エンニオ・モリコーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンニオ・モリコーネ
Ennio Morricone
Ennio Morricone 66ème Festival de Venise (Mostra).jpg
第66回ヴェネツィア映画祭にて
基本情報
生誕 (1928-11-10) 1928年11月10日(91歳)
出身地 イタリア王国の旗 イタリア王国 ローマ
ジャンル 映画音楽
職業 作曲家編曲家指揮者
活動期間 1950年代末期 - 現在
公式サイト ENNIOMORRICONE.it

エンニオ・モリコーネEnnio Morricone, 1928年11月10日[1] - )はイタリア作曲家である。映画音楽で特に知られる。

経歴[編集]

ローマで生まれ、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院ゴッフレド・ペトラッシに作曲技法を学んだ後、作曲家としてテレビ・ラジオ等の音楽を担当した[1][2][3]

1950年代末から映画音楽の作曲、編曲、楽曲指揮をしている。映画音楽家デビューは1960年の『歌え!太陽』(Appuntamento a Ischia)だと言われていたが、オリジナルのスコアを使用した映画は1961年のルチアーノ・サルチェ監督の『ファシスト』(Il Federale)であり[1]、こちらがデビュー作だと言われるようになっている。

1960年代はセルジオ・レオーネ監督とのコンビで、いわゆる「マカロニ・ウェスタン」作品で存在感を増していった(レオーネとのコンビは彼の遺作となった1984年の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』まで続いた)。1986年ローランド・ジョフィ監督のイギリス映画『ミッション』で新境地を開拓、それ以後はイタリア国外でも評価が高まり、1987年には『アンタッチャブル』でグラミー賞を受賞[4]1989年には『ニュー・シネマ・パラダイス』で世界的な知名度を得た。これまでに『天国の日々』 (1978年)、『ミッション』 (1986年)、『アンタッチャブル』 (1987年) 、『バグジー』(1991年) 、『マレーナ』(2000年) と、合計6回アカデミー賞にノミネートされている[5]。日本でも、2003年NHK大河ドラマ武蔵 MUSASHI』の音楽を担当している[6]

2007年第79回アカデミー賞において名誉賞を受賞した[7][8]

2016年、『ヘイトフル・エイト』の音楽で第88回アカデミー賞 作曲賞を受賞した[9][8]

2019年、旭日小綬章受章[10][11]

人物[編集]

早めに就寝し、午前4時には起きて、朝に運動や作曲を行うという生活習慣を採っている[12]

愛妻家として知られ、2007年にアカデミー賞特別功労賞を受賞した際には、壇上で「このオスカーを、大いなる献身と愛情を持って、長年自分のそばに常にいてくれた妻のマリアに捧げたい。マリア、君への想いは変わらない」と、愛妻マリア夫人に感謝の言葉を捧げている[13]

チョコレートが好きで一時体重が86キロあったが、食べる量を減らし、家の中を走り回って72キロにまで減らした。ここまで減らしたのだからたまにまたチョコレートくらい食べてもいいのではないかとは思っているが妻に怒られるので内緒で食べることにしている[14]

マカロニ・ウェスタンやジャッロなど暴力や流血描写が多い映画への音楽提供で名高いが、モリコーネ本人は過度な流血描写を嫌悪すると語っている。セルジオ・レオーネ監督の『荒野の用心棒』に対しては公開当時から現在まで一貫して俗悪な映画であると考えており[15]、モリコーネの音楽を使用したクェンティン・タランティーノの映画『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012年)に対しても「正直言って好きな映画ではない。流血ばかりで」と語っている[16]ピエル・パオロ・パゾリーニ監督は、残酷描写の多い『ソドムの市』(1975年)の音楽をモリコーネに依頼した時、試写でショッキングな描写を一切モリコーネに見せなかった。モリコーネはこの配慮に感銘を受け、現在もパゾリーニに対して変わらぬ友情の念を抱いていると語っている[15]

政治的には穏健な立場ではあるが、一貫して左翼を支持している。支持政党はイタリア社会党であり、最も偉大なイタリアの政治家として毀誉褒貶の多い人物であると認めながら、イタリア社会党の書記長を務めたベッティーノ・クラクシの名を挙げている。現在の政治家で評価できる人物として、いずれも左派に属するワルテル・ヴェルトローニフランチェスコ・ルテッリピエル・ルイジ・ベルサーニを挙げている[15]

主な作品[編集]

映画音楽[編集]

テレビ番組[編集]

純器楽作品[編集]

  • 「ピアノ独奏のための四つの練習曲」 ツェルボーニ社

受賞歴[編集]

部門 作品 結果
ナストロ・ダルジェント賞 1965年 作曲賞 荒野の用心棒 受賞
1970年 『ある夕食のテーブル』 受賞
1972年 死刑台のメロディ 受賞
1985年 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 受賞
1988年 アンタッチャブル 受賞
2000年 Canone inverso - Making Love ノミネート
2001年 マレーナ 受賞
2007年 題名のない子守唄 受賞
2013年 鑑定士と顔のない依頼人 受賞
アカデミー賞 1978年 作曲賞 天国の日々 ノミネート
1986年 ミッション ノミネート
1987年 『アンタッチャブル』 ノミネート
1991年 バグジー ノミネート
2000年 『マレーナ』 ノミネート
2006年 名誉賞 - 受賞
2015年 作曲賞 ヘイトフル・エイト 受賞
英国アカデミー賞 1979年 作曲賞 『天国の日々』 受賞
1984年 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 受賞
1986年 『ミッション』 受賞
1987年 『アンタッチャブル』 受賞
1990年 ニュー・シネマ・パラダイス 受賞
2015年 『ヘイトフル・エイト』 受賞
セザール賞 1980年 音楽賞 I as in Icarus ノミネート
1982年 『プロフェッショナル』 ノミネート
2016年 『ブラックボード 戦火を生きて』 ノミネート
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 1981年 作曲賞 Bianco, rosso e Verdone ノミネート
1988年 『フェラーラ物語/「金縁の眼鏡」より』 受賞
1989年 『ニュー・シネマ・パラダイス』 受賞
1991年 みんな元気 受賞
1993年 鯨の中のジョナ 受賞
1993年 The Escort ノミネート
1996年 明日を夢見て ノミネート
1999年 海の上のピアニスト 受賞
2000年 Canone inverso - Making Love 受賞
2001年 『マレーナ』 ノミネート
2006年 『題名のない子守唄』 受賞
2006年 50周年記念功労賞 - 受賞
2010年 作曲賞 シチリア!シチリア! 受賞
2013年 『鑑定士と顔のない依頼人』 受賞
2016年 『ある天文学者の恋文』 ノミネート
ゴールデングローブ賞 1984年 作曲賞 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 ノミネート
1986年 『ミッション』 受賞
1987年 『アンタッチャブル』 ノミネート
1989年 カジュアリティーズ ノミネート
1991年 『バグジー』 ノミネート
1999年 『海の上のピアニスト』 受賞
2000年 『マレーナ』 ノミネート
2015年 『ヘイトフル・エイト』 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 1984年 音楽賞 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 受賞
2001年 生涯功労賞 - 受賞
イタリア・ゴールデングローブ賞イタリア語版 1993年 作曲賞 Il lungo silenzio 受賞
2010年 『シチリア!シチリア!』 受賞
ロカルノ国際映画祭 1989年 名誉豹賞 - 受賞
ヴェネツィア国際映画祭 1995年 栄誉金獅子賞 - 受賞
ヨーロッパ映画賞 1999年 生涯貢献賞 - 受賞
2005年 作曲賞 『フェイトレス ~運命ではなく~』 ノミネート
2013年 『鑑定士と顔のない依頼人』 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2000年 功労賞 - 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 2015年 特別賞 - 受賞
放送映画批評家協会賞 2015年 作曲賞 『ヘイトフル・エイト』 受賞
シカゴ映画批評家協会賞 2015年 作曲賞 『ヘイトフル・エイト』 受賞
オースティン映画批評家協会賞 2015年 作曲賞 『ヘイトフル・エイト』 受賞
ヒューストン映画批評家協会賞 2015年 作曲賞 『ヘイトフル・エイト』 受賞

脚注[編集]

  1. ^ a b c Ennio Morricone - Sito Ufficiale - Biografia”. Discord. 2014年1月19日閲覧。
  2. ^ Ennio Morricone | Biography | AllMusic”. AllMusic. 2014年1月19日閲覧。
  3. ^ Ennio Morricone - Biography - IMDb”. IMDb. 2014年1月19日閲覧。
  4. ^ Ennio Morricone | Awards | AllMusic”. AllMusic. 2014年1月19日閲覧。
  5. ^ Ennio Morricone - Awards - IMDb”. IMDb. 2014年1月19日閲覧。
  6. ^ 大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」”. NHK. 2019年11月16日閲覧。
  7. ^ “Ennio Morricone to receive honorary Oscar in 2007”. Screen Daily. (2006年12月14日). https://www.screendaily.com/ennio-morricone-to-receive-honorary-oscar-in-2007/4029949.article 2019年11月16日閲覧。 
  8. ^ a b 外部リンクに映像
  9. ^ “タランティーノ監督最新作『ヘイトフル・エイト』巨匠エンニオ・モリコーネがアカデミー賞®作曲賞受賞”. TimeWarp. (2016年2月29日). オリジナルの2016年3月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160306234211/http://timewarp.jp/movie/2016/02/29/78989/ 2019年11月16日閲覧。 
  10. ^ 『官報』14号、令和元年5月21日
  11. ^ 令和元年 春の外国人叙勲(エンニオ・モリコーネ氏)”. 在イタリア日本国大使館 (2019年5月21日). 2019年5月24日閲覧。
  12. ^ Ennio Morricone to Delight Sofia Audience - Novinite.com - Sofia News Agency”. Novinite.com (Sofia News Agency). 2014年1月19日閲覧。
  13. ^ アカデミー賞公式ホームページ
  14. ^ “Ennio Morricone wird 85: Kojotengeheul, in Noten übertragen”. Berliner Zeitung. (2013年11月8日). オリジナルの2015年1月19日時点によるアーカイブ。. http://archive.md/3BSuV 2019年11月16日閲覧。 
  15. ^ a b c 「エンニオ・モリコーネ、自身を語る」 エンニオ・モリコーネ、アントニオ・モンダ 邦訳は河出書房新社。
  16. ^ “タランティーノとは仕事したくない!映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネが告白”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年3月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0051226 2019年11月16日閲覧。 

外部リンク[編集]