二人の世界 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二人の世界』(ふたりのせかい)は、1970年12月1日から1971年5月25日までTBS系列、「木下恵介アワー」枠で放送されたテレビドラマ。脱サラして喫茶店(スナック)を開く夫婦の愛を描いた作品。あおい輝彦の歌う主題歌「二人の世界」もヒットした。

石原裕次郎主演の同名の映画「二人の世界」(1966年)、ヒット曲「二人の世界」(1965年)とは無関係である。

概要[編集]

1967年から1974年にのべ15弾が放送された木下恵介アワーの第8弾で、1968年に放送された第4弾作品で大人気となった竹脇無我・栗原小巻コンビの『3人家族』が、すれ違う恋人同士を描いたのに対し、その二人が結婚し、夫婦となったらというコンセプトでゴールデンコンビの再登場となった。

あらすじ[編集]

宮島次郎と榊原麗子は、海外有名アーティスト(アルマンド・ロメオ)のコンサート会場で入場を断られた同士として偶然知り合う。楽屋口から忍び込もうとして見つかって追いかけられるなどしてそのまま深夜までデート。お互い惹かれあった二人は、毎日のように会ってわずか5日目に結婚を約束するまでになる。知り合って短すぎる、若すぎると言う反対にも抗して二人は3カ月で結婚へとこぎつけるのだった。

安定したサラリーマン家庭で幸せな生活をおくる麗子だったが、次郎はサラリーマン生活に前途を見いだせなくなっていた。新婚早々、夫婦の危機を迎えた二人だが、お互いに協力し合って生きていこうと脱サラしてスナックを営むことにする。しかし、その経営にも大きな荒波が押し寄せてくるのだった。

放送データ[編集]

  • 放送期間:1970年12月1日~1971年5月25日
  • 放送時間:毎週火曜 21:00-21:30
  • 放送回数:26回
  • 製作形態:カラーフィルム作品

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

外部リンク[編集]

TBS 木下恵介アワー
前番組 番組名 次番組
二人の世界