三才ブックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社三才ブックス
SansaiBooks Company, Limited
種類 株式会社
略称 三才ブックス
本社所在地 日本の旗 日本
101-0041
東京都千代田区神田須田町二丁目6番地5
設立 1980年3月26日
業種 情報・通信業
法人番号 8010001044178
事業内容 出版事業
代表者 塩見正孝(代表取締役社長)
資本金 1000万円
売上高 15億円
外部リンク http://www.sansaibooks.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社三才ブックス(さんさいブックス)は、日本出版社社名は「天才・地才・人才」の「『三』つの『才』」からとられている。1980年和田洋一スクウェア・エニックス代表取締役社長とは同姓同名の別人)が創業した。和田洋一の死後は、社長がラジオライフ編集長の諏訪英世などに社内で転々としたが、和田の夫人である和田淳子が社長の座に就いたのち、2012年塩見正孝が就任[1]。本社は東京都中央区を転々としたが、2009年4月27日東京都千代田区の現在地に移転。

概説[編集]

業務無線などの電波に関する情報や警察・保安情報などを趣味的に扱った月刊誌「ラジオライフ」(創刊当時は無線技術関連が主であったが、各種業務無線電話のデジタル化―傍受困難に伴い変化した)や日本唯一のラジオ放送情報誌「ラジオ番組表ラジオパラダイスの発行元である。

無線関係では他に、日本で受信できる無線局・電波の周波数を網羅したデータ集「周波数帳」を隔年1回発行する。

また、コンピュータゲームのデータ改造やアンダーグラウンドおたく的情報を扱った雑誌「ゲームラボ」、世の中の裏側・裏事情・からくりを扱ったムック「裏モノの本」など、一般には知られていない情報を興味本位で取り上げる雑誌・書籍が多い。とくにゲームラボ誌では検証が不十分なものを掲載したり、一般ユーザーのホームページや自作ソフトを掲載許可無く取り上げることが多かった[要出典]

特に「裏モノの本」は「ウラBUBKA」(コアマガジン)など類似誌の先駆けとなった[要出典]。近年は紙幣偽造やハッキングクラッキング技術を“危険性を指摘したものであり、実践は違法です”と但し書きをつけて紹介し始めている。

雑誌に編集者が顔をさらして登場するのが特徴で、ゲーラボマンは当時の編集長及川のコスプレ[要出典]

2003年にはおたく向けの例文と二次元美少女を組み合わせた単語参考書「もえたん」を発行、学習参考書としては異例の累計40万部となるベストセラーとなり[2]、その後「萌え本」と呼ばれる萌えを重視した類似の参考書や解説書が多数刊行されるまでに至ったほか、2007年には同書を原作としたテレビアニメが制作・放送されている。

2006年末というWindows Vista発売を控えた時期に、あえてWindows XPを解説する叢書「Grimoire For Windows XP」をシリーズ化して出版した。また、同書の「Vol.1 システム編」はグリモアWebで書籍内容を完全公開する。

2012年7月17日DVDのコピー防止機能を無効化するソフトを販売したなどとして、不正競争防止法違反の疑いで同社の役員を含む社員4人が逮捕、同社も書類送検された。その後、同社は罰金100万円の略式を受けたとともに、社員4人は不起訴処分となった[3]

2014年1月現在、ラジオライフの主な工作類はテクニカルライターの板倉[4]が担当しているとのこと。

主な雑誌・書籍[編集]

月刊誌[編集]

季刊誌[編集]

ムック[編集]

かつて発行していた雑誌[編集]

注釈[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]