勇直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勇 直子(いさむ なおこ、1968年12月7日 - )は、日本女優・元アイドル歌手神奈川県出身。

来歴[編集]

埼玉県浦和市で出生[1]。父親の転勤で1歳になる前に神奈川県横浜市に引っ越し[1]幼稚園に入る前に短期間、宮城県仙台市に移り[1]、幼稚園に入る直前に大阪府吹田市に引っ越し[1]青山幼稚園に通う[1]。吹田に小学校1年の一学期までいて、その後、広島県広島市へ越す[1]広島市立古田小学校へ小学5年生まで在籍[1]。このためデーモン閣下と在学時期が重なった可能性がある。山に囲まれた当地で自然児になり、男の子たちと木登りをしたり虫採りをしよく遊んだとデーモン閣下と同じような話をしている。広島を離れる時は悲しくて泣いたという[1]。小学6年のとき、神奈川県に引っ越し、デビュー前の引っ越しはこれで終了した[1]

1985年、原宿でショッピング中に芸能プロダクション『K-HOUSE』(社長はイルカ)のスタッフにスカウトされ、芸能界入り。

翌1986年、『夏・体験物語2』(TBS)でドラマデビュー。挿入歌『センターラインが終わるとき』でRVC(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)より歌手としてもデビュー。『歌のトップテン』(日本テレビ)に出演した他、各種新人賞レースにもノミネートされた。当時、作家の秋元康が彼女の才能に惚れこみ「本田美奈子を超える、新時代アイドル歌手になる」と語っていた。

歌手活動のかたわら、数々のミュージカルやドラマにも出演。

1990年頃、芸能界引退。数年後には宮田和弥JUN SKY WALKER(S)のボーカル)と結婚、出産も経験。2002年、芸能プロダクションoregaと契約し、芸能界に復帰。現在も、女優や、CMタレントなどで活躍中。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

(以下RVCから発売)

  • センターラインが終わるとき/Boys And Girls - 当時オフコースに在籍していた大間ジローのプロデュースによるデビューシングル。作詞:秋元康・作曲:松尾一彦(オフコース、当時)
  • ナーバスにならないで/私の場合
  • さよならは落ち込まないで/ムンクの叫び
  • BOOM BOOM BOOM(ポール・レカキスの「BOOM BOOM」をカバー)編曲:角松敏生/Just A Beatnik
  • ラスト・パラシュート/ねじれた美学
  • ポラロイドのふたり/Fancy Free

アルバム[編集]

(以下RVCから発売)

  • アスファルトの天使達

(以下vivid soudから発売)

  • コンプリート・ベスト

12インチシングル[編集]

(以下RVCから発売)

女優活動[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 「ズッとおてんば17年 勇直子 日本縦断6大都市育ち直子の生い立ちストーリー」、『月刊平凡』、マガジンハウス1986年10月、 106-107頁。

外部リンク[編集]