カンツォーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カンツォーネ (Canzone) は、イタリア語では単にを指す単語である。しかし、今日日本でカンツォーネといった場合、だいたい以下の3つに分類される。

1.主にクラシック音楽の歌手によって歌われる、19世紀末から20世紀初頭に書かれたイタリアの大衆歌曲、特にナポリのもの(カンツォーネ・ナポレターナ、Canzone napoletana)。これらはイタリア民謡とよばれることもあるが、古くより伝承された作者不詳の歌ではなく、近代において専門的な作曲家によって作曲された流行歌であるため、「民謡」と呼ぶのは適切ではないとする意見もある[誰によって?]

2.1960年代1970年代に日本で流行したイタリアのポップスのこと。ボビー・ソロの『ほほにかかる涙』など。

3.アニメ『ARIA』で使われた舟謳。窪田ミナ河井英里といった音楽家によって作られた。『バルカローレ』、『コッコロ』、『ルーミス エテルネ』など。


小規模のカンツォーネのことをカンツォネッタ (Canzonetta) と呼ぶ。

主な曲[編集]

有名な日本人歌手[編集]

その他[編集]

ヴェネツィアとカンツォーネ[編集]

ヴェネツィア歌謡としてのカンツォーネに愛しのわが子などがある。


脚注[編集]