狼の挽歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
狼の挽歌
Città violenta
監督 セルジオ・ソリーマ
脚本 リナ・ウェルトミューラー
セルジオ・ソリーマ
ジャンフランコ・カリガリッチ
原案 マッシモ・デ・リタ
製作 アリゴ・コロンボ
ジョルジオ・パピ
出演者 チャールズ・ブロンソン
ジル・アイアランド
テリー・サバラス
ウンベルト・オルシーニ
ミシェル・コンスタンタン
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 アルド・トンティ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 イタリアの旗 1970年9月17日
日本の旗 1970年12月19日
上映時間 100分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
英語
テンプレートを表示

狼の挽歌』(おおかみのばんか、原題:Città violenta 英題はViolent City 米題はThe Family)は、1970年公開のイタリア映画セルジオ・ソリーマ監督、チャールズ・ブロンソン主演の犯罪アクション映画。音楽はエンニオ・モリコーネ

ストーリー[編集]

プロの殺し屋ジェフ・ヘストン(チャールズ・ブロンソン)と、愛人ヴァネッサ(ジル・アイアランド)は、ヴァージン諸島で休暇中、何者かに追跡される。ジェフは撃たれ、警察に捕まる。ヴァネッサは、ジェフを撃った男によって連れ去られる。弁護士スティーブ(ウンベルト・オルシーニ)の助けで放免されたジェフは、自分を襲った組織とヴァネッサの行方を追いニューオリンズに向かう。ジェフは元相棒キレイン(ミシェル・コンスタンタン)の助けでヴァネッサの居所を突き止めるが、彼女は表は大企業主、裏は犯罪組織のボス・ウェーバー(テリー・サバラス)の愛人となっており、ウェーバーはジェフの狙撃の証拠写真を元に、組織に入るように脅す。一匹狼のジェフはこれを断り、再びヴァネッサと逃げるが、ウェーバーの雇った殺し屋に追われる。ヴァネッサの協力を得てウェーバーを倒したジェフだったが、彼を裏切り、利用していたのは意外な者たちだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
NET TBS
ジェフ・ヘストン チャールズ・ブロンソン 大塚周夫
ウェーバー テリー・サバラス 大平透 森山周一郎
ヴァネッサ ジル・アイアランド 武藤礼子 弥永和子
スティーブ ウンベルト・オルシーニ 羽佐間道夫 堀勝之祐
キレイン ミシェル・コンスタンタン 小林清志 加藤精三
クーガン 細井重之 多田幸男
クーガンの伯父 真木恭介 石井敏郎
コモ 木原征二郎 玄田哲章
スキーニ 相模太郎 郷里大輔
殺し屋 仲木隆司 広瀬正志
老婦人 沢田敏子 みきさちこ
トム 桑原たけし 田原アルノ
牢の若者 徳丸完 大塚芳忠
牢の老人 上田敏也 石森達幸
空港の男 たてかべ和也
アナウンサー 篠原大作
(日本語版スタッフ) 演出:山田悦司
翻訳:進藤光太
担当:植木明
制作:グロービジョン
解説:淀川長治
演出:水本完
翻訳:宇津木道子
担当:熊谷国雄
制作:ザック・プロモーション
解説:荻昌弘

エピソード[編集]

  • 車幅ぎりぎりの曲がりくねった道を使った、フォード・マスタングによるカー・チェイスは、同時代の有名なブリットフレンチ・コネクションのカー・チェイスに劣らないと論評されている[1]
  • 日本でのテレビ放送時に、最後のガラス張りエレベーターの狙撃シーンに、ジル・アイアランドなどの吹替音声が入っているが、オリジナル版ではガラスを銃弾が打ち抜く音と外の風の音だけで、ほとんど無音にする事により緊張感を演出している。

脚注[編集]

  1. ^ slantmagazine.com, Film Review "Violent City" [1]

外部リンク[編集]