この道をゆけば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この道をゆけば ⁄ オフ・コース・ラウンド 2
オフ・コーススタジオ・アルバム
リリース
録音 1973年7月 (1973-07) - 1974年3月10日 (1974-03-10)
東芝EMIスタジオ
モーリスタジオ
ジャンル ポップス
ロック
フォーク
レーベル EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI
プロデュース 橋場正敏
オフ・コース アルバム 年表
オフ・コース1 ⁄ 僕の贈りもの
1973年
この道をゆけば ⁄ オフ・コース・ラウンド 2
1974年
秋ゆく街で ⁄ オフ・コース・ライヴ・イン・コンサート
(1974年)
『この道をゆけば ⁄ オフ・コース・ラウンド 2』収録のシングル
  1. もう歌は作れない ⁄ はたちの頃
    リリース: 1974年4月5日 (1974-04-05)
テンプレートを表示

この道をゆけば ⁄ オフ・コース・ラウンド 2』(このみちをゆけば オフ・コース・ラウンド 2)は、1974年5月5日に発売されたオフコース(当時の表記はオフ・コース)通算2作目のオリジナルアルバム

『この道をゆけば』のジャケット撮影が行われた迎賓館東京都港区赤坂

解説[編集]

1973年9月9日、日仏会館で行われたコンサート“グリーン・ラヴ”を終えたオフ・コースは11月、早くもセカンド・アルバムの制作に入った。レコーディング開始時、できていたのは3曲だけで、曲作りと平行して断続的にレコーディングを行うことになった。レコーディング期間は7か月間となっているが何度も中断し、スタジオ使用は150時間に満たず、その結果2人でアレンジを詰める作業が出来ず作曲者自身が手がけるという完全な分担作業で行われた。バックトラックを2時間に1曲録るペースで進められ、後になってからの録り直しや差し替えもほとんど行われず、時間に追われて終了した。

レコーディングにはセッション・ミュージシャンを起用、エレキギターを取り入れるなど、新しい試みも積極的に行われた。前作『僕の贈りもの[注 1]では青木望に任せたストリングス・アレンジも、今回はすべて自分達で行った。弦の音を、ピアノやギターの音を頼りに頭に描いてアレンジを組み立て、書き上げた譜面の最終チェックを青木に依頼した。「夜中に青木さんの家へ行くと、忙しいのによく見てくれて、全部チェックしてくれた。初めてスタジオで弦の音を聴いた時、ちゃんと合っていて、“ああ、これでいいんだ”と思った」[1]という。

アルバムの発売は当初、1974年2月が予定されていたがその後、ステージのMCで「2月頃にと思っていたのですが、3月になりそうです」[注 2]「なかなか思うように出来なくて、4月になるかもしれません」[注 3]「シングルが4月発売に決まりまして、LPの方は5月か、あるいは1年振りに6月ということに…」[注 4]「新しいアルバムが、5月5日こどもの日に出ることに決まりました」[注 5][注 6]と幾度も発売日の変更が伝えられたが、3月10日にレコーディングが終了した。

B-4「のがすなチャンスを」は後に鈴木がアルバム『BeSide[注 7]にてセルフ・カヴァーした。解説で鈴木は「いつも詞と曲は別々にできるのだが、一応長い音楽活動の中でたった一曲、この曲だけ詞、曲同時に出来た。派手なイメージでオフコースのステージは演奏しすぎたので、一人になってからはジョーク以外にやったことはない」[2]と書いている。

A-5「別れの情景(1)」とB-4「のがすなチャンスを」は後にベスト・アルバムSELECTION 1973-78[注 8]に収録されたが、「のがすなチャンスを」は1978年2月25日仙台市民公会堂で収録されたライブ・ヴァージョンとなっている。

小田よりも一足早くプロのミュージシャンとして活動していく決断をした鈴木は、音楽教室の講座に参加してアレンジを勉強するなど、本格的なプロとしてのキャリアをスタートさせていた。また、小田は幼少の頃にバイオリンを習っていたことから譜面が読めることもあり、この時期には“中性的な声、初見がきく、短時間でOKが出せる”ことが好条件となって、CMソングの制作や他アーティストのレコーディングにコーラスで参加するなど、グループ以外の活動も増え、学園祭の依頼もくるようになった。

アルバムのジャケット写真は東京・赤坂迎賓館赤坂離宮の正門前で撮影したものが使われている。ジャケット上部の“GOIN' MY WAY”はレコード会社が勝手につけたという[3]

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. プロローグ (1'35")
    鈴木康博 作曲
  2. すきま風 (2'29")
    鈴木康博 作詞・作曲
  3. はたちの頃 (2'36")
    鈴木康博 作詞 / 鈴木康博・重実博 作曲
  4. 日曜日のたいくつ (3'01")
    鈴木康博 作詞・作曲
  5. 別れの情景(1) (3'23")
    小田和正 作詞・作曲
  6. 別れの情景(2)〜もう歌は作れない (3'30")
    小田和正 作詞・作曲

SIDE B[編集]

  1. 新しい門出 (4'09")
    鈴木康博 作詞・作曲
  2. あの角をまがれば (2'20")
    小田和正 作詞・作曲
  3. 若すぎて (2'14")
    鈴木康博 作詞・作曲
  4. のがすなチャンスを (2'34")
    鈴木康博 作詞・作曲
  5. 首輪のない犬 (3'45")
    小田和正 作詞・作曲
  6. わが友よ (1'05")
    小田和正 作詞・作曲

レコーディング・メンバー[編集]

クレジット[編集]

STUDIO 東芝EMIスタジオ / モーリスタジオ
ENGINEER 村田研治, 小菅憲一
PRODUCER 橋場正敏
MASTERING 村田研治
DATE July, 1973~March, 1974
  • Drums:村上秀一(ポンタ) / 高橋幸宏 / 小津昌彦
  • Bass:高水健司 / 重実博 / 小原礼 / 鈴木淳
  • Guitar:鈴木康博 / 大村憲治(ケン坊)
  • Key Boards:小田和正 / 篠原信彦(シノヤン)

TOCT-25632, TOCT-95032[編集]

この道をゆけば ⁄ オフ・コース・ラウンド 2
オフ・コーススタジオ・アルバム
リリース
録音 1973年7月 (1973-07) - 1974年3月10日 (1974-03-10)
東芝EMIスタジオ
モーリスタジオ
ジャンル ポップス
ロック
フォーク
時間
プロデュース 橋場正敏
EANコード
EAN 4988006195929 (TOCT-25632)
EAN 4988006218352 (TOCT-95032)
テンプレートを表示

解説[編集]

2005年、レコード・デビュー35周年にあわせ“オリジナル・アルバム15タイトル紙ジャケット・シリーズ”としてエキスプレス・レーベル在籍中のオリジナル作品がリイシュー。24ビット・デジタル・リマスタリング、オリジナルLP装丁を復刻した紙ジャケット仕様にてリリースされた。2009年にはSHM-CDフォーマット、通常のプラ・ケース仕様で再発された。

収録曲[編集]

  1. プロローグ
  2. すきま風
  3. はたちの頃
  4. 日曜日のたいくつ
  5. 別れの情景(1)
  6. 別れの情景(2)〜もう歌は作れない
  7. 新しい門出
  8. あの角をまがれば
  9. 若すぎて
  10. のがすなチャンスを
  11. 首輪のない犬
  12. わが友よ

クレジット[編集]

  • リマスタリング・エンジニア:行方洋一
  • ジャケット資料協力:喜多雅美 (サウンドステーション)
  • ライナーノーツ:田家秀樹

リリース履歴[編集]

# 発売日 リリース 規格 品番 備考
1 1974年5月5日 (1974-05-05) エキスプレス ⁄ 東芝EMI LP ETP-8293 定価/2000円
197?年   LP ETP-72141 価格改定/2300円による再発規格。帯のデザインが一新されている
2 1979年 (1979) CT ZT25-320  
3 1983年11月21日 (1983-11-21) CD CA35-1033 初CD化(以降全てアーティスト非監修による再発)。
4 1985年9月28日 (1985-09-28) CD CA32-1157 品番および価格改定。
5 1987年7月5日 (1987-07-05) CD CA25-1481 オリジナル・アルバム+ボーナス・ディスクの12枚組CD-BOX『OFF COURSE BOX』(CA25-1480~1490)の中の1枚。
CT ZH22-1851 オリジナル・アルバム+ボーナス・カセットの12本組カセットBOX『OFF COURSE BOX』(ZH22-1850-60)の中の1本。
6 1991年6月7日 (1991-06-07) CD TOCT-6202  
7 1992年6月24日 (1992-06-24) CD TOCT-6561 音蔵シリーズでの再発。
8 1998年2月25日 (1998-02-25) CD TOCT-10085 Q盤シリーズでの再発。
9 1998年11月18日 (1998-11-18) CD TOCT-10543 オリジナル・アルバム+ライブ・アルバム全13タイトルの14枚組CD-BOX『OFF COURSE BOX』(TOCT-10542~55)の中の1枚。
10 2001年6月27日 (2001-06-27) CD TOCT-10772 スーパーリマスタリングシリーズでの再発。
11 2005年3月24日 (2005-03-24) CD TOCT-25632 紙ジャケット仕様。24ビット・デジタル・リマスタリング音源による再発。
12 2009年1月21日 (2009-01-21) エキスプレス ⁄ EMIミュージック・ジャパン SHM-CD TOCT-95032  

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 僕の贈りもの1973年6月5日発売 EXPRESS ⁄ 東芝音楽工業 LP:ETP-8258
  2. ^ ラジオ日本「ヤングヤングミュージック・イン・テクニクス」1973年11月30日
  3. ^ TBSラジオ「ヤングタウン東京」1973年12月8日
  4. ^ 「サブ祭」1974年1月27日 神田共立講堂
  5. ^ 文化放送「フォークタウン」1974年2月23日渋谷公会堂
  6. ^ 「チャリティショウ」1974年2月23日牛込公会堂
  7. ^ BeSide1996年10月23日発売 ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR CD:BVCR-772
  8. ^ SELECTION 1973-781978年5月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-80015

出典[編集]

  1. ^ オフコース・ファミリー著『はじめの一歩 1』(サンリオ)P152~158、1983年8月15日初版発行
  2. ^ (1996年) 鈴木康博BeSide』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR (BVCR-772).
  3. ^ (2005年) 田家秀樹『この道をゆけば ⁄ オフ・コース・ラウンド 2』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI (TOCT-25632).
  4. ^ 【CD】この道をゆけば オフコース・ラウンド2<紙ジャケット仕様初回限定盤>” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2017年2月3日閲覧。
  5. ^ 【SHM-CD】この道をゆけば<完全生産限定盤>” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2017年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]

音楽配信サイト[編集]

ハイレゾ配信[編集]