和太鼓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和太鼓の演奏

和太鼓(わだいこ)は、打楽器のひとつ。日本の太鼓の総称。大きく分けて長胴太鼓(宮太鼓)桶胴太鼓附締太鼓の3種類がある。祭礼歌舞伎神社仏閣における儀式等に用いられ、木でできた胴に皮を張り、それを振動させて音を出すものである。(ばち)で叩くものを太鼓と呼び、手で叩くものは(つづみ)と呼ばれる。

特徴[編集]

和太鼓は、一般的に残響が非常に良く響き、余韻が残る音を特徴とする。和太鼓の構造は、胴の中間が膨らんだ円筒形で、両面もしくは片面に皮が張られている。ドラムなどの他の打楽器と比べて強度は高い。

歴史[編集]

和太鼓は、縄文時代には既に情報伝達の手段として利用されていたといわれており、日本における太鼓の歴史は非常に古い。日本神話天岩戸の場面でも桶を伏せて音を鳴らしたと伝えられている。長野県茅野市にある尖石遺跡では、皮を張って太鼓として使用されていたのではないかと推定される土器も出土している。群馬県佐波郡境町の天神山古墳から「太鼓を打つ人物埴輪」 像が出土し、 古墳時代 (3世紀末~6世紀) には日本に太鼓が存在していたことがわかっている[1][2]

中世に入ると、田楽などの発達などによってお囃子太鼓が隆盛した。戦国時代になると、戦国大名達が自軍の統率をとるために太鼓を利用した陣太鼓が興る。人間の心臓の鼓動に太鼓の鼓動が「シンクロ」することによって自らを鼓舞する性質があるという説もあり、戦における太鼓の使用はこの説に従えば有効な活用法であったと言える。近年までは、時刻を知らせる為にも太鼓が使用されていた。

江戸時代には祭礼行事の伴奏としての太鼓演奏のほかに、太鼓好きが集まって太鼓を打つ「のら打ち」なども行なわれ、昭和初期(1930年代)には太鼓の技術や芸を競う太鼓打ち競技会なども現れた[3]。1943年には小倉祇園太鼓が登場する映画『無法松の一生』がヒットし、クライマックスの太鼓打ちシーンが人々に強い印象を残し、その後何度もリメイクされるほど人気を博した。また、温泉地などで観光客向けに地元の太鼓を披露するようにもなった[3]第二次大戦後の1951年に、明治時代に途絶えていた御諏訪太鼓小口大八によって復元された際に、多数の太鼓だけで演奏する組太鼓スタイルが考案され、1970年代以降、創作和太鼓鬼太鼓座鼓童といったプロの組太鼓集団の出現と流行をきっかけとして、 各地にアマチュアの和太鼓グループが無数に誕生し、バブル期ふるさと創生一億円事業や宝くじ助成金などの経済的支援を背景に、町おこしや青少年の育成などに和太鼓が用いられる一方、和太鼓集団の海外公演を通じて欧米をはじめとする世界中に知られるに至った[2][3]

今日では、盆踊りの主役として演奏されたり、神と意思を伝達する手段、呪具として神社寺院に置かれるなどしている。太鼓という場合広狭二つの理解がある。何らかの仕方で張った皮を打って音を出すという広義の理解ではアジアの先住民に認められる団扇太鼓(例:日蓮宗の打つ太鼓)から能楽に使用する鼓類までを含んでしまう。しかし通常和太鼓と呼ばれる場合は、筒あるいは椀型のものに皮を張った狭義の理解をする。どちらも楽器としては膜鳴楽器と分類される。以下では狭義の太鼓としての和太鼓に限定して述べる。

芸能、音楽としての太鼓[編集]

文化交流の一環として、外国軍の前で和太鼓の演奏を披露する陸上自衛官
舞楽「抜頭」の演奏。左奥に楽太鼓が見られる

雅楽[編集]

雅楽では管弦に用いる楽太鼓と、舞楽で用いる大太鼓(だだいこ)とがある[4]。舞台の正面に構えられる。楽節の終わりごとに太鼓の一撃が入り、楽曲全体を統率する重要な要素である。また見た目も支柱の漆塗りをはじめ本体にも色とりどりの装飾が施されている。外側を朱色の火炎が取り巻いていることから、火焔太鼓とも呼ばれる。

宗教音楽[編集]

神道では古くから太鼓が多く用いられた。神楽囃子)などにその一端が見られる。単体での演奏の他、篠笛などと組み合わせる演奏も多く見られる。仏教では、法華宗日蓮宗団扇太鼓以外では、真言宗などで、護摩焚きの時の般若心経などの読経時に太鼓を使う(法楽太鼓)他は、もっぱら木魚(法華宗・日蓮宗では木柾)とが使われるが、大規模な行事には銅鑼鉦鼓などと一緒に太鼓が用いられる。

このほか仏教と神道の境界が曖昧である農村信仰として、田楽イタコの口寄せ(交霊)にも太鼓が使われることが多い。

歌舞伎[編集]

江戸時代、歌舞伎が隆盛すると、下座音楽に使われ、効果音として取り入れられた。下座音楽における太鼓の使用方法は、打ち方によって表現する情景が高度に体系化されている。例えば細めの桴で細かく叩くと雨の音、布を巻いた桴で弱く柔らかい音を低く響かせると雪の音、それらの合間に別の桴を水平に宛て、鼓面の震えを拾ってビリビリという音をたてると雷や雪崩の音を表現するといった具合である。また幽霊の出現など、本来ありえない音響を抽象的に表現する場合にも用いられる。

組太鼓[編集]

戦後になってから、長野県御諏訪太鼓ジャズドラムを参考にして、大小の太鼓をドラムセットのように組み合わせた「組太鼓」形式を開発した[5]。音程がある楽器を基本的に使わない複式複打法の組太鼓が誕生した。

新しい和太鼓時代の到来(祭り太鼓から舞台演奏へ)[編集]

創作和太鼓隆盛の時代へ[編集]

舞台興行太鼓の誕生[編集]

1950年(昭和25年)、日本で初めて舞台興行を目的とした「福井豊年太鼓みどり会」(福井県福井市勝見地区)が生まれた。和太鼓のみならず、芸能的要素を多分に兼ね備え、2009年7月現在、発足時のメンバーが福井市内に2名(斉藤茂雄、岡口一二)健在で、今も現役の太鼓奏者である。(関連人物:高山正行

プロ和太鼓集団の誕生[編集]

諸説あるが、活動期間が9ヶ月間という短期間で解散してしまった「王将太鼓」が日本初と言われている。「王将太鼓」は、1966年(昭和41年)2月22日、大阪市浪速区新世界で、日本初のプロ和太鼓集団として誕生した。和太鼓界で初めて大手芸能プロダクションが運営に携わった。しかし、同年11月に解散、9ヶ月間の活動という幻の太鼓チームで終わった。同時期に東京では助六太鼓が結成され、2016年現在も続いている。

1971年に「鬼太鼓座」(おんでこざ)が発足した。長距離走をトレーニングに取り入れることを特色としたこの団体は、ボストンマラソンを完走してそのまま舞台に上がり演奏するというデビューを飾り、注目を集めた。折からの日本の現代音楽における邦楽器ブーム(1960年代後半〜1970年代前半)もあり、鬼太鼓座のために書かれた石井眞木作曲の『モノクローム』『モノプリズム』を始め現代音楽と積極的に関わる。しかし座長の田耕と団員との分裂により、鬼太鼓座と袂を分けた新団体「鼓童」が1981年に発足した。両団体は2016年現在も並立して現存している。

太鼓の種類[編集]

両面を打つタイプと片面を打つタイプがある。前者は宮太鼓、桶胴太鼓などで、音量が大きく低音がよく響くのが特徴である。和太鼓としてはこの種類が大多数をしめる。後者は、団扇太鼓等が該当し、日蓮宗等で用いることがある。高音、響きは少ない。

胴材[編集]

締太鼓の胴

ケヤキが主であったが国産は近年不足しているためシオジセンが主流、また海外からはカリンナラなどの堅い木材をくり抜いたふくらみのある円筒形の胴、もしくは板を寄せて円筒を作りのようにしたものを用いる。

皮面[編集]

牛の皮(メスは、オスまたはホルスタイン木綿に例える)を鋲や紐、ターンバックルや金具等で張りとめてつくられ、(ばち)と呼ばれる木の棒で皮を叩いて演奏される。皮には基本的に数回の出産を経た雌牛が最良とされるが、大きなものでは、雄牛の皮が利用されることもある。

太鼓の例[編集]

長胴太鼓(宮太鼓)
胴は一本の木をくりぬいたものが利用される。皮は胴に鋲を用いて留められている(鋲打太鼓)ことが多い。社寺、公共施設等によくあり、多くの太鼓の団体がこれを演奏する。一般的によく目にするものである。江戸を中心とした関東では、より小型なお囃子太鼓が多く用いられた[6]
桶胴太鼓
縦に割られた板を寄せて円形にして胴をつくったもの。低音、音響も大。サワラなどで胴が作られ、比較的軽いのが特徴である。紐締めのものが主流である(ページ上部の写真の奥の鼓面が見えている太鼓の右側がこれにあたる)。
附締太鼓
紐やボルトナットターンバックルで皮と胴を接着させ、張っているもの。締め付け具合によって音質の調節が可能である。歌舞伎、民謡、三味線等に用いられたり、リズムを取るために利用されることが多い。
団扇太鼓
円形の枠に1枚の膜を張った太鼓である。法華宗日蓮宗唱題するときに用いる。
平釣太鼓
主に演芸場などで下座の鳴り物として用いられてきた、全長の短い扁平な太鼓[7]。木枠に吊って打つのが普通だが、床に置いて打つ場合もあり「座鼓」とも呼ばれる。もともとは皮面の直径が35から75センチメートル程度の大きさだったが、近年は大型に作られる傾向がある。

[編集]

締太鼓の桴(右)と長胴太鼓の桴

下座音楽ではと表記する。桴の材質は、硬い桴にはが使われ、柔らかい桴にはが使われる[8]太鼓踊りのような民俗芸能では、の長桴を使うこともある。一般に締太鼓には直径2.5-3センチメートルの桴が使われる。強打することの多い太鼓には、より太い桴を使うことが理想的とされる。 ラワン白樺等、脆いもの、ささくれるもの、がでて皮を痛めるものは、桴には適さない。

桴は単に太鼓の皮を叩くための太鼓の付属品ではなく、太鼓の縁や桴同士を叩き合わせて音を出す、一種の打楽器である[8]

演奏形態[編集]

置き方による分類[編集]

  • 据置形(すえおきがた)
地上に据え置いたまま演奏する形。単式複打法についていえば、主に北陸地方に分布。
  • 抱持形(かかえもちがた)
体に背負ったり、手で持って演奏する形。
  • 舁山形(かつぎやまがた)
山・御輿として担ぐ形。単式複打法についていえば、瀬戸内海沿岸地方に主に分布。
  • 曳山形(ひきやまがた)
山車のように曳行する形。単式複打法についていえば東北地方日本海側に主に分布。

舁山形や曳山形には太鼓台などがある。

海外における和太鼓[編集]

アメリカ合衆国では日系人の多い西海岸を中心に1960年代末に日系コミュニティの祭りなどで演奏されるようになった[9]。人種差別や第二次大戦中の強制収容などによって民族的誇りを傷つけられ、心理的に苦難の道を歩んでいた日系人の若者にとって和太鼓はプライドや自己表現のツールとなったほか、「静かで従順」といった北米におけるアジア系女性のステレオタイプに対する対抗的言説や、反人種差別・反同性愛差別などの政治的メッセージを含むこともあった[9]。北米における和太鼓普及に貢献したパイオニアとしては、1967年に渡米した戦後移民の田中誠一が御諏訪太鼓大江戸助六太鼓を組み合わせて始めた「サンフランシスコ太鼓道場」、ロサンゼルス洗心寺が盆太鼓をもとに始めた日系アメリカ人による最初の和太鼓チーム「緊那羅(きんなら)太鼓」、仏教青年会の日系三世を中心に様々な音楽的伝統を加味して始めた「サンノゼ太鼓」があり、いずれも1970年前後に結成され、それぞれ異なった特色を持ち味とした[9]。1975年には鬼太鼓座ボストン・マラソン完走後ゴールで大太鼓を打つというパフォーマンスで一躍有名になり、1981年に結成された鼓童とともに海外で人気を集め、北米和太鼓シーンに影響を与えた[9]

1990年代以降和太鼓の人気は北米各地に広がり、グループの数が急激に増えるにつれて日系人コミュニティとは直接関わりを持たないグループも多くなり、1997年にはロサンゼルスで第一回目の「北米太鼓コンファレンス」が開催された[9]。同会はその後も隔年イベントとして続行し、2005年にはロサンゼルス市の全米日系人博物館で和太鼓に関する展覧会も開催された[9]。多くの大学で和太鼓チームが結成されはじめ、2007年からは大学太鼓チームの交流大会Intercollegiate Taiko Invitationalも開催されており、2011年時に北米の和太鼓チームは300を超えると言われる[10]

北米以外でも、和太鼓は南米、ヨーロッパ、アジアの他の国々など、世界の複数の地域で人気を博し始め、各地域で結成される太鼓グループが増えつつある[9]フランスでは1975年に鬼太鼓座がピエール・カルダン劇場で初公演した際、観客に衝撃を与えるためにカルダンの助言で裸祭り姿で大太鼓を打つことになり、伝統的には褌姿で太鼓を打つ習慣はなかったが、このパリ公演の反響が大きかったことから舞台衣装として褌が着用されるようになった[11]

主な和太鼓奏者(プロ)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 埴輪_太鼓をたたく男子東京国立博物館
  2. ^ a b 小学校における和太鼓学習濱口光太、皇學館大学、平成19年
  3. ^ a b c 「石川県の太鼓文化 第2部フィールドワークから」西島千尋、金沢大学日中無形文化遺産プロジェクト報告書、2011年 3月
  4. ^ 打楽器の種類”. 独立行政法人日本芸術文化振興会. 2016年4月2日閲覧。
  5. ^ 「たいころじい」編集部 1995, p. 15.
  6. ^ 「たいころじい」編集部 1995, p. 19.
  7. ^ 「たいころじい」編集部 1995, p. 17.
  8. ^ a b 「たいころじい」編集部 1995, p. 41.
  9. ^ a b c d e f g アメリカにおける和太鼓の起源と発展―「日本」文化移植の三つの類型和泉真澄. 同志社大学『言語文化 』11(2),2008-12.
  10. ^ 北米ベイエリアの太鼓神谷浩夫、 金沢大学日中無形文化遺産プロジェクト報告書、2011年3月31日
  11. ^ The European Gaze and the Japanese fundoshi"Taiko Boom: Japanese Drumming in Place and Motion" p91-Shawn Morgan Bender, University of California Press, 2012

参考文献[編集]

  • 「たいころじい」編集部 『和太鼓がわかる本』 十月社、1995年ISBN 4915665429

関連項目[編集]

外部リンク[編集]