イルカ (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イルカ
出生名 保坂 としえ
生誕 (1950-12-03) 1950年12月3日(66歳)
出身地 日本の旗 日本東京都中野区
学歴 女子美術大学卒業
ジャンル フォーク
職業 フォークシンガー絵本作家
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1970年(ソロシンガーとしては1974年) -
レーベル クラウンレコード
事務所 イルカオフィス
共同作業者 シュリークス1970年 - 1974年
神部和夫(夫、マネージャープロデューサー

イルカ (1950年12月3日 - ) は、日本のフォークシンガー絵本作家。本名は神部 としえ(かんべ としえ)、旧姓は保坂(ほさか)。

来歴・人物[編集]

東京都中野区出身。東京文化女子中学東京文化女子高等学校を経て女子美術大学卒。芸名の由来は、女子美術大学のフォークソング同好会に在籍していた当時、皆がギターケースを持って帰る姿を見て「イルカの群れみたい」と言ったのがきっかけで、周囲からイルカと呼ばれるようになった。

1970年シュリークスのメンバーとしてデビュー。

1974年、「あの頃のぼくは」でソロデビュー。

1975年から1976年に掛けて、かぐや姫のメンバー伊勢正三の作詞・作曲による「なごり雪」をカバーして大ヒットした。ほか1977年に「雨の物語」、1979年に「海岸通」(・伊勢正三の作詞・作曲によるカバー)などもヒットした。

1977年から1980年にかけて、絵本『ちいさな空』全4巻を発表した。

1978年半ばから1979年初めに掛けて、長男(神部冬馬産休の為に一時歌手活動を休業。

使用ギターマーティン(1973年製D-35)、エリクサーのコーティング済みのものを使っている。前はマーティンの弦を使っていた。

漫画家さくらももこ及びさくらが原作を手掛けるアニメ『ちびまる子ちゃん』でさくらももこの声を担当するTARAKOと声がそっくりである。それが縁で同作のエンディングテーマ『針切りじいさんのロケンロール』(歌・植木等)でTARAKOと共にコーラス担当した。

2004年より、国際自然保護連合親善大使となった。また、テーマソングを提供している[1]

2010年、女子美術大学客員教授に就任。

家族[編集]

父親はジャズバンド「スターダスターズ」の花形テナーサックス奏者だった保坂俊雄。スターダスターズはラストになると必ずバンドテーマである「スターダスト」を演奏したが、子供の頃、母親に連れられライブを見に行くと、その「スターダスト」で父親がピンスポットを浴びて、一人だけ立ち上がってソロでサックスを吹く姿がかっこよく、「スターダスト」は我が家のテーマソングになったという[2]

夫の神部和夫(1972年に結婚)はシュリークスのメンバーだったが、イルカのソロデビューに伴い、彼女の音楽プロデューサー及びマネージャー業に専念するようになった。1986年パーキンソン病 を患い、2007年3月21日急性腎不全のため北海道旭川市の病院で逝去。59歳。

一人息子の神部冬馬シンガーソングライターである。2010年9月19日には祖父の俊雄と共にサッカーJ2甲府×熊本戦でミニライブを行った。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 「君の生まれた朝/涙が夕陽に」 (1971年4月25日)
    (シュリークス時代) 東宝映画『幻の殺意』主題歌
  2. 「きみまつと/緑の恋」 (1971年10月25日)
    (シュリークス時代)
  3. 「救世主/風と共に」 (1971年12月25日)
    (シュリークス時代)
  4. 「私は好奇心の強い女/青春」 (1972年12月25日)
    (シュリークス時代)
  5. 「さよなら/ 1/2 」 (1973年12月25日)
    (シュリークス時代)
  6. 「あの頃のぼくは/春」 (1974年10月25日)
    (クラウンレコードよりソロデビュー)
  7. 「風にのせて/陽だまりの中で」 (1975年3月25日)
  8. なごり雪/ラバーボール」 (1975年11月5日)オリコン最高4位、1976年度年間チャート11位
  9. 「君は悲しみの/おりこうさんにはならないよ」 (1976年4月25日)
  10. 「片想いの少女へ/おこられ人生」 (1976年11月5日)
  11. 雨の物語/我が愛犬」 (1977年3月25日)
    (TBS『ロマンを旅する』テーマソング)オリコン最高16位、1977年度年間チャート34位
  12. 「サラダの国から来た娘/月下美人の咲く夜に」 (1978年3月25日)
  13. 海岸通/つばめの帰る家」 (1979年4月25日)オリコン最高24位、1979年度年間チャート92位
    産休明け・カムバックシングル)
  14. 「十九の春に/モズのために」 (1980年3月10日)
    (TV『負けないでモズ』テーマソング)
  15. 「夜明けのグッドバイ/10年前の君の街」 (1980年11月25日)
    (シンコールイメージソング)
  16. 「FOLLOW ME/私だけの子守唄」 (1981年5月25日)
    (フジテレビ『平岩弓枝シリーズ “女の座”』主題歌)
  17. 「枯れ葉のシーズン/不思議が眠る君」 (1981年10月5日)
    (KDDイメージソング)
  18. 「渚にて/恋はカラフル」 (1982年3月10日)
  19. 「きみのマーチ/鳥の記憶」 (1982年12月10日)
    (アニメ『ノエルの不思議な冒険』主題歌)
  20. 「LOST LOVE/風にのせて」 (1983年8月5日)
    (TV『オサラバ坂に陽が昇る』イメージソング)
  21. 「もう海には帰れない/梅花」 (1985年2月21日)
    (TBS系 ポーラ・テレビ小説「愛の風、吹く」主題歌/梅丹本舗イメージソング)
  22. 「海のゆりかご/ どうぶつ通り夢ランド」 (1986年10月21日)
    (『どうぶつ通り夢ランド』テーマソング)
  23. 「雨上がりの夏/いつまでもNice Friends」 (1987年2月21日)
  24. 「悲しみの証明/嫉妬(ジェラシー)」 (1989年4月12日)
  25. 「迎えに行く朝/いつだって愛してる」 (1989年9月21日)
    (フジテレビ『トークシャワー』主題歌) (日立ルームエアコン『白くまくん』イメージソング)
  26. 「時の子守唄/想い出をそばに置いて」 (1989年12月5日)
  27. 「時の子守唄/悲しみの証明」 (1990年9月21日)
    (再リリース)
  28. 「いつの日か二人でクリスマスを」 (1990年11月5日)
  29. 「終恋/未来の君へ」 (1991年6月21日)
    (コープこうべ イメージソング)
  30. 「あいふたたび/二匹の魚(Fish&Fish)」 (1991年11月21日)
  31. 「女はつらいよ/子守熊のように」 (1993年1月1日)
    (関西テレビ『子供虐待防止』キャンペーンソング)
  32. 「傘の雫/心の砂時計」 (1996年3月16日)
    (テレビ東京系『特選・ぶらり旅』エンディングテーマ)
  33. 「花一輪/星の長距離電話(約22年振りリニューアル)」 (1998年1月21日)
    (MBS・TBS系ドラマ30車いすの金メダル』主題歌)
  34. 「地上の愛」 (1999年1月21日)
    (美川憲一&イルカ初のデュエットシングル)
  35. 「光のとびら/心配させたい帰り道」 (1999年10月6日)
    (神戸市民ソング・MBS系『すてきな出逢い いい朝8時』エンディングテーマ)
  36. 「あなたの胸に/真冬の天使<札幌バージョン>」 (2001年1月24日)
    (札幌雪まつりイメージソング)
  37. 「旧友再会」 (2001年6月21日)
    (MBS系『すてきな出逢い いい朝8時』エンディングテーマ)
  38. 「夢ひとり/祈り」 (2002年5月22日)
  39. 「なごり雪(2002年Version,韓国語Version)/鳥の記憶」 (2002年11月21日)
    映画『チルソクの夏』主題歌
  40. 「真冬の天使/あるあるアルファベット星人、P-Kiesアルファベットの歌(ポンキッキーズ21)」 (2003年8月21日)
    (FNSチャリティーキャンペーンソング)
  41. いつか見る虹〜"モルダウ"から〜」(2008年6月4日)
    みんなのうた6・7月、原曲はベドルジハ・スメタナ作曲の交響曲『わが祖国』より『モルダウ』)

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 備考
1974年2月25日 イルカのうた シュリークス時代の作品
1st 1975年3月5日 イルカの世界
2nd 1975年11月5日 夢の人
3rd 1977年4月25日 植物誌 オリコンチャート1位獲得作品、イルカのアルバムで最大のヒット
4th 1977年11月5日 ボヘミアの森から クリスマスアルバム
5th 1978年3月3日 ちいさな空
6th 1979年9月20日 いつか冷たい雨が オリコンチャート1位獲得作品
7th 1980年12月21日 我が心の友へ
8th 1981年10月5日 FOLLOW ME
9th 1982年6月25日 JULIA
10th 1983年2月25日 ノエルの不思議な冒険
11th 1983年9月20日 LOOP CHILD
12th 1985年4月21日 Heart Land
13th 1986年5月21日 ESSAY
14th 1987年8月21日 私の動物アルバム
15th 1989年5月21日 けさらんぱさらん
16th 1990年4月21日 Delfina
17th 1990年11月5日 Noël クリスマスアルバム
18th 1991年11月21日 OLD FRIEND
19th 1993年10月21日 ラピスの丘で
20th 1996年3月16日 おさなごころ-1995番目の春に想う-
21st 1998年1月21日 羅針盤の上
22nd 1999年10月21日 現の夢
23rd 2004年11月17日 私の動物アルバム~そして今も
24th 2005年12月7日 Any Key OK!! 実父であるサックス奏者・保坂俊雄とのコラボレートによるスタンダード・ジャズ集
25th 2007年11月7日 はるじょおん ひめじょおん
26th 2012年7月4日 ほのぼの倶楽部 40周年記念第三弾

ベストアルバム[編集]

本項では公式ディスコグラフィ[3]に記載されているものをまとめている。

発売日 タイトル 備考
1st 1996年5月8日 KANON
2nd 2002年6月21日 こころね
3rd 2006年6月7日 イルカ・ベスト
4th 2010年6月2日 森羅万象 40周年記念第一弾
5th 2011年2月2日 Jasmine&Rose 40周年記念第二弾

ライブアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 1976年6月10日 イルカライブ
2nd 1980年3月1日 あしたの君へ
3rd 1984年1月20日 BIG CHALLENGE

自治体提供曲[編集]

熊本市

群馬県

河口湖町

  • 木の花の開く頃に - 2009年

CMソング[編集]

  • 夏はいろいろ(資生堂 サマービューティーセット)
    1973年。シュリークス時代。
  • 月下美人の咲く夜に(明治乳業 明治クイーンカップ)
    1978年。本人も出演。
  • まあるいいのち住友生命保険
    1980年代。2006年に再び住友生命のCMソングとして復活。CMのエピソード2007年5月9日『まあるいいのち』2007年合唱バージョン発売。

テーマソング[編集]

書籍[編集]

  • 『いるからんど』 八曜社、1977年
  • 『ここは私の学校 恥ずかしいけど、この年になって気がついた』 祥伝社、2003年、ISBN 4-396-50074-2
  • CDブック『今語る あの時 あの歌 イルカ』インタビュー&テキスト 藤井 青銅(アートデイズ、2007年)ISBN 978-4-86119-101-5

絵本[編集]

  • ちいさな空(1) 青い傘のノエル(小学館、1977年)
  • ちいさな空(2) 不思議草(小学館、1978年)
  • ちいさな空(3) おやすみなさいをする前に(小学館、1978年)
  • ちいさな空(4) ジェレミーの木(小学館、1980年)
  • 真冬の天使(小学館、2007年)

ラジオ番組[編集]

テレビ番組[編集]

他多数

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1992年(平成4年)/第43回 なごり雪 04/28 南こうせつ
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

映画[編集]

  • ドキュメンタリー「ニホンザル モズ 26年の生涯」(1998年)テーマ曲
  • アニメ「ユニコ」(1981年)歌・ナレーション
  • アニメ「ジェレミーの木」(1983年)原作・音楽
  • アニメ「ノエルの不思議な冒険」(1983年)原作・ノエルの声・音楽
  • ドン松五郎の生活」(1986年)ドン松五郎の声
  • イタズ 熊」(1998年)主題歌
  • チルソクの夏」(2003年)清水先生役・主題歌

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ IUCN 親善大使 イルカ、『We Love You Planet! -ひびけ!惑星に。』(2015年2月13日閲覧)
  2. ^ イルカ『今語る あの時 あの歌』 アートデイズ、2007年10月、p12。
  3. ^ イルカ公式サイト ディスコグラフィ http://www.iruka-office.co.jp/discography/index.html (2012年1月13日閲覧)

外部リンク[編集]