清水宏次朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しみず こうじろう
清水 宏次朗
本名 清水 宏次朗
別名義 竹 宏治
生年月日 (1964-11-10) 1964年11月10日(53歳)
出生地 日本の旗東京都
民族 日本人
身長 176cm
血液型 B型
ジャンル 俳優歌手
活動期間 1981年 -
公式サイト http://koujiro.net/
主な作品
ビー・バップ・ハイスクール』シリーズ
極道の妻たち
六本木バナナ・ボーイズ

清水 宏次朗(しみず こうじろう、1964年11月10日 - )は東京都生まれの俳優歌手。旧芸名は竹 宏治(たけ こうじ)。

身長176cm、体重65kg。所属事務所はFillmore Far East。

来歴・人物[編集]

高校在学中に竹の子族の一人として原宿で踊っていたところをスカウトされ、芸能界入り。竹 宏治(たけ こうじ)という芸名でアイドル歌手として1981年にデビューする。

その後一時活動を休止するが、1984年に芸名も本名に変えて、シングル「ビリー・ジョエルは似合わない」で、第13回東京音楽祭国内新人大会でグランプリを受賞する。以降1992年までに20枚のシングルと11枚のアルバムをリリースした。

俳優としては、1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』に仲村トオルとW主演で出演。不良少年・加藤浩志(ヒロシ)が当たり役となりその後もシリーズに出演した。第5作『高校与太郎音頭』はコンサートツアーのスケジュールと重なったため出演できなかったものの、最終作となった第6作『高校与太郎完結篇』では復帰して、有終の美を飾った。

1987年には日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。

『ビーバップ』終了後は大人の俳優へと転進をはかり、1990年代からは『極道の妻たち』などVシネマを中心に活躍している。また、俳優業以外でもアニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』での声優(リュウ役)を務めるなど、多方面で活動。

2005年以降は所属事務所を「Fillmore Far East」に移し、ライブやディナーショーなどを中心に活動している。

エピソード[編集]

  • 芸能界デビューから4年目の21歳の時に所属事務所を通じて映画『ビー・バップ・ハイスクール』の主演オーディションの話が来たが、清水自身に漫画を読む習慣がなく、『ビー・バップ』が学園モノだと聞くとかつてのヒットドラマ『ゆうひが丘の総理大臣(NTV)』『3年B組金八先生(TBS)』などの青春学園モノを勝手にイメージし、主演の教師役だとばかり思いオーディションを受けていた。合格後に改めてプロデューサーに「僕、何役ですか?」と訊ねると「お前、漫画見てないのか!」と単行本の表紙を掲示され「お前はコッチだ!」とヒロシ(加藤浩志)の方を指差されて初めて不良少年役であることを知った。
     また、当時不仲説が囁かれていたダブル主演・仲村トオルとの関係を聞かれると苦笑いしながら一言「合わないですね」と答えた[1]。劇中では同級生の設定だが実年齢は清水の方が1つ年上であった。
  • 当時は給料制で50万円であった。本人曰く「年商は4億ぐらい稼いでいたと思う」と答え、当時はお金に対してそれほど関心がなかった事を吐露した。[1]また、飲みに行くとよく不良たちからケンカを売られた事からボディーガードを10人付けていた時期もあったという[1]
  • 『ビー・バップ』終了後も、役柄であった不良のイメージが強かったためヤクザ映画Vシネマの強面な役のオファーが多かった。映画主演で名を馳せた絶頂期よりも収入が下がったこともあり、打開策として六本木でサパークラブを出店するも接客業が不慣れであったこともあり思うように客足が伸びず、わずか2年で閉店した[1]
  • 2014年5月に更年期障害を発症。その影響から突然倒れたり、手足の震えが止まらない状態になることがある。また、不安を紛らわせるために酒量が増え、継続的に飲酒をしている状態であるという。

スポーツマンNo.1決定戦[編集]

  • スポーツマンNo.1決定戦』の第3回芸能人サバイバルバトルから参戦。元体操部・跳馬経験者としてMONSTER BOXに凄まじき情熱を燃やす表情を見せた。第3・4回は記録14段に終わるが、第5回で悲願の電話ボックス越えとなる15段成功。第6回では16段に挑戦し、成功した。第4回大会、第6回大会ではファイナリストまであと一歩まで近づくも、どちらも総合8位でファイナリストを逃している。
芸能人サバイバルバトル
大会 放送日 総合順位
第3回大会 1998年4月1日 9位
第4回大会 1998年10月2日 8位
第5回大会 1999年3月26日 11位
第6回大会 2000年3月24日 8位
第7回大会 2000年10月10日・14日 14位

出演[編集]

映画[編集]

アニメ映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 獣のように(1990年、東映ビデオ
  • OL仕置人 彼女が水に着がえるマエ(1990年、JVD)
  • 続・獣のように(1990年、東映ビデオ)
  • OL仕置人 愛と復讐の48時間(1991年、サムエンタープライズ)
  • 極道ステーキ(1991年、東映ビデオ)
  • 極道ステーキII(1992年、東映ビデオ)
  • 獣のように 完結篇(1992年、東映ビデオ)
  • 極道ステーキIII(1992年、東映ビデオ)
  • 狼たちの賭け JACK KNIFE(1993年、東映ビデオ)
  • くどき屋ジョー(1994年、東映ビデオ)
  • ザ・格闘王2(1994年、東映ビデオ)
  • 狂犬 Mad Dog(1994年、東映ビデオ)
  • ヤンママROCK'N ROLL(1995年、SEIYO INTERNATIONAL VIDEO)
  • 極道おとこ塾(1995年、東映ビデオ)
  • 日本極道史 残侠の盃(1995年、SHSプロジェクト)
  • ころがし涼太(1995年、SEIYO INTERNATIONAL VIDEO)
  • ワル 正伝(1995年、ミュージアム
  • アディオス・デスペラード 危険な賭け(1996年、ミュージアム)
  • 仁義なき野望(1996年、東映ビデオ)
  • 改造屋総長エイジ(1996年、SEIYO INTERNATIONAL VIDEO)
  • 平成残侠伝 ぶった斬れ!(1996年、東映ビデオ)
  • 我が胸に兇器あり(1996年、ケイエスエス
  • 仁義なき野望2(1997年、東映ビデオ)
  • 新・ピーナッツ(1997年、ポニーキャニオン
  • 平成極道伝 阿修羅が斬る!(1997年、東映ビデオ)
  • 新・ピーナッツ2(1998年、ポニーキャニオン)
  • 非常番犬 けだもの NO MERCY GUARD DOG(1998年、徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • W・HEAT(1998年、ビームエンタテインメント
  • 仁義なき野望3 狼(1998年、東映ビデオ)
  • 新・湘南爆走族 荒くれKNIGHT4(1999年、東映ビデオ)
  • 平成極道伝 夜叉が裂く!(1999年、東映ビデオ)
  • 龍神三兄弟(2000年、ミュージアム)
  • 龍神三兄弟2(2000年、ミュージアム)
  • 喧嘩包丁 義(2000年、東映ビデオ)
  • 喧嘩包丁 義2(2000年、東映ビデオ)
  • 実録・土佐遊興外伝 鯨道 青春篇(2000年、ブレイビルドーダサービス)
  • 実録・土佐遊興外伝 鯨道 抗争完結編(2000年、ブレイビルドーダサービス)
  • 実録・土佐遊興外伝 鯨道 破門状(2001年、ブレイビルドーダサービス)
  • 実録・鉄砲玉 平成二年大阪 山羽抗争勃発!!(2001年、ミュージアム)
  • 外道2 おとこ唄(2002年、アンカー・ビジュアルネットワーク)
  • 実録史上最大の抗争 義縁状2(2002年、GPミュージアム
  • 実録・義戦4 続・初代侠道会会長 森田幸吉伝 ヤクザの咆哮(2002年、プレイビルドーダサービス)
  • 実録・鯨道12 広島烈侠伝 悪魔の大西政寛(2003年、プレイビルドーダサービス)
  • 実録・鯨道13 広島任侠伝 美能幸三(2003年、プレイビルドーダサービス)
  • 実録・義戦5 瀬戸内ヤクザ戦争 上巻(2003年、プレイビルドーダサービス)
  • 実録・北海道やくざ戦争 北海の晩夏(2003年、GPミュージアム)
  • 実録・義戦5 瀬戸内ヤクザ抗争 下巻(2003年、プレイビルドーダサービス)
  • 真・雀鬼15 雀神vs雀鬼! 120時間の死闘(2003年、竹書房
  • 実録・九州やくざ戦争1 侠嵐(2003年、プレイビルドーダサービス)
  • 実録・九州ヤクザ戦争2 侠嵐(2003年、プレイビルドーダサービス)
  • 実録・山陽道やくざ戦争2(2003年、GPミュージアム)
  • 実録・関東やくざ戦争 修羅の盃(2003年、GPミュージアム)
  • やくざの憲法 赤字破門(2003年、GPミュージアム)
  • 実録プロジェクト893XX(2004年、GPミュージアム)
  • 北九州ヤクザ戦争 侠嵐 完結編(2004年、GPミュージアム)
  • 実録・なにわ山本組 完結編(2004年、GPミュージアム)
  • ゾンビ屋れい子 Vol.1(2004年、エスエイチエンタテイメント)
  • 実録・広島四代目 第一次抗争編(2004年、GPミュージアム)
  • ゾンビ屋れい子 Vol.2 惨劇の呪文(2004年、エスエイチエンタテイメント)
  • 実録・広島四代目 第二次抗争編(2004年、GPミュージアム)
  • 実録・広島四代目 第三次抗争編(2004年、GPミュージアム)
  • 実録・籠寅三代目 合田幸一 任侠修業篇(2004年、GPミュージアム)
  • 実録・籠寅三代目 合田幸一 名門継承篇(2004年、GPミュージアム)
  • 最後の神農(2004年、GPミュージアム)
  • 実録・籠寅三代目 合田幸一 関西二十日会篇(2004年、GPミュージアム)
  • 実録・東組抗争史 閻魔の微笑(2004年、GPミュージアム)
  • 警視庁特別調査課 マーダーファイル 津山30人殺しを追え!(2005年、かまいたち)
  • 修羅の門(2005年、GPミュージアム)
  • 誇り高き野望 1 - 6話(2005年、2006年 アネック)
  • 抗争 暴力団VSギャング(2005年、GPミュージアム)
  • 実録・不退の松葉(2005年、GPミュージアム)
  • 実録 新選組(2006年、GPミュージアム)
  • 住越 浜野政吉 烈侠(2006年、GPミュージアム)
  • 実録・広島極道抗争 佐々木哲夫の生涯(2006年、GPミュージアム)
  • 実録・東声会 初代・町井久之 暗黒の首領(2006年、GPミュージアム)
  • 実録・九州やくざ抗争 誠への道(2006年、GPミュージアム)
  • 関東極道連合会 第三章(2015年、GPミュージアム)

バラエティ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル
  1. 舞・舞・舞(1981年7月)※「竹 宏治」名義
  2. I Need You(1981年11月)※「竹 宏治」名義
  3. ビリー・ジョエルは似合わない/トラブル・サマー(1984年4月10日)
  4. モノクロームメモリー/SAYONARA(1984年10月10日)
  5. おまえにONE WAY!/都市(1985年4月25日)
  6. 僕は君を失くしてる/セレブレイション(1986年3月25日)
  7. ビーバップ・パラダイス/高校与太郎哀歌(1986年7月25日)※「ビー・バップ・少年少女合唱団」名義
    映画「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」挿入歌
  8. 今夜だけDarling/Lonesome Lady(1986年11月28日)
  9. ビーバップ・シンドローム/BE-BOP DANCIN'(1987年2月25日)※「ビー・バップ・少年少女合唱団」名義
  10. Down Town Alley/ラジオを消して(1987年3月10日)
  11. Summer of 1985/ニューロマンティックス(1987年7月21日)
    ロート製薬ロートZi:」CMソング
  12. Love Balladeは歌えない/ロックンロール・ミュージック(1987年11月28日)
    映画「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲」挿入歌
  13. TOUCH DOWN/永遠は一秒のkiss(1988年2月10日)
    テレビ朝日系ドラマ「ニュータウン仮分署」主題歌
  14. PARADISE IN SUMMER/Sunset Beach(1988年6月21日)
    ロート製薬「ロートZi:」CMソング
  15. LOVE AFFAIR/CRESCENT MYSTERY(1988年10月25日)
    フジテレビ系アニメ「F」2代目オープニングテーマ
  16. 俺たちのシーズン/Follow Me(1989年7月25日)
    映画「六本木バナナ・ボーイズ」主題歌
  17. それは君の横顔/ONE MORE NIGHT TOGETHER(1989年11月28日)
  18. TOKYO DREAMIN'/東京(1990年7月21日)
  19. 愛が見えはじめたら/UP SIDE DOWN(1991年11月21日)
  20. BOXER/SOLDIER BLUE(1992年11月21日)
12インチ・シングル
  1. ジグソー・パズルのDaydream/Down Town Alley(1988年2月10日)
アルバム
  1. THE FIRST(1981年)
  2. 挑戦(1984年)
  3. ABAND0N(1984年)
  4. ビーバップパラダイス(1986年)
  5. ALLEY(1986年)
  6. $1000,000night(1987年)
  7. ORIGINAL BEST(1987年)
  8. NIGHT DIVE(1988年)
  9. YES ONLY YES(1989年)
  10. 自然(1989年)
  11. ズッコイじゃん(1990年)
  12. MIND BLEEZE(1991年)
  13. 歩み〜Story〜(2011年)
DVD
  • 清水宏次朗 デビュー30周年Anniversary“原点回帰”(2011年、Fillmore RECORDS) - ライブDVD

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『ヨソで言わんとい亭〜ココだけの話が聞ける(秘)料亭〜』2015年10月22日放送

関連人物[編集]

外部リンク[編集]