ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビー・バップ・ハイスクール
高校与太郎音頭
監督 那須博之
脚本 那須真知子
出演者 仲村トオル
音楽 埜邑紀見男
配給 東映
公開 日本の旗 1988年8月6日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 7.3億円[1]
前作 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲
次作 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇
テンプレートを表示

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭』は、漫画『ビー・バップ・ハイスクール』を原作とした1988年日本映画きうちかずひろの人気コミックの実写版第5弾。

ストーリー[編集]

ヒロシがケンカで検挙され拘留の身となる。そんな折、相棒不在で刺激に欠ける日々を送っていたトオルは、北高二年の男子生徒とイザコザを起こす。北高の番長・前川新吾とは友人関係にあるため、事を構える気はなかったトオルだが、北高の工藤を中心とする一派は、立花と愛徳の一部まで抱き込み、末端の争いを火種に北高と愛徳の全面戦争へ発展させようと企んでいた。工藤の狙いは、混乱に乗じて前川を排除し、自らが北高のトップに立つことにあった。トオルと前川は、事態が悪化する前になんとか手打ちにしようと画策するが、均太郎たちが工藤の策に嵌るなどして抗争は避けられないものとなる。やがてトオルと前川がタイマンを張ることとなったが、前川の排除を目論む工藤一派も割って入り大乱闘となる。トオルは工藤を倒し、前川もトオルの勝ちを認め、両者は和解するのだった。

解説[編集]

本来は中間トオルと加藤ヒロシのツッパリコンビが主役であるが映画シリーズでは唯一のトオル単独出演となっている。 これはヒロシ役の清水宏次朗がコンサートツアーで撮影に参加できなかったことからで、作中では警察に拘留中という設定になっている。

キャスト[編集]

愛徳高校[編集]

北高校[編集]

立花商業[編集]

元城東[編集]

  • 柴田 - 小椋正
  • 西 - 永田博康

中学生[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

同時上映[編集]

菩提樹

脚注[編集]

  1. ^ 「1988年邦画4社<封切配収ベスト作品>」、『キネマ旬報1989年平成元年)2月下旬号、キネマ旬報社1989年、 172頁。

外部リンク[編集]