I LOVE YOU (オフコースの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
I LOVE YOU
オフコースシングル
初出アルバム『SELECTION 1978-81
B面 夜はふたりで
リリース
規格 EP
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI
EP:ETP-17169
作詞・作曲 小田和正 (I LOVE YOU)
安部光俊, 鈴木康博 / 鈴木康博(夜はふたりで)
プロデュース オフコース
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 1981年7月度月間8位(オリコン)
  • 1981年8月度月間18位(オリコン)
  • 1981年度年間81位(オリコン)
  • 登場回数16回(オリコン)
オフコース シングル 年表
時に愛は
1980年
I LOVE YOU
1981年
愛の中へ
(1981年)
SELECTION 1978-81 収録曲
  1. 風に吹かれて
  2. 夏の終り
  3. 愛を止めないで
  4. せつなくて
  5. 生まれ来る子供たちのために
  6. さよなら
  7. Yes-No
  8. 愛の終わる時
  9. 一億の夜を越えて
  10. いくつもの星の下で
  11. I LOVE YOU
テンプレートを表示

I LOVE YOU」(アイ・ラヴ・ユー)は、1981年6月21日に発売されたオフコース通算21枚目のシングル

解説[編集]

「I LOVE YOU」はシングルとして1981年6月21日に発売され、同年9月1日発売のベスト・アルバム『SELECTION 1978-81[注 1]に収録され、その後再レコーディングされたテイクが1982年7月1日発売のアルバム『I LOVE YOU[注 2]にアルバム・ヴァージョンとして収録、間奏部にジョン・レノン(1940年10月9日 - 1980年12月8日)訃報のナレーションが挿入された。シングル・ヴァージョンの間奏部の英語はFENの音声より前半に女性、後半に男性の声をつないでいて、内容に意味はない。後に小田は「この曲をレコーディングしている時、スタジオで加藤和彦さんに会ったんだよ。“何やってるの?”って訊くから、“シングルなんだ”って答えたら、“これがシングルなの? 売れてる時は何でも出来ちゃうから、いいよね”って言われたの覚えてる」[1]とインタビューで答えている。この曲は後に小田がシングル「キラキラ[注 3]のカップリングとしてセルフ・カヴァーしている。詞の中の「9月」について小田は1981年当時「9月はゴロがいいし、好きな季節」と語った。翌年の1982年9月3日、35歳の小田和正(1947年9月20日 - )は29歳の一般人女性新井恵子と結婚した。新井が短大時代にオフコースのファンクラブが出来たことが交際のきっかけで、交際期間は10年と報じられた。 アルバム・ヴァージョンのナレーションは、アレンジャーのビル・シュネーの友人によるものであり、内容は以下である。

There's sorrow in the news today. Former Beatle, John Lennon was shot and fatally wounded last night. The murder occurred about 10:50 p.m. in front of his residence in Manhattan, New York Police reported. 25-year-old, Mark Chapman, a fan of Lennon, shot him several times and was then immediately apprehended. The cause of the shooting is still unclear. Lennon and his wife, Yoko Ono, were returning home to the Dakoda Apartments after working on a new album in a New York recording studio. Some witnesses say, Chapman was seen roaming around the front of Lennon's apartment for several hours, apparently waiting for Lennon. Once again, in the news, John Lennon, dead at the age of 40.


「夜はふたりで」はオリジナル・アルバム未収録。この曲は後に鈴木がアルバム『BeSide[注 4]にてセルフ・カヴァーした。解説で鈴木は「ずっと“白いシーツの海で”という歌詞が嫌いで、嫌いならなぜOKしたのかと言われそうだが、皆がイイと言うので納得した覚えがある。もうそんな気持ちは消えた」[2]と書いている。

ジャケットはタイプライターで打たれた紙が写っているデザインで、最後の2行は次のコンサートツアーが1982年1月から始まることを伝える文章になっている。レコード発売の駅貼り用ポスターは国会での強行採決の写真が使用されているが、「政治家の顔がはっきりしなければ」との条件付きで許可された。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. I LOVE YOU (5'05")
    作詞・作曲:小田和正、編曲:オフコース

SIDE B[編集]

  1. 夜はふたりで (4'04")
    作詞:安部光俊鈴木康博、作曲:鈴木康博、編曲:オフコース
    アルバム未収録曲

スタッフ[編集]

カヴァー[編集]

I LOVE YOU[編集]

アーティスト 収録作品(初出のみ) 発売日 規格 品番
LOGIC SYSTEM Venus[注 5] 1981年12月1日 LP ETP-90139
EVE I Love You.[注 6] 1991年8月23日 CD SRCL-2128
米倉利紀 21世紀への贈りもの 1999年11月10日 CD WPCV-10044
小林香織 LUV SAX 2009年12月16日 CD VICJ-61614
DG-10(今井麻美長谷川明子又吉愛 LOVE SYNTHESIZER! 2009年9月18日 CD VGCD-0172
土岐麻子 CASSETTEFUL DAYS 〜Japanese Pops Covers〜 2012年10月10日 CD RZCD-59190

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ SELECTION 1978-811981年9月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-90106
  2. ^ I LOVE YOU1982年7月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-90180
  3. ^ キラキラ2002年2月27日発売 Little Tokyo ⁄ FUNHOUSE CD:FHCL-5004
  4. ^ BeSide1996年10月23日発売 ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR CD:BVCR-772
  5. ^ インストゥルメンタルとしてカヴァー。
  6. ^ 英語詞(英語作詞:姫野真也

出典[編集]

  1. ^ 小貫信昭『YES-NO 小田和正ヒストリー』株式会社角川書店、1998年、113-146頁。ISBN 4-04-883529-7
  2. ^ (1996年) 鈴木康博BeSide』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR (BVCR-772).

外部リンク[編集]