大間ジロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大間 ジロー
出生名 大間 仁世
生誕 (1954-05-14) 1954年5月14日(64歳)
出身地 日本の旗 日本 秋田県鹿角郡小坂町
学歴 秋田県立大館鳳鳴高等学校
ジャンル J-POP
職業 ドラマー
音楽プロデューサー
担当楽器 ドラムス
パーカッション
活動期間 1974年 -
共同作業者 ザ・ジャネット
オフコース
Acoustic Beatles Club
公式サイト 大間ジロー公式サイト

大間 ジロー(おおま ジロー、本名:大間 仁世(おおま ひとせ)、1954年5月14日- )は、日本ドラマー音楽プロデューサーオフコースの元メンバー。通常は通名の「ジロー」を名乗っているが、作詞・作曲のクレジットでは本名の「大間仁世」を名乗っている。カノウプスのドラムセットを使用。身長165cm。

人物・来歴[編集]

1954年5月14日、秋田県鹿角郡小坂町生まれ。血液型O型一人っ子。実家は飲食店を経営し、欲しい物は何でも買ってもらえる裕福な家庭だったという。しかし小学6年の時に父が亡くなり、一転して苦しい生活を強いられるが、大間本人は「苦しいという実感はなかった。きっと母が見えないところで頑張ってくれていたと思う」と語っている。小学校で編成された鼓笛隊で中太鼓のリーダー格だったといい、早くも打楽器への資質を見せていた。中学校に入学すると吹奏楽部でティンパニを演奏する傍ら、ビートルズをきっかけにロックバンドにも興味を持つようになった。秋田県立大館鳳鳴高等学校時代にバンド活動を本格化。主にレッド・ツェッペリングランド・ファンク・レイルロードなどのニュー・ロックに傾倒。

高校3年時、秋田では既に名が知られていた同い年の松尾一彦を熱心に誘い、バンド「ザ・ジャネット」を結成。ジャネットをプロデュースしていたのはオフコースのレコーディングディレクターも務めていた東芝EMI武藤敏史。1974年デビュー。シングル4枚をリリースするが、大成することなく1976年解散。なお、今でも通名として使っている「ジロー」の名はジャネット時代につけられた芸名で、個性派俳優として知られた大辻伺郎に似ていることからこの名になったという。 またジャネット時代には、田辺エージェンシー系列の事務所に所属していた。大間と松尾は、Alfie(現在のTHE ALFEE)の3人とは同期デビュー・同学年であった。

オフコースとの最初の接点は、武藤がよく持ってきた東芝EMIの他アーティストのレコードで、その中にオフコースも含まれていた。大間の最初のオフコースに対する印象は「なんか軟弱そう」だった。しかし、「眠れぬ夜」「ワインの匂い」を聞いた時は「かっこいい」「いい雰囲気出ている」と好印象を持つようになったという。

ジャネット解散後、武藤の紹介でオフコースのレコーディングやライブ演奏を手伝い始める。初めてレコーディングに参加したのは「ひとりで生きてゆければ」。後に松尾もオフコースに加入するが、これは武藤と大間が誘ったもの。1979年8月1日オフコースの正式メンバーになる。1978年頃からは大間のパワフルなドラムソロがオフコースのステージ名物の1つであった。

1989年オフコース解散。その後はドラマーとしてさまざまなアーティストとともに演奏活動をする傍ら、音楽プロデューサーとしても活躍。故郷の秋田県をはじめ、東北地方のさまざまな音楽イベントにも精力的に参加している。

1995年より故郷の秋田を活動拠点とする。1996年4月より、FM秋田J'S SOUND BOX』(毎週金曜日19:00 - 19:55)のパーソナリティ。

2001年より毎年夏に秋田県八峰町ポンポコ山公園にて行われるアマチュアバンド音楽祭をプロデュース、2008年まで続いた。

2005年4月より毎日新聞秋田版のリレーエッセー「木曜の窓」を1ヵ月半に1度執筆している。寄稿されたエッセーはA.B.Cの公式サイト及び本人の公式サイトでも紹介されている。

物腰が柔らかく、人当たりが良い反面、音楽に対しては妥協せず、オフコース時代も先輩であっても問題と思う箇所は遠慮なく指摘していたという。このこともあって、今もA.B.Cなどで一緒に活動している清水仁は冗談交じりに「大間先生」とよく呼ぶ。

オフコースのファンが今なお数多いことを好意的に受け止めている。2003年にはA.B.Cの一員としてオフコースのコピー演奏を楽しむファンたちとセッション演奏を楽しむイベントに参加。2006年11月23日にはラゾーナ川崎内のライブホール「ラゾーナ川崎プラザソル」にてオフコースコピーバンドのライブイベントを自らプロデュースした。

参加ユニット[編集]

1998年よりドラマーとして参加。
元オフコースの清水仁、松尾一彦とともに1999年に結成。自らの音楽の原点であるビートルズをアコースティックにやってみようというコンセプトで活動している。大間はドラムのほかカホンも演奏している。2000年11月に1枚目のアルバム、2003年12月に2枚目のアルバムをリリース。
大間ジローをリーダーに、大館曲げわっぱ太鼓を率いる大沢しのぶ津軽三味線の第一人者、黒澤博幸が結成したユニット。2003年より活動をスタート。東北を中心にライブ活動を続け、2008年9月、初のシングルCD『Human Being』をリリース。2009年より「Soul & Beat Unit 天地人」として東北、東京など日本各地で活動。ドラム和太鼓津軽三味線をベースに、ジャズとロックと民謡を融合させたダイナミックなサウンドを発信するというコンセプトで活動している。2016年秋より「Soul & Beat TEN-CHI-JIN」と表記を改新した。
  • 大間組
和太鼓奏者・安藤恵介、横笛奏者・安藤陽介の兄弟とともに秋田県を拠点に活動している。
  • omajiro.mac
青森県十和田市出身のシンガーソングライター桜田まこと2005年に結成。2006年には初にシングル「同じ空の下 同じ風に吹かれて」をリリース。この歌は総務省秋田行政評価事務所のイメージソングとして制作されている。桜田が大のオフコースファンであることもあり、ライブではオフコースの楽曲が数多く演奏される。
  • MOBY DICK
ボーカル:BON、ギター:HIROSHI、ベース:TOSHIによるLED ZEPPELINを中心とした1970年代のロックコピーをメインに演奏する。大間ジローはLED ZEPPELINの今は亡きドラマーであるジョン・ボーナムさながらの演奏を披露する。2011年8月までに秋田市内限定で3回のライブを行っている。日本屈指のZEPコピーバンドとして注目されている。

音楽作品[編集]

オフコース時代の作品はオフコースの項を参照。

シングル[編集]

  • 同じ空の下 同じ風に吹かれて(2006年、omajiro.mac)

出演番組[編集]

  • 地元の人が教える!2泊3日の旅(第14話「オフコース同級生メンバーの角館・男鹿・能代、味巡り」、旅チャンネル

外部リンク[編集]