言葉にできない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
言葉にできない
オフコースシングル
初出アルバム『over
B面 君におくる歌
リリース
規格 EP
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI
EP:ETP-17280
作詞・作曲 小田和正(言葉にできない)
鈴木康博, 大間仁世(君におくる歌)
プロデュース オフコース
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間37位(オリコン
  • 登場回数8回(オリコン)
  • オフコース シングル 年表
    愛の中へ
    1981年
    言葉にできない
    1982年
    YES-YES-YES
    (1982年)
    over 収録曲
    1. 心はなれて
    2. 愛の中へ
    3. 君におくる歌
    4. ひととして
    5. メインストリートをつっ走れ
    6. 僕のいいたいこと
    7. 哀しいくらい
    8. 言葉にできない
    9. 心はなれて
    テンプレートを表示

    言葉にできない」(ことばにできない)は、1982年2月1日に発売されたオフコース通算23枚目のシングル

    解説[編集]

    「言葉にできない」、「君におくる歌」両曲ともアルバム『over[2]からのシングルカット曲で、アルバム収録曲と同内容。

    「言葉にできない」は、「Off course Concert 1982 “over”」[3]の最終公演地日本武道館での10日間連続公演最終日の6月30日1989年2月26日東京ドームで行われた“The Night with Us”で、小田和正が涙で声を詰まらせ、歌えなくなったことがある。 “over”ツアーの武道館公演では曲の後半部分で映画『ひまわり[4]の中の、一面に広がるひまわり畑のシーンがスクリーンに映された。このアイデアについて小田は「まさに言葉にできないほどの、圧倒的な花の映像が欲しかったので、映画の版権の一部を買い取って武道館一面、ひまわりで埋めたんだ」と、後のインタビューで答えていた。フェードアウト直前に、当時の解散を示唆する“We are”, “over”, “thank you”のナレーションが収録されている。

    制作[編集]

    この曲の制作過程について、小田は『たしかなこと』でのインタビューの中で以下の通りに答えている[5]

    「アルバム作ってて、“もう1曲核になる曲が欲しいな”って思って、で、みんなが帰った後、ひとり残ってね。確か、渋谷の『マック・スタジオ』だったと思うけど」

    「何しろ“ラララ”でいこうというのはアイデアとしてあって。ただ、そこにたどり着くまでの過程があって。歌なんてもしかしたら、“歌詞がないほうが強いんじゃないか?”って思ったのかな。その前段階で、“歌詞、書くのイヤだな”って、そう思ってたのが、だんだん“歌詞がないほうが…”ってなったいったのかな。いや、ともかく“ラララ”って歌っているうちに、“このままのほうがシンプルで強い”って確信してったんだよ。ちょうどそれが当時の、バンドのテーマだったから」 「循環コードを弾きながら、“ラララ”って、歌いながらメロディをちょっとずつ直していったんだと思う。“ラララ”のあと、“言葉にできない”が先か“悲しくて”が先か、どっちか忘れたけど、このふたつが前後して浮かんだと思うんだよ。とにかく、そこのブロックが最初に出来たのは覚えている。“言葉にできない”って歌詞と“ラララ”っていうのはとても辻褄が合うじゃない?」 「そしたら、“悲しくて”だけじゃなく、“悔しくて”っていうのも“言葉にできない”や“ラララ”とも辻褄が合う。で、途中で、“否定的な、暗いまま終わるのはイヤだな”っていうことで“嬉しくて言葉にできない”という、“それで締めればいいんだ”みたいな。そう思いついたときに“ああ、そうか、これで解決。ハッピー、ハッピー!”って、この展開は素晴らしいな、とね」

    収録曲[編集]

    SIDE A[編集]

    1. 言葉にできない (6'21")
      作詞・作曲・ストリングス編曲 : 小田和正、編曲 : オフコース

    SIDE B[編集]

    1. 君におくる歌 (4'36")
      作詞 : 鈴木康博大間仁世、作曲 : 鈴木康博、編曲 : オフコース

    スタッフ[編集]

    タイアップ・カヴァー[編集]

    1999年明治生命(当時)のCMソングとして小田自身がセルフ・カヴァーし、アルバム『LOOKING BACK 2[6]に収録された。ソロ以降、ステージで幾度ととなく歌われ、コンサートの重要なレパートリーの一つとなっている。2014年1月度の日本レコード協会発表にてフル配信50万ダウンロードに認定された。1980年代初出の作品によるフル配信50万DL達成は、本作と、久保田利伸Missing』、プリンセス・プリンセスM』、TM NETWORKGet Wild』、米米CLUB浪漫飛行』5例のみである。

    2014年7月1日より、シーサイドライン鳥浜駅並木中央駅八景島駅駅メロディとして流されている[7]

    2016年テレビ東京系アニメ『プリパラ』の挿入歌として、『LOOKING BACK 2[6]に収録されたヴァージョンが使用された[8]

    「君におくる歌」は、後に鈴木がアルバム『FORWARD[9]にてセルフ・カヴァーしている。

    脚注[編集]

    1. ^ RIAJ 2016年4月度
    2. ^ over1981年12月1日発売 LP:ETP-90150
    3. ^ 「Off course Concert 1982 “over”」 1月22日-6月30日 全69公演
    4. ^ 1970年公開イタリア映画 監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 主演:マルチェロ・マストロヤンニソフィア・ローレン
    5. ^ 小貫信昭著 2005年3月18日初版 ソニー・マガジンズ
    6. ^ a b LOOKING BACK 22001年5月16日発売 CD:FHCL-2018
    7. ^ シーサイドライン全駅が発車メロディーに変わる (PDF) - 横浜シーサイドライン、2014年6月23日、2014年6月25日閲覧
    8. ^ アニメ『プリパラ』第95話 (2016年5月10日放送。TV放送時のみ使用、セル&レンタルDVDではBGMが2001年宇宙の旅のテーマ曲に差し替えられている)
    9. ^ FORWARD2004年12月8日発売 CD:TOCT-25563

    外部リンク[編集]