈 実録忠臣蔵』をマキノ正博監督の『間者』と併映で、フラッグシップ館として本劇場で公開している[1]。1929年(昭和4年)からは松竹キネマ(現在の松竹)の配給作品を上映している。

1930年(昭和5年)8月、榎本健一(エノケン)が二村定一武智豊子とともに「第2次カジノ・フォーリー」を脱退、「新カジノ・フォーリー」を同劇場で旗揚げした[2]。同年10月の新カジノ解散とともに閉館した。

跡地は戦前のうちに飲食店になったが、第二次世界大戦末期の1944年(昭和19年)2月に強制疎開で取り壊される。戦後、1947年(昭和22年)に始まるストリップ劇場開業ラッシュのころに、「百万弗劇場」(1948年6月 - 1952年10月)となった。現在はいくつかのビルに分割されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 忠魂義烈 実録忠臣蔵日本映画データベース、2009年10月30日閲覧。
  2. ^ 国立音楽大学音楽学部音楽学学科作成の資料「エノケンさんに 会いにゆこう! (PDF) 」(2004年11月)の記述を参照。

関連事項[編集]