サムライ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サムライ
Le Samouraï
監督 ジャン=ピエール・メルヴィル
脚本 ジャン=ピエール・メルヴィル
原作 アゴアン・マクレオ
製作 ジョルジュ・カサティ
出演者 アラン・ドロン
音楽 フランソワ・ド・ルーベ
撮影 アンリ・ドカエ
配給 日本ヘラルド
公開 フランスの旗 1967年10月25日
日本の旗 1968年3月16日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
興行収入 イタリアの旗ITL132,700,000(1969年)[1]
テンプレートを表示

サムライ』(原題:Le Samouraï)は、1967年制作のフレンチ・フィルム・ノワールアラン・ドロンを思わせる暗殺者を演じ、後世の多くの作品に影響を与えた。また、ナタリー・ドロンの映画デビュー作品でもある。

あらすじ[編集]

ジェフ・コステロは一匹狼の暗殺者である。多額の報酬をもらい、恋人のコールガール・ジャーヌにアリバイを頼んだうえで依頼された暗殺を実行していた。

ある日、いつものように暗殺を実行したジェフは退散する途中、歌手のヴァレリーに顔を見られてしまう。これで警察にマークされる事となってしまったジェフは命を狙われるはめになる。

そんな中、ジェフは新たな殺しの依頼を受けるが、そのターゲットはヴァレリーだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TBS NET テレビ東京
ジェフ・コステロ アラン・ドロン 堀勝之祐 野沢那智
警部 フランソワ・ペリエ 近石真介 森山周一郎 阪脩
ジャーヌ ナタリー・ドロン 武藤礼子 平井道子 鈴木弘子
ヴァレリー カティ・ロシェ 今井和子 鈴木弘子 池田昌子
ウィーナー ミシェル・ボワロン 杉田俊也 小関一
殺し屋 ジャック・ルロワ 市川治 宮下勝

・TBS版:初回放送1971年7月5日月曜ロードショー
・NET版:初回放送1975年4月26日日曜洋画劇場
・テレビ東京版:初回放送1978年10月26日木曜洋画劇場』(本編約87分)(Blu-ray収録)

影響を与えた作品[編集]

影響を与えた作品の補足[編集]

  • 北野武作品においては『ソナチネ』のみならず初期作品の多くに歩くシーンが多いやセリフが少ない、唐突に訪れるリアルな暴力や死、省略演出の多用など『サムライ』を始めとするメルヴィルからの影響を強く受けいる。ただし『ソナチネ』は初期タイトルが「沖縄ピエロ」と題されていたことからわかるように『サムライ』以上にジャン・リュック・ゴダールの『気狂いピエロ』の影響が強いと思われる[2]
  • 映画ではないが阿久悠作詞の沢田研二サムライも今作に影響を強く受けた作品である。

脚注[編集]

  1. ^ Le samouraï (1967) - Box office - business
  2. ^ 町山智浩柳下毅一郎の共著『FBBの映画欠席裁判2』(洋泉社)『TAKESHIS'』の評や町山智浩「映画ムダ話でゴダールの『気狂いピエロ』」

外部リンク[編集]