勝手にしやがれ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勝手にしやがれ
À bout de souffle
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
原案 フランソワ・トリュフォー
製作 ジョルジュ・ド・ボールガール
出演者 ジャン=ポール・ベルモンド
ジーン・セバーグ
音楽 マルシャル・ソラル
撮影 ラウール・クタール
編集 セシル・ドキュジスフランス語版
リラ・ハーマン
製作会社 SNCフランス語版
インペリア・フィルム
ジョルジュ・ド・ボールガール・プロダクション
配給 フランスの旗 SNC
日本の旗 新外映配給
公開 フランスの旗 1960年3月16日
日本の旗 1960年3月26日
上映時間 90分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
英語
製作費 400,000[1]
(≒€69,000[2]
テンプレートを表示

勝手にしやがれ』(かってにしやがれ、À bout de souffle)は、1960年フランス犯罪ドラマ映画。 監督・脚本はジャン=リュック・ゴダール、出演はジャン=ポール・ベルモンドジーン・セバーグなど。

概要[編集]

ヌーベルバーグの記念碑的作品であり[3]フランソワ・トリュフォーが原案、クロード・シャブロルが監修、ジャン=リュック・ゴダールが監督・脚本を務めた。ゴダールにとっては初の長編映画である。

原題の「À bout de souffle」は、「息せき切って」という程度の意味である[4][5]。邦題は、初公開時の配給元である新外映に当時勤務していた秦早穂子が当作の買い付けを決定すると共に命名したとされている[6]一方で、公開前年に川内康範が発表した小説の題を新外映が使用許可を買い取り流用したとの説もある。沢田研二の代表曲である同名楽曲は、当作の題が元になっている[7]

ストーリー[編集]

ハンフリー・ボガートを崇めるミシェルは、マルセイユで自動車を盗み、追ってきた警察官を射殺する。パリに着いたものの文無しで警察からも追われているミシェルは、アメリカ人のガールフレンド、パトリシアと行動を共にする。だが、ミシェルが警察に追われる身であることを知ってしまうパトリシア。パトリシアは、パリで地歩を固めたい駆け出しの記者・ライターであり、ミシェルはどちらかと言うとフランスにいることに執着がない。

やがて一緒に逃げることを断念したパトリシアが警察に通報してしまう。劇中も何度か出てきた「最低」という言葉を最後にミシェルが言う。「君は本当に最低だ」と、かすれ声で言われたその言葉が訊きとれず、パトリシアは「彼はなんて言ったの?」と刑事にたずねると、「あなたは本当に最低だと彼は申していました」と伝えられる。パトリシアは「最低ってなに?」と訊き返す。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1969年6月28日 NETテレビ土曜映画劇場』)

カメオ出演[編集]

受賞[編集]

ランキング[編集]

  • 「映画史上最高の作品ベストテン」(英国映画協会『Sight&Sound』誌発表)
    • 1992年:「映画批評家が選ぶベストテン」第17位
    • 2002年:「映画批評家が選ぶベストテン」第15位
    • 2002年:「映画監督が選ぶベストテン」第31位
    • 2012年:「映画批評家が選ぶベストテン」第13位
    • 2012年:「映画監督が選ぶベストテン」第11位
  • 2008年:「史上最高の映画100本」(仏『カイエ・デュ・シネマ』誌発表)第65位
  • 2010年:「史上最高の外国語映画100本」(英『エンパイア』誌発表)第75位
  • 2010年:「エッセンシャル100」(トロント国際映画祭発表)第18位

以下は日本でのランキング

  • 1980年:「外国映画史上ベストテン(キネマ旬報戦後復刊800号記念)」(キネマ旬報発表)第10位
  • 1988年:「大アンケートによる洋画ベスト150」(文藝春秋発表)第28位
  • 1989年:「外国映画史上ベストテン(キネ旬戦後復刊1000号記念)」(キネ旬発表)第5位
  • 1995年:「オールタイムベストテン・世界映画編」(キネ旬発表)第15位
  • 1999年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・外国映画編(キネ旬創刊80周年記念)」(キネ旬発表)第13位
  • 2009年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・外国映画編(キネ旬創刊90周年記念)」(キネ旬発表)第5位

出典[編集]

  1. ^ “Film - 10 histoires incroyables sur A BOUT DE SOUFFLE” (フランス語). Followatch. (2014年1月15日). オリジナルの2016年10月13日時点におけるアーカイブ。. http://archive.wikiwix.com/cache/index2.php?url=http%3A%2F%2Ffollowatch.fr%2F10-histoires-incroyables-sur-a-bout-de-souffle%2F 2021年9月16日閲覧。 
  2. ^ A bout de souffle (1960)” (フランス語). JPBox-Office. 2021年9月16日閲覧。
  3. ^ 勝手にしやがれ - 映画.com
  4. ^ (シネマ三面鏡)アルファベットの邦題、ついに”. 朝日新聞デジタル (2021年9月17日). 2021年9月19日閲覧。
  5. ^ 1983年にアメリカでつくられたリメイク版は仏タイトルのほぼ直訳の『ブレスレス英語版』になっている。
  6. ^ 秦早穂子 (2021年9月10日). “「勝手にしやがれ」あの夏の衝撃 ジャンポール・ベルモンドの訃報に寄せて”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/DA3S15038911.html 2022年1月16日閲覧。 
  7. ^ 勝手にしやがれとは”. コトバンク. 2021年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]