夏・体験物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

夏・体験物語』(なつ・たいけんものがたり) は、1985年及び1986年に、TBS系で放送されたテレビドラマである。

”・“思春期”をテーマとした『毎度おさわがせします』と同路線を狙っての製作であったが、トップアイドルに名を連ねた中山美穂が主人公ということもあり、過激な性描写は控え、ソフトタッチになっている。

第2話以降、視聴率は下降の一途を辿ったため当初の予定を大幅に切り上げ、第6話で終了。事実上打ち切りであった。しかし、翌1986年に出演者の殆どを新人アイドルに入れ替え、パート2(第2シリーズ)が製作された。

概要[編集]

全寮制の女子高生4人組が、夏休みに出かけた旅先で繰り広げる、恋のさや当てと初体験願望を描いた作品。

放送開始前には、本作のタイトルを「初体験物語」としていた媒体もあった(※ 例:第1作の主役を務めた中山美穂が唄う主題歌・『「C」』キングレコードによる雑誌広告)が、結局、本放送を控えて「夏・体験物語」に落ち着いた形となった。

パート2では、主役4人組がすべて入れ替わっている(後述)。

番組キャラクターにカモノハシを採用。テーマ曲およびストーリー内で時折使用されていた。

パート1・2 共通出演者[編集]

  • 金井玉二郎(かない たまじろう) - 吉幾三
多摩南学園の社会科教師(パート1は由起達の担任、パート2は由樹達の担任)、普段はスケベでいい加減な教師だが、自分の教え子には熱く身を挺して指導する。
多摩南学園の寮長、寮では生徒達に性教育や恋愛話もする。

パート1[編集]

1985年8月20日から9月25日までTBS系で放送された。全6話。

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1985年8月20日 ロストバージン16歳 xx.x%
第2話 1985年8月27日 避妊言えますか!? xx.x%
第3話 1985年9月4日 愛とSEX不思議相関 xx.x%
第4話 1985年9月11日 "C"のあと… xx.x%
第5話 1985年9月18日 卒業ボーイズ&ガールズ xx.x%
最終話 1985年9月25日 こころの初体験 xx.x%

登場人物[編集]

パート2[編集]

1986年7月29日から10月14日までTBS系で放送された。全11話。

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 畑嶺明
  • 音楽 - 城之内ミサ
  • 主題歌 - 藤井一子「チェック・ポイント」
  • プロデューサー - 阿部祐三 、浜井誠(TBS)
  • 演出 - 楠田泰之、赤羽博、志村彰
  • 協力 - 東通、緑山スタジオ・シティ
  • 製作 - TBS、木下プロダクション

挿入歌[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1986年7月29日 ざLOSTバージン xx.x%
第2話 1986年8月5日 アブナイ16才 xx.x%
第3話 1986年8月12日 チェック・ポイント xx.x%
第4話 1986年8月19日 マイSOSラブ xx.x%
第5話 1986年8月26日 知りたがり xx.x%
第6話 1986年9月2日 キャンバスの恋人 xx.x%
第7話 1986年9月9日 ホットサマーナイト xx.x%
第8話 1986年9月16日 胸キュンKISS xx.x%
第9話 1986年9月23日 お前にハートビート xx.x%
第10話 1986年10月7日 純愛白書 xx.x%
最終話 1986年10月14日 涙の初体験 xx.x%

登場人物[編集]

高等部 1年1組

  • 加納 由樹(かのう ゆき) - 藤井一子
  • 黒木 泉(くろき いずみ) - 志村香
  • 南 祥子(みなみ しょうこ) - 芹沢直美
  • 中西 ルミ(なかにし るみ) - 山口かおり
  • 庄野 浩(しょうの ひろし)- 山本陽一
  • 木戸 直也- (きど なおや) - 土田一徳
  • 野々木 進(ののき すすむ)- 古川聡
  • 津村 良介(つむら りょうすけ)- 日高誠

高等部 1年2組

担任、英語教諭
  • 矢代 美也子(やしろ みやこ) - 佐藤恵美
  • 山内 正代(やまうち まさよ) - 勇直子
  • 谷 こずえ(たに こずえ) - 網浜直子

中等部

国語教諭(鈴子と清美の担任)
  • 桑原 鈴子(くわはら すずこ) - 堀川美貴
  • 小川 清美(おがわ きよみ) - 吉村奈見子

多摩南学園の職員

沖縄で知り合った大学生たち

その他

その他[編集]

  • 本作は『毎度おさわがせします』とは違い、出演者の演技内容を問題視されておらず、比較的早い時期から再放送及びDVDソフト化をされている。
  • 脚本を担当した畑嶺明は同じ放送(パート1のみ)時期にテレビ朝日で『ママ、大変だァ!』の脚本も手がけ、1クールで2本連続ドラマを掛け持ちした。

脚注[編集]

  1. ^ 塩沢の急病のため、途中代役を務めた。

外部リンク[編集]