もっと近くに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もっと近くに (as close as possible)
オフコースシングル
初出アルバム『as close as possible
B面 Tiny Pretty Girl
リリース
規格 EP
録音 1986年12月15日-1987年2月21日
ジャンル ポップス
ロック
レーベル FUNHOUSE
EP:07FA-1113
作詞・作曲 小田和正, Randy Goodrum / 小田和正(もっと近くに (as close as possible))
松本一起 / 清水仁, 松尾一彦 (Tiny Pretty Girl)
プロデュース オフコース
チャート最高順位
  • 週間29位(オリコン
  • 登場回数4回(オリコン)
オフコース シングル 年表
IT'S ALL RIGHT(ANYTHING FOR YOU)
1987年
もっと近くに (as close as possible)
(1987年)
君住む街へ
1988年
as close as possible 収録曲
  1. もっと近くに (as close as possible)
  2. IT'S ALL RIGHT (ANYTHING FOR YOU)
  3. ガラスの破片
  4. 白い渚で
  5. Tiny Pretty Girl
  6. Love Everlasting
  7. I'm a man
  8. 心の扉
  9. SHE'S GONE
  10. 嘘と噂
テンプレートを表示

もっと近くに (as close as possible)」(もっとちかくに アズ・クロース・アズ・ポッシブル)は、1987年5月25日に発売されたオフコース通算33枚目のシングル

解説[編集]

「もっと近くに (as close as possible)」は、アルバム『as close as possible[1]からのシングル・カット曲で、アルバム収録曲と同内容。この曲のボーカル・ダビング直前に急遽、最後の英語詞部分をランディ・グッドラム(Randy Goodrum)に依頼することになったが、テープを送る時間的余裕がなかったため国際電話をかけ、その電話口でベーシック・トラックをテープで聞かせて、詞のコンセプトと内容を説明した。そして数時間後、ランディからの電話による口伝達で詞が届けられたという。この曲は後に小田和正が英語詞を自身の日本語詞に書き換えて、アルバム『LOOKING BACK[2]にてセルフ・カヴァーした。

「Tiny Pretty Girl」も『as close as possible』[1]からのシングル・カット曲で、アルバム収録曲と同内容。清水が持っていた曲のイメージを松尾が手助けする形で完成した共作曲で、ボーカルも二人が揃って担当しているほか、サビでは小田もボーカルに加わっている。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. もっと近くに (as close as possible)
    作詞 : 小田和正・Randy Goodrum、作曲 : 小田和正、編曲 : オフコース
    フジテレビ系「なるほど!ザ・ワールド」テーマ曲

SIDE B[編集]

  1. Tiny Pretty Girl
    作詞 : 松本一起、作曲 : 清水仁松尾一彦、編曲 : オフコース

スタッフ[編集]

  • プロデュース : オフコース

脚注[編集]

  1. ^ a b 1987年3月28日発売 FUNHOUSE LP:28FB-2081, CD:32FD-1054
  2. ^ 1996年2月1日発売 Little Tokyo ⁄ FUNHOUSE CD:FHCL-2003

外部リンク[編集]