めぐる季節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
めぐる季節
オフ・コースシングル
初出アルバム『SONG IS LOVE
B面 ランナウェイ
RUN AWAY
リリース
規格 EP
録音 1976年8月15日-9月2日
ROCKWELL KITCHEN in Hakone
ジャンル ポップス
ロック
フォーク
時間
レーベル EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI
EP:ETP-10081
作詞・作曲 小田和正(めぐる季節)
鈴木康博(ランナウェイ)
プロデュース 武藤敏史
小田和正
鈴木康博
オフ・コース シングル 年表
ひとりで生きてゆければ
1976年
めぐる季節
(1976年)
こころは気紛れ
1977年
SONG IS LOVE 収録曲
  1. ランナウェイ
  2. ピロートーク
  3. こころは気紛れ
  4. ひとりで生きてゆければ
  5. ひとりよがり
  6. 青春
  7. めぐる季節
  8. おもい違い
  9. 青空と人生と
  10. 恋はさりげなく
  11. 冬が来るまえに
  12. 歌を捧げて
テンプレートを表示

めぐる季節」(めぐるきせつ)は、1976年10月5日に発売されたオフコース(当時の表記はオフ・コース)通算9枚目のシングル

解説[編集]

「めぐる季節」、「ランナウェイ」両曲ともアルバム『SONG IS LOVE[注 1]の先行シングル曲で、アルバム収録曲と同内容。シングル「風に吹かれて[注 2]までの全アルバムおよびシングルに継続使用された“SONG IS LOVE”を併せたデザインによるグループ名のロゴは、本作ではじめて登場した。ジャケットは横浜ホテルニューグランドのレストランで撮影されたもの。レストランはその後も営業を続け、ジャケットに映る窓もそのまま残っている。

「めぐる季節」では、プロデューサー武藤敏史の要請により、大間ジローと同じくザ・ジャネットの元メンバー松尾一彦がハーモニカでレコーディングに初参加。松尾は『SONG IS LOVE』[注 1]のアルバム・レコーディングにも引き続き参加する。後に、武藤は「明るい曲調の『眠れぬ夜[注 3]から静かな曲調の『ひとりで生きてゆければ[注 4]。そしてまた明るい感じの『めぐる季節』へと、オフコースの真髄を少しずつ出しながら、この辺りまでは多少試行錯誤を繰り返していたと、今になると言えるような気がする。言葉をかえれば、自分たちのやりたい音楽の線を崩さず、キープしつづけながら、より多くの人たちに楽しんでもらえる、ポピュラー性のあるものをいかに表現していくか、オフコースにとってはそんな時期であったと思う」[1]と振り返っている。同曲は後にリバイバルマックスファクターのCMソングに使用された。

「ランナウェイ」は後に、歌詞が一部変更されたのに加え、オリジナルよりロック色の強いアレンジでライヴ・アルバム『LIVE[注 5]に収録された。さらにその後、同曲は鈴木がアルバム『BeSide[注 6]でセルフカヴァーした。解説で鈴木は「『のがすなチャンスを』と共に派手なイメージがあって、ライブの見せ場的場面転換の曲としてよく使った。Aメロのリズムが粋」[2]と書いている。

「めぐる季節」のジャケット撮影が行われたホテルニューグランド(横浜・山下町

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. めぐる季節 MEGURU-KISETSU (3’55")
    作詞・作曲 : 小田和正、編曲 : オフ・コース

SIDE B[編集]

  1. ランナウェイ RUN AWAY (4'17”)
    作詞・作曲 : 鈴木康博、編曲 : オフ・コース

参加ミュージシャン[編集]

めぐる季節[編集]

ランナウェイ RUN AWAY[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデュース : 武藤敏史、小田和正、鈴木康博

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b SONG IS LOVE1976年11月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-72212
  2. ^ 風に吹かれて1979年6月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI EP:ETP-10583
  3. ^ 眠れぬ夜1975年12月20日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI EP:ETP-20214
  4. ^ ひとりで生きてゆければ1976年5月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI EP:ETP-20259
  5. ^ LIVE1980年5月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI 2LP:ETP-60380/1
  6. ^ BeSide1996年10月23日発売 ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR CD:BVCR-772

出典[編集]

  1. ^ 『オフコース / Three and Two』 株式会社八曜社、1979年、235-239頁。
  2. ^ (1996年) 鈴木康博BeSide』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR (BVCR-772).

外部リンク[編集]