ラルフ・バーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラルフ・バーンズ
Ralph Burns
Ralph Burns crop (William P. Gottlieb 00911).jpg
1947年撮影
基本情報
出生名 Ralph Jose P. Burns
生誕 (1922-06-29) 1922年6月29日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ニュートン
死没 (2001-11-21) 2001年11月21日(79歳没)アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
ジャンル ジャズ映画・テレビドラマ音楽
職業 作曲家、編曲家
担当楽器 ピアノ

ラルフ・バーンズRalph Jose P. Burns1922年6月29日[1] - 2001年11月21日)は、アメリカ合衆国作曲家編曲家

来歴[編集]

マサチューセッツ州ニュートン出身[1][2][3][4][5]ニューイングランド音楽院に学ぶ[3][4][5]

その後ニューヨークに移り、1940年代前半からウディ・ハーマン楽団に曲を提供し、ピアニスト兼編曲家として活動[3][1][4][5]、中でもスタン・ゲッツをフィーチャーした1947年の「サマー・シーケンス」は、「クール・ジャズ至上の名演」として特に知られている[1][3][2][4][5]

ジャズ・ピアニストとして活動のほか、映画音楽の作曲・編曲も手がけ、1972年の映画『キャバレー』と1979年の映画『オール・ザット・ジャズ』でアカデミー作曲賞(編曲・歌曲賞部門)を2回受賞した[1][3][4]。1999年のミュージカル『フォッシー』で第53回トニー賞編曲賞を受賞した[1][3][4][5]

2001年11月21日ロサンゼルスで79歳で死去[1][3][4][5]

主なディスコグラフィー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “Ralph Burns”. The Independent. (2001年11月28日). https://www.independent.co.uk/incoming/ralph-burns-9194197.html 2022年2月1日閲覧。 
  2. ^ a b Colin Larkin, ed (2002). The Virgin Encyclopedia of Fifties Music (Third ed.). Virgin Books. p. 56. ISBN 1-85227-937-0 
  3. ^ a b c d e f g “Ralph Burns, 79; Jazz Pianist, Noted Arranger”. Los Angeles Times. (2001年11月22日). https://www.latimes.com/archives/la-xpm-2001-nov-22-me-7165-story.html 2022年2月1日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g “Ralph Burns, 79, an Arranger and Composer From Big Bands to Broadway”. The New York Times. (2001年11月28日). オリジナルの2021年5月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210507142609/https://www.nytimes.com/2001/11/28/arts/ralph-burns-79-an-arranger-and-composer-from-big-bands-to-broadway.html 2021年5月7日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f “Obituary: Ralph Burns”. The Guardian. (2001年11月28日). オリジナルの2017年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170304050012/https://www.theguardian.com/news/2001/nov/29/guardianobituaries1 2017年3月4日閲覧。 

外部リンク[編集]