ミシェル・コンスタンタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミシェル・コンスタンタン
Michel Constantin
本名 Constantin Hokhloff[1]
生年月日 (1924-07-13) 1924年7月13日
没年月日 (2003-08-29) 2003年8月29日(79歳没)
出生地 フランスの旗 フランスパリ[1]
死没地 フランスの旗 フランスドラギニャン[1]
テンプレートを表示

ミシェル・コンスタンタン: Michel Constantin1924年7月13日 - 2003年8月29日[1])は、フランスパリ出身の俳優である[1]

概要[編集]

イタリア出身の映画監督ジョゼ・ジョヴァンニ監督作品、原作作品の常連。仁義に熱い男気溢れる役を得意とした。

勝負をつけろ」と「ラ・スクムーン」は同じジョゼ・ジョヴァンニの同名小説『ひとり狼(原題:L'Excommunié)』が原作であり、主演も同じくジャン=ポール・ベルモンドであり、同じくコンスタンタンも出演した珍しい例である。

出演した代表作の一つである1976年ボー・スヴェンソン(日本映画の「復活の日」などに出演)が主演の地獄のバスターズ日本未公開)は、クエンティン・タランティーノのお気に入り作品の一つで同監督作品「イングロリアス・バスターズ」の元ネタの一つである。またボー・スヴェンソン自身も「イングロリアス・バスターズ」に出演している[2]

出演作品が日本未公開な作品が多く、ジョヴァンニ原作のリノ・ヴァンチュラ主演のジャン=ピエール・メルヴィル監督作品「ギャング」は日本公開されたものの日本独自に30分もカットされており、やはり日本においてコンスタンタンの出演作品は不遇であると見られる(古山敏幸の「映画伝説ジャン=ピエール・メルヴィル」を参考)。

出演作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Michel Constantin - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  2. ^ 小田克也 (2009年11月24日). “ラストまでスリリング 連合軍の秘密部隊が暗躍 『イングロリアス・バスターズ』”. 東京新聞

外部リンク[編集]