ジャン=ピエール・メルヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャン=ピエール・メルヴィル
Jean-Pierre Melville
本名 Jean-Pierre Grumbach
生年月日 (1917-10-20) 1917年10月20日
没年月日 (1973-08-02) 1973年8月2日(55歳没)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
職業 映画監督脚本家俳優
ジャンル 映画

ジャン=ピエール・メルヴィルJean-Pierre Melville、本名Jean-Pierre Grumbach1917年10月20日 - 1973年8月2日)は、フランスパリ出身の映画監督脚本家。本名はジャン=ピエール・グランバック。メルヴィルはペンネームであり、小説家ハーマン・メルヴィルから姓を取った。「ヌーヴェルヴァーグの精神的父親」と呼ばれる映画作家のひとりとして知られる。

来歴・人物[編集]

アルザスにルーツを持つユダヤ人家庭に生まれる。第二次世界大戦に従軍の後、1946年に自分のプロダクションを立ち上げ、自主制作で映画を作り始める。初の長編映画である『海の沈黙』を見て感銘を受けたジャン・コクトーから、自身の小説『恐るべき子供たち』の映画化に際して、脚本・演出を依頼された。また、撮影所のシステムから抜け出たインディペンデントシステムと、長年コンビを組んだカメラマンのアンリ・ドカエによる自然光を取り入れた映像は、後のヌーヴェルヴァーグの作家に大きな影響を与えた。フランスにおけるフィルム・ノワールに独自の洗練を重ねてゆき、自身の第二次大戦中のレジスタンス活動の経験を反映させた『影の軍隊』などの戦争映画にもその作風は活かされている。

フランス国内だけではなくサム・ペキンパークエンティン・タランティーノマーティン・スコセッシジョン・ウージョニー・トー北野武松田優作小林政広といった監督たちの作品にも多大な影響を与えた[1][2][3]

フィルモグラフィー[編集]

監督作品[編集]

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ジャン=ピエール・メルヴィル特集」上映作品一覧!公開日時と劇場は https://cinemarche.net/drama/jean-pierre-melville/
  2. ^ 犯罪映画の名匠、ジャン=ピエール・メルヴィルを訪ねてーー北野武や小林政広に与えた影響とは? https://realsound.jp/movie/2017/11/post-130570.html
  3. ^ https://realsound.jp/movie/2017/11/post-130570_2.html

日本語文献[編集]

外部リンク[編集]