ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビー・バップ・ハイスクール
高校与太郎哀歌
BE-BOP-HIGHSCHOOL
監督 那須博之
脚本 那須真知子
出演者 仲村トオル
清水宏次朗
中山美穂
音楽 矢野立美
主題歌 中山美穂
JINGI・愛してもらいます
撮影 森勝
編集 田中修
配給 東映
公開 日本の旗 1986年8月9日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億5000万円[1]
前作 ビー・バップ・ハイスクール
次作 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲
テンプレートを表示

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌』( - こうこうよたろうエレジー)は、漫画『ビー・バップ・ハイスクール』を原作とした1986年日本映画きうちかずひろの人気コミックの実写版第2弾。

ストーリー[編集]

城東工業の「ボンタン狩り」によって、トオルとヒロシもボンタンを狩られてしまう。ヒロシとトオルの報復に舎弟のノブオたちが城東の生徒へのボンタン狩りを始める。城東のNo.1山田とNo.2のテルこと藤本率いる城東軍団が、ヒロシとトオルのクラスメイトである今日子を騙してトオルとヒロシをおびき出す。崖の上のドライブインで、城東の生徒から狩ったボンタンと、ヒロシとトオルのボンタンを交換することとなるが、ドライブインが全壊する大乱闘の末、ヒロシとトオルが山田と藤本を倒し、愛徳が勝利する。

原作収録エピソード
3、5巻参考
  • 1 小悪魔軍団興亡記(5巻)&小悪魔軍団騒動記(5巻)
  • 2 恋文大将恥懺悔(5巻)
  • 3 不良少女鬼姫参上(3巻)
  • 4 不良街道膝栗毛(5巻)
  • 5 高校与太郎挽歌(バラード)(5巻)

備考[編集]

前作の大ヒットを受けて本作のオーディション一般公募には前作の4倍以上となる25,540人が集まり、なかには小沢仁志の実弟の小沢和義も受けており、山田敏光役を希望していた。当時アイドルであった大西結花も翔子役のオーディションを受けていた。[2]

トオルが特殊警棒を使うのは本作まで。原作でも特殊警棒を使うコマは後の版では修正されて消されている。

一作目で戸塚水産の一兵卒(江藤役)を演じていた土岐光明は、パート2でも那須監督から直々にオファーがあったものの、当時は営業マンの仕事をしておりスケジュール的に難しいからと断っていたが、オーディションの審査員として来てほしいと依頼を引き受けるも、大役の山田敏光役だけがなかなか決まらず、スタッフみんなが悩んでいたところ、那須監督から直々に頼まれ、有給休暇を使いながら撮影に挑んだ[2]

テル役の白井光浩は、オーディションで最終選考まで残るも、キャスティング最終日に他の出演者たちが一人ずつ呼ばれて次々に役が決まる中、自分の名前が呼ばれず諦めていた時に、最後に那須監督から今回の準主役のテルをやってもらう事を直に言われて喜びもひとしおであった。本シリーズの中でも強烈なインパクトを与えたテルだが、それ以降の『ビーバップ』オーディションではエントリーした出演希望者の多くがテルになりきり、中には、現場でもテルの言い回しをコピーするキャストがいて監督やスタッフを困らせることもあった[2]

本作の最大の見せ場となる新装開店のドライブインを全壊させる撮影は、表側(屋外)はオープンセットを組み、福島県いわき市の照島ランド跡地の廃墟を利用して3日間で、裏側(店内)は大泉の東映撮影所で5日間で乱闘場面を撮影した[2]

キャスト[編集]

愛徳高校[編集]

城東工業[編集]

立花商業[編集]

中学生[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

撮影協力[編集]

同時上映[編集]

BE FREE!

イメージビデオ[編集]

『仲村トオル ビー・バップ・ハイスクール青春番外地』

1986年10月発売。中間徹役の仲村トオルをメインに、本作のトレーニング風景、キャンペーンイベントの様子、新撮のドラマフッテージなどを収めたビデオ作品。
スタッフ
  • 企画制作:東映ビデオ
  • プロデューサー:中田博之(オフィスヒロ)
  • 撮影:岩上文夫、松田一彌
  • 照明:秋山貞男
  • VE:雨宮賢二、三上仁
  • 効果:帆苅幸雄(東洋音響
  • 技斗・解説:高瀬将嗣(高瀬道場)
  • 編集:加藤貴雄、矢部久美子
  • 演出:恩田一郎

脚注[編集]

  1. ^ 1986年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b c d 映画『ビー・バップ・ハイスクール』血風録 高校与太郎大讃歌(タツミムック)

外部リンク[編集]