武智豊子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけち とよこ
武智 豊子
本名 細江 ふじ
(旧姓阿久津)
別名義 武知 杜代子
女エノケン
生年月日 (1908-08-25) 1908年8月25日
没年月日 (1985-07-18) 1985年7月18日(76歳没)
出生地 日本の旗 日本東京市下谷区 (現在の東京都台東区)
死没地 日本の旗 日本北海道釧路市
職業 喜劇人映画女優
活動期間 1925年 - 1985年
配偶者 細江徳二

武智 豊子たけち とよこ1908年8月25日 - 1985年7月18日)は、日本喜劇人映画女優である。晩年は「武知 杜代子」と改名している。本名は細江 ふじ、旧姓阿久津

一座を構えた浅草では小柄さとしゃがれ声から「女エノケン」と呼ばれ、映画では戦前の30代からのばあさん役で知られる。

来歴・人物[編集]

戦前・浅草の女エノケン[編集]

1908年(明治41年)8月25日東京市下谷区(現在の東京都台東区)に生まれる。

1923年(大正12年)9月1日関東大震災後、通っていた下谷の高等女学校[1]を15歳で中退し、「曾我廼家五九郎一座」に参加、1925年(大正14年)に17歳で初舞台を踏む。その後、1929年に旗揚げした榎本健一(エノケン)の「カジノ・フォーリー」(浅草水族館2階)に参加、1931年旗揚げのエノケン・二村定一二人座長の「ピエル・ブリアント」に参加、角筈ムーランルージュ新宿座を経て、ふたたび「エノケン一座」に合流した。身長145センチの小柄さとしゃがれ声から「女エノケン」と呼ばれ、その当時はすさまじい人気で、東京六大学に「武智豊子親衛隊」ができたほどであった。

1931年(昭和6年)にレコードディレクター細江徳二と結婚し、二女をもうける。1934年(昭和9年)、榎本健一主演の『エノケンの青春酔虎伝』で映画デビューする。また、1938年(昭和13年)6月、29歳のとき、前年オープンしたばかりの本所区錦糸町江東劇場江東楽天地、現在は墨田区江東橋4-27-14のリヴィン)で「武智豊子一座」を旗揚げした。翌1939年1月、エノケンとのデュエット盤『流行歌数へ唄』を発表。同年3月一座を解散。

戦後・映画のなかの強烈老婆[編集]

1945年(昭和20年)、36歳で終戦を迎える。

戦後も映画、テレビで印象の強い名バイプレーヤーとして活躍した。若いときから老け役を得意とし、1950年代 - 1960年代には、日活撮影所松竹大船撮影所を中心にフル稼働した。そのさなかの1962年(昭和37年)、夫・細江と死別する。

1970年には、左卜全の『老人と子どものポルカ』のヒットを受け、上田吉二郎とのデュエット盤『上吉・豊子の…ハレンチ・アモーレ』をレコーディング、発表した。翌年上田は声帯を切除するので記録としても重要な音源である。

1977年、翌78年に70歳を迎えるにあたり、姓名判断によって武知 杜代子(読み同じ)と改名。ちょうどTVアニメ『無敵超人ザンボット3』に、女優としてよく演じていた役柄とは異なる、乙女心も忘れない“可愛いおばあちゃん”の声でレギュラー出演していた時期で、同番組のキャストクレジットにおいては、第4話までが旧芸名、第5話からは新しい芸名となっていた。

1985年(昭和60年)7月14日、仕事先の釧路空港で心臓発作に倒れ、7月18日、心不全のため釧路市内の入院先、谷藤病院で死去。76歳没。浅草寺境内の「喜劇人の碑」に「武智豊子」の名を残す。また、武智のレコード音源は2曲ともCD化されている。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

1950年代
  • エンタツちょび髭漫遊記 1952年 主演横山エンタツ ※宝プロダクション
  • 恋人のいる街 1953年
  • お母さんの結婚 1953年
  • 浮気天国 1953年
  • 花嫁の性典 1953年
  • 忍術罷り通る 1953年
  • 神州天馬侠 1954年
  • 重盛君上京す 1954年
  • 巌ちゃん先生行状記 処女合戦 1954年
  • 落語長屋は花ざかり 1954年
  • 若人のうたごえ 1955年 
  • ここに泉あり 1955年 ※中央映画
  • 踊り子行状記 1955年
  • 胸より胸に 1955年
  • 善太と三平 1955年 監督宮津博 ※教育映画
  • 君ひとすじに 1956年
  • 東京のテキサス人 1957年
  • 倖せは俺等のねがい 1957年 ※日活
  • 喜劇 駅前旅館 1958年 ※東京映画
  • 盗まれた欲情 1958年
  • デン助の小学一年生 1958年 主演大宮デン助
  • 真昼の惨劇 1958年
  • 無鉄砲一代 1958年
  • おヤエの家つき女中 1959年 主演若水ヤエ子 ※日活
  • おヤエのママさん女中 1959年 主演若水ヤエ子 ※日活
  • 旗本退屈男 謎の南蛮太鼓 1959年
  • おヤエの身替り女中 1959年 主演若水ヤエ子 ※日活
  • 双頭の殺人鬼 1959年 主演ピーター・ダインリー 中村哲 ※アメリカ映画(原題:The Manster)
1960年代
  • 人も歩けば 1960年 ※東京映画
  • 幽霊繁盛記 1960年 ※東京映画
  • お笑い三人組 怪しい奴にご用心 1961年
  • 大当り百発百中 1961年
  • お笑い三人組 泣き虫弱虫かんの虫の巻 1961年
  • 豚と軍艦 1961年
  • この青年にご用心 1961年
  • 東京のお転婆娘 1961年
  • 飛び出した女大名 1961年 ※大映京都撮影所
  • 大人と子供のあいの子だい 1961年 ※日活
  • 明日が私に微笑みかける 1961年
  • 東京ドドンパ娘 1961年
  • カメラ・トップ屋 お嬢さんが狙ってる お色気無手勝流 1961年
  • 太陽は狂ってる 1961年 ※日活
  • 権九郎旅日記 1961年 ※東映京都撮影所
  • 一本杉はなにを見た 1961年 ※日活
  • ドドンパ酔虎伝 1961年
  • 青年の椅子 1962年 ※日活
  • 週末屋繁晶記 1962年 ※日活
  • 新悪名 1962年 ※大映京都撮影所
  • 赤い蕾と白い花 1962年 ※日活
  • 車掌物語 旅は道づれ 1962年
  • 当りや大将 1962年 ※日活
  • 若い人 1962年 ※日活
  • 危いことなら銭になる 1962年 ※日活
  • 惚れたって駄目よ 1962年 ※日活
  • 硝子のジョニー 野獣のように見えて 1962年
  • 星屑の町 1963年
  • 川っ風野郎たち 1963年
  • 泥だらけの純情 1963年 ※日活
  • 新・座頭市物語 1963年 主演勝新太郎 ※大映京都撮影所
  • 下町の太陽 1963年 ※松竹大船撮影所
  • 社長外遊記 1963年 ※東宝
  • サムライの子 1963年
  • 素晴らしい悪女 1963年
  • 若い東京の屋根の下 1963年 ※日活
  • 銀座の次郎長 天下の一大事 1963年 ※日活
  • 女弥次喜多 タッチ旅行 1963年
  • 競輪上人行状記 1963年
  • 見上げてごらん夜の星を 1963年
  • ばりかん親分 1963年
  • アリバイ 1963年
  • 歌え若人達 1963年
  • 河内ぞろ 喧嘩軍鶏 1964年
  • ケチまるだし 1964年
  • いいかげん馬鹿 1964年 ※松竹大船撮影所
  • 何処へ 1964年 ※日活
  • 自動車泥棒 1964年 ※東宝
  • 馬鹿が戦車でやって来る 1964年 ※松竹大船撮影所
  • これからのセックス 三つの性 1964年
  • 大日本チャンバラ伝 1965年 ※日活
  • 狸穴町0番地 1965年 ※大映東京撮影所
  • 青春のお通り 1965年 ※日活
  • 素敵な今晩わ 1965年 ※松竹大船撮影所
  • 明日は咲こう花咲こう 1965年 ※日活
  • 結婚相談 1965年 ※日活
  • マカオの竜 1965年 ※日活
  • 赤い谷間の決斗 1965年 ※日活
  • 運が良けりゃ 1966年 ※松竹大船撮影所
  •  1966年 ※大映東京撮影所
  • 帰らざる波止場 1966年 ※日活
  • 不敵なあいつ 1966年 ※日活
  • 浪曲子守唄 (1966年、東映) - とり ※主演・千葉真一
  • なつかしい風来坊 1966年 ※松竹大船撮影所
  • 牙狼之介 1966年
  • おゆきさん 1966年
  • 拳銃は俺のパスポート 1967年 ※日活
  • 喜劇 ニューヨーク帰りの田舎ッペ 1967年
  • 恋人をさがそう 1967年
  • 爆笑野郎 大事件 1967年
  • 濡れた逢びき 1967年 ※松竹大船撮影所
  • レッツゴー! 高校レモン娘 1967年
  • ザ・スパイダースのゴー・ゴー・向こう見ず作戦 1967年 主演ザ・スパイダース
  • ザ・タイガース 世界はボクらを待っている 1968年 主演ザ・タイガース
  • 惚れた強み 1968年
  • こわしや甚六 1968年
  • 河童の三平 妖怪大作戦 1968年
  • 金瓶梅 1968年
  • 喜劇 “夫”売ります!! 1968年
  • ぼん太の結婚屋 いろいろあらァな田舎ッペ 1968年 主演東京ぼん太
  • 極悪坊主 念仏人斬り旅 1969年
  • 温泉ポン引女中 1969年
  • 猛烈社員 スリゴマ忍法 1969年
  • 新網走番外地 流人岬の血斗 1969年
  • 喜劇 一発大必勝 1969年 ※松竹大船撮影所
  • 不良番長 どぶ鼠作戦 1969年
1970年代
  • ハレンチ学園 1970年 ※日東プロ・ピロ企画提携、配給日活
  • ハレンチ学園 身体検査の巻 1970年 ※日活
  • ハレンチ学園 タックルキスの巻 1970年 ※日活
  • (秘)女子大寮 1970年
  • シルクハットの大親分 1970年
  • 喧嘩屋一代 どでかい奴 1970年 ※大映京都撮影所
  • 捨て身のならず者 1970年
  • 温泉こんにゃく芸者 1970年
  • 三度笠だよ人生は 1970年
  • 谷岡ヤスジのメッタメタガキ道講座 1971年 ※日活
  • 男一匹ガキ大将 1971年 ※勝プロダクション
  • 初笑い びっくり武士道 1971年
  • コント55号とミーコの絶体絶命 1971年 主演コント55号 ※松竹大船撮影所
  • セックス喜劇 鼻血ブー 1971年
  • 十七才の成人式 1971年
  • 喜劇 社長さん 1972年
  • 虹をわたって 1972年 ※松竹大船撮影所
  • やくざと抗争 1972年
  • まむしの兄弟 懲役十三回 1972年
  • 温泉おさな芸者 1973年
  • チョットだけョ 全員集合!! 1973年
  • まむしの兄弟 恐喝三億円 1973年
  • 大事件だよ 全員集合!! 1973年
  • 東京ド真ン中 1974年
  • 超能力だよ全員集合!! 1974年
  • 従軍慰安婦 1974年
  • 実録エロ事師たち 巡業花電車 1974年 ※日活
  • 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ 1974年 ※松竹大船撮影所
  • 喜劇 女子学生 華やかな挑戦 1975年
  • にっぽん美女物語 女の中の女 1975年 ※松竹・田辺エージェンシー提携
  • 忍術猿飛佐肋 1976年
  • 必殺女拳士 1976年
  • キンキンのルンペン大将 1976年 主演愛川欽也 ※東映東京撮影所
  • むれむれ女子大生 1977年 ※日活
  • 美女放浪記 1977年
武知杜代子 名義

テレビ[編集]

ディスコグラフィ[編集]

作詞和田五雄、作編曲栗原重一、B面は榎本健一『エノケンの八木節』(作詞池田弘[要曖昧さ回避]、編曲栗原重一)
CD『唄うエノケン大全集 - 蘇る戦前録音編』(ユニバーサルインターナショナル、2003年)に所収
作詞西川ひとみ、作曲伊藤雪彦、B面は『おじいちゃんのヘ長調作品5番』
CD『ノヴェルティ・ギャグリー - あちゃらかソング傑作選』(徳間ジャパンコミュニケーションズ、2003年)に所収

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ 当時の東京府立あるいは東京市立の女学校はいわゆるナンバースクールで、「下谷高等女学校」あるいは「下谷女学校」という旧制女学校が存在した形跡はない。

外部リンク[編集]