ザ・バッド・ボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・バッド・ボーイズ
The Bad Boys
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1969年 - 1975年
レーベル 東芝EMI
東宝レコード
旧メンバー 廣田龍人ジョン・レノン役)
清水仁ポール・マッカートニー役)
川端孝博(ジョージ・ハリスン役)
城間正博(リンゴ・スター役)

ザ・バッド・ボーイズ (The Bad Boys) は、1970年代半ばに活動していた日本ロックバンド廣田龍人清水仁を中心としたバンドであり、ビートルズコピーバンドとして知られていた[1][2][3]

概要[編集]

大阪市立鶴見橋中学校廣田龍人清水仁が知り合い、一緒にバンド活動をするようになった[1]

1969年に、メンバーが、廣田(ジョン・レノン役)と清水(ポール・マッカートニー役)に加え、川端孝博(ジョージ・ハリスン役)、城間正博(リンゴ・スター役)となり、ザ・バッド・ボーイズとして活動を始めた[3]

1973年5月に上京、同年10月には、ビートルズのアメリカ合衆国における2枚目のアルバム『ミート・ザ・ビートルズ』を完全コピーしたデビュー・アルバム『MEET THE BAD BOYS』をリリースした。同時期に、岡本おさみ・作詞/吉田拓郎・作曲の楽曲「ビートルズが教えてくれた」を、デビュー・シングルとしてリリースした[3]。その後、1976年まで活動していたが、清水が脱退してオフコースに参加し、バンドとしての活動は途絶えた[1][2]

バンド名は、ビートルズがレパートリーのひとつとして演奏していたラリー・ウィリアムズの楽曲「バッド・ボーイ」に由来している[1]

デビュー・アルバム『MEET THE BAD BOYS』は、2012年にCDで再発売された。また、2014年は、別名儀エレクトリック・ナッツ・メロウ・ストリングド・カルテットとしてリリースされた、ビートルズの楽曲のカラオケ・アルバム『ウィズアウト・ザ・ビートルズ』も、CDで再発売された[3]

2016年11月30日、赤坂グラフティでの廣田のオリジナルソロライブで清水がベースとして参加。バッドボーイズの幻のオリジナル曲「渚のふたり」を演奏。アンコールでは観に来ていた城間もステージに上がりドラムを叩く。廣田、清水、城間の3人が同じステージで演奏するのは1989年12月のジョン・レノン追悼ライブ以来27年振りだった。

メンバー[編集]

人名 生年月日 出身地 担当
廣田龍人
(ひろた りゅうじん)
(1951-02-03) 1951年2月3日(68歳) 広島県 ギターボーカル
ジョン・レノン
清水仁
(しみず ひとし)
(1950-11-25) 1950年11月25日(68歳) 大阪府大阪市西成区 ベース・ボーカル
ポール・マッカートニー
川端孝博
(かわばた たかひろ)
(1950-02-12) 1950年2月12日(69歳) 大阪府泉南市 ギター・ボーカル
ジョージ・ハリスン
城間正博
(しろま まさひろ)
(1952-04-06) 1952年4月6日(67歳) 大阪府大阪市西成区 ドラム・ボーカル
リンゴ・スター

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. ビートルズが教えてくれた
    c/w チークを踊ろう(1973年10月)
  2. 僕と踊ろう
    c/w アイツのせい(1975年8月)

アルバム[編集]

  1. MEET THE BAD BOYS(1973年)
  2. ウィズアウト・ザ・ビートルズ(発売日不明)
    • エレクトリック・ナッツ・メロウ・ストリングド・カルテット名義。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ザ バッド ボーイズ”. 廣田龍人. 2015年6月2日閲覧。
  2. ^ a b アーティスト詳細 ザ・バッドボーイズ”. タワーレコード (2014年7月16日). 2015年6月2日閲覧。
  3. ^ a b c d バッド・ボーイズ -エレクトリック・ナッツ・メロウ・ストリングド・カルテット- ウィズアウト・ザ・ビートルズ”. 芽瑠璃堂. 2015年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]