パパと呼ばないで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パパと呼ばないで
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜 20:00 - 20:55(55分)
放送期間 1972年10月4日 - 1973年9月19日(40回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ(放送局)
ユニオン映画(制作)
監督 千野皓司
脚本 松木ひろし
向田邦子
出演者 石立鉄男
杉田かおる
オープニング 貝がら「にじ」
テンプレートを表示

パパと呼ばないで』(パパとよばないで)は、1972年10月4日から1973年9月19日まで、日本テレビ系列で放送された全40話のホームドラマである。石立鉄男&ユニオン映画シリーズの第3作目に当たる。

放送データ[編集]

  • 放送期間:1972年10月4日 - 1973年9月19日
  • 放送時間:毎週水曜日 20:00 - 20:55
  • 放送回数:全40回
  • 放送形態:16ミリフイルム・カラー作品(撮影は35ミリフィルム、放送時16ミリフィルム)・本放送時のみ16ミリシネテープ音声つき(再放送時からは光学音声)

あらすじ[編集]

独身男の安武右京は亡くなった姉の子、橋本千春を引き取り、中央区の米屋・井上精米店の2階に下宿を始める。子供の扱いがわからず、とまどう安武だったが、次第に情が通い、千春はかけがえのない存在になっていく。

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

  • 安武右京:石立鉄男
    気楽な独身男性。だったが、姉の死去により姪・千春を引き取り、米屋の2階に下宿することになる。28歳、石油会社・八方石油のサラリーマン。幼くして両親を失い、姉・豊子に育てられた。千春をチー坊と呼ぶ。イカが好物。
  • 橋本千春:杉田かおる
    5歳で母を亡くし、親戚中に疎まれたが、叔父の右京に引き取られ、ある事件(第2話)をきっかけに右京をパパと呼ぶようになる。チーちゃんと呼ばれ、近所の人からかわいがられる。
  • 井上精太郎:大坂志郎
    佃島の米屋・井上精米店の主人。婿養子(旧姓、田中)。はっきりしない性格で、酒を飲まないと何も言えない。右京を下宿させている。親代わりとなり、千春をかわいがる。江戸っ子だがなぜか阪神タイガースのファン。将棋好き。
  • 井上時枝:三崎千恵子
    米屋のおかみさん。性格は精太郎とは正反対。親代わりとなり、千春をかわいがる。
  • 井上園子:松尾嘉代
    米屋の長女。気が強い。美容師で“オオカミカット”が得意。右京としょっちゅう喧嘩になる。
  • 井上和子:有吉ひとみ
    米屋の次女。おでん屋・若松で働く。ひっそりと右京に思いをよせている。
  • 井上昇:小林文彦
    米屋の長男。姉2人にいじめられ、よく頭を叩かれる。右京を兄と慕っている。
  • 金造:花沢徳衛
    魚屋・魚敏の親父で精太郎と幼馴染で将棋仲間。気のいい下町の親父である。鳥が苦手。
  • 治子:富士真奈美(現:冨士眞奈美)
    金造の娘。出戻り。右京を狙って、あの手この手で気を引かせようとする。

ゲスト[編集]

  • 内田:江守徹
    右京の同僚(既婚)。悪友ながら、右京の一番の理解者である。
  • 村松係長:近藤洋介
    右京の上司、エリートサラリーマン。独身。園子に求婚するが失恋する。
  • 山崎課長:福岡正剛
    右京の上司。やや口やかましい。
  • 中島ユキ:田島令子
    右京の会社のエレベータガール。右京が恋し、思い通じながらも千春が懐かず、諦める。
  • 大町宏子:望月真理子
    千春が大好きな幼稚園の担任先生。右京がユキと失恋の後、恋したが、既に婚約者がいた。
  • 早苗:早瀬久美
    右京と千春が引っ越した先のアパートの隣人。
  • 由美:井上れい子
    和子が働いているおでん屋・若松の若女将。和子とは高校時代の同級生でバレー部仲間。
  • 良一:森下哲夫
    若松の板前。由美と恋仲になる。
  • 鉄平:浅若芳太郎
    由美の叔父。良一の師匠。時々、若松を手伝っている。江戸っ子で精太郎、金造の友人。
  • 美容院のマダム:寺島信子
    園子が勤める美容院・チェリーのマダム。一度は辞めた園子の腕を買い、再度雇う。
  • 丸山:丸山修
    不動産屋の主人。息子の秀雄が千春と同じ幼稚園に通う。
  • 丸山光枝:塩沢とき
    不動産屋の妻。口やかましく、時枝が大の苦手としている。
  • 平野:桜井センリ
    治子の元亭主。ギャンブル好きだったため治子に愛想をつかされた。復縁を迫るが断られる。
  • 田中そね:浦辺粂子
    精太郎の母。猫嫌い。極端な掃除好き。宝くじで100万円を当てた。
  • 松木頼子:野村昭子
    銚子に住む右京の叔母。精太郎、金造の幼馴染み。右京の将来を考え、千春を引き取ろうとする。
  • 橋本豊子:長内美那子(第1話-) / 北林早苗(第26話以降)
    千春の母で右京の姉。未婚の母として千春を身ごもり、親戚中から縁を切られた挙句、幼い千春を残して急死した。
  • 橋本:松山英太郎
    千春の父親。千春が右京になついた頃に右京と面会し、「千春のことをよろしく頼む」と言い残し立ち去る。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

放映リスト[編集]

話数 放映日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト
1 1972年
10.4
きっと立派に育てて見せる 千野皓司 松木ひろし 野村昭子 大谷朗 丸岡将一郎 岡本富士太 瀬能礼子
2 10.11 あたしとどっちが好き?
3 10.18 やっぱり他人? 平山晃生 向田邦子
4 10.25 子連れデイト
5 11.1 突然の誕生日 千野皓司 窪田篤人
6 11.8 母親がやって来た!
7 11.15 性教育騒動! 平山晃生 向田邦子
8 11.22 カモメがとりもつ縁かいな?
9 11.29 ただ今2対2 千野皓司 山本邦彦葉村彰子
10 12.6 ママがほしい! 葉村彰子
11 12.13 ネコふんじゃった 平山晃生 向田邦子 福田豊土小沢弘子
12 12.20 チーちゃんの秘密 山本邦彦・葉村彰子 野村昭子
13 12.27 忘れていた婚約 窪田篤人 多々良純
14 1973年
1.10
パパ出世してね 山本邦彦・葉村彰子 大泉滉
15 1.17 とんだ人助け 千野皓司 向田邦子 真屋順子楠トシエ太田淑子
16 1.24 生みの親育ての親 平山晃生 山本邦彦・葉村彰子 松山英太郎
17 1.31 発車オーライ! 千野皓司 窪田篤人
18 2.7 聞いてくれるなおっかさん 平山晃生 山本邦彦・葉村彰子 津山登志子三遊亭笑遊
19 2.14 嫁にはやれません! 千野皓司 窪田篤人 早瀬久美
20 2.21 粉雪の舞うひな祭り 早瀬久美
21 2.28 おばあちゃんはネコ嫌い 平山晃生 山本邦彦・葉村彰子 浦辺粂子
22 3.7 ハッピー・バースデー 向田邦子 柴田侊彦
23 3.14 ブルー・カナリヤ 田中知己 ケーシー高峰
24 3.21 悩める乙女上京! 千野皓司 矢田陽子 ビーバー
25 3.28 訳ありそうな家庭教師 平山晃生 山本邦彦・葉村彰子 岸部シロー上岡紘子
26 4.4 ママが生きてた! 千野皓司 松木ひろし 北林早苗坊屋三郎
27 4.11 男は度胸? 平山晃生 森本レオ
28 4.18 園子の縁談 千野皓司 葉村彰子 浦辺粂子、早瀬久美、沢井孝子
29 5.2 赤ちゃん生んじゃう! 平山晃生 向田邦子 蔵悦子、山口譲
30 5.9 愛してるよ 千野皓司 窪田篤人 桜井センリ
31 5.30 ママなんかほしくない 渡辺篤
32 6.13 運命は皮肉 平山晃生 松木ひろし 林隆三植田峻
33 6.20 父親3人組 向田邦子 水沢有美
34 6.27 ラブレター事件 田辺靖雄水野哲斉藤こず恵
35 7.25 とんだ情操教育 田中知己 西岡慶子武智豊子
36 8.1 千春を引取ります 平山晃生 窪田篤人 松山英太郎、伊藤るり子
37 8.8 千春の陰謀 松山英太郎
38 8.22 長い間お世話になりました
39 9.5 新婚旅行やりなおし 向田邦子 津村秀祐高石侑民子
40 9.19 人生航路の出発点 千野皓司 窪田篤人

エピソード[編集]

  • 幼稚園児の千春を演じた杉田かおるは、当時小学2年生だった。
  • 猫(ニャロメ)を飼う千春を演じた杉田かおるは猫が苦手だったので、第21話で猫が逃げるエピソードができた。
  • 日本酒メーカーの月桂冠がスポンサーだったため、劇中ではバーでもビールやウイスキーではなく日本酒が出された。
  • 第9話で右京と内田が、第10話で清太郎たちが会食した“どぜう伊せ喜”は、江東区高橋に実在する1887年(明治20年)創業の老舗である。
  • 第10話の劇中で廃止された都電高橋線(23系統)は、実際に1972年(昭和47年)11月12日付で廃止された。
  • 第18話で昇が訪れる佃煮屋“天安”は、中央区佃に実在する1837年(天保8年)創業の老舗である。
  • 第22話で右京が歌った「オバQえかきうた」は「新オバケのQ太郎」(1971年)のエンディング・テーマである。第15話でゲスト出演した太田淑子は同アニメで正太を演じる声優であった。
  • 第24話の脚本の矢田陽子は「やだよう!」をもじった向田邦子のペンネームである。
  • 第28話で共演した有吉ひとみと早瀬久美は「おれは男だ!」(1971年)で共にレギュラー出演していた。
  • 第29話で園子が千春を連れて訪れる“飯野病院”は、東京・調布市に実在の病院をロケーションに使用した。平成9年に全面的に建て替えられたので当時の面影はない。
  • 第31話の“若松”で流れる音楽は、当時のヒット曲「赤とんぼの唄」(あのねのね)である。
  • テレビ朝日系列の刑事ドラマ相棒』で水谷豊演ずる主人公の杉下右京の「右京」は安武右京からとっている。

反響[編集]

平均視聴率は11パーセント前後であったが、石立演じる安武右京が、杉田演じる橋本千春に呼びかける“オイ、チー坊”と言う特徴的なセリフが物真似番組の格好のネタにされて有名になり、再放送が繰り返されることによって人気を獲得した。

日本テレビ 水曜20時台
(1972年10月4日 - 1973年9月19日)
前番組 番組名 次番組
パパと呼ばないで