ジョン・ウィリアムズ (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・ウィリアムズ
John Williams
John Williams tux.jpg
基本情報
出生名 ジョン・タウナー・ウィリアムズ
John Towner Williams
生誕 (1932-02-08) 1932年2月8日(88歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル 映画音楽現代音楽ポスト・ロマン主義ジャズ
職業 作曲家編曲家指揮者
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1952年 -
共同作業者 ボストン・ポップス・オーケストラ

ジョン・ウィリアムズ(John Williams、1932年2月8日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の作曲家指揮者ピアニスト。これまでにグラミー賞25回、英国アカデミー賞7回、アカデミー賞5回、ゴールデングローブ賞4回を受賞している。アカデミー賞には52回ノミネートされており、ウォルト・ディズニーに次いで2番目に多い[1]AFIは『スター・ウォーズ』でのウィリアムズの音楽を、史上最高の映画音楽に選出した。また、アメリカ議会図書館は、「文化的、歴史的、美学的に重要なもの」として、『スター・ウォーズ』のサウンドトラックを国家保存重要録音登録制度に登録した[2]

これまでに『スター・ウォーズ』、『シンドラーのリスト』、『未知との遭遇』、『スーパーマン』、『E.T.』、『インディ・ジョーンズ』、『ホーム・アローン』、『ジョーズ』、『ジュラシック・パーク』、『ハリー・ポッター』などの多くの映画音楽を作曲しており[3]アメリカの興行収入(インフレ調整後)上位25作品のうち8作品を作曲している[4]。また、オーケストラアンサンブル協奏曲やその他の作品も数多く作曲してきた。1980年から1993年までボストン・ポップスの首席指揮者を務め、ボストン・ポップスの名誉指揮者でもある。1974年からはスティーヴン・スピルバーグ監督とも交流があり、彼の長編映画のうち5作品を除くすべての作品の音楽を作曲している。他には、1984年ロサンゼルスオリンピック、テレビシリーズ『宇宙家族ロビンソン』や『巨人の惑星』などのテーマ音楽がある。2000年にハリウッド・ボウルの殿堂入りを果たし、2004年にはケネディ・センター名誉賞、2016年にはAFI生涯功労賞を受賞している。彼の作品は、他の映画作曲家や現代のクラシック音楽やポピュラー音楽にも大きな影響を与えている[5]

来歴[編集]

ニューヨーク・フラッシング地区生まれ。1948年にロサンゼルスへ一家で引っ越す。ノース・ハリウッド高校を卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で亡命ユダヤ系イタリア人作曲家のカステルヌオーヴォ=テデスコに師事。1952年にアメリカ空軍に徴兵される。アメリカ空軍では音楽隊に所属し編曲指揮を担当。1955年に兵役を終えジュリアード音楽院ピアノ科へ進学し、ロジーナ・レヴィーンに師事。在学時よりジャズピアニストとして活動。

ブレイク・エドワーズ監督のテレビシリーズ『ピーター・ガン』(1958年)のサウンドトラック(ヘンリー・マンシーニ作曲)にピアニストとして参加。1965年から編曲家・オーケストレーターのハーバート・W・スペンサー英語版との共同作業を開始し、そのコラボレーションは1992年にスペンサーが亡くなるまで続いた。大学時代にテデスコの許でオーケストレーションを含む様々な作曲法を勉強し、コラボレーションに頼らずとも作品を完成させることが出来たが、ハリウッド映画産業の慣例で作曲家組合、編曲家組合のそれぞれの組合員の仕事の範疇が厳格に規定されているためそれに従った。

アーウィン・アレン監督のテレビシリーズ『宇宙家族ロビンソン』(1965年)、『タイムトンネル』や映画『チップス先生さようなら』(1969年)、『屋根の上のバイオリン弾き』(1971年、アカデミー編曲賞)、『ポセイドン・アドベンチャー』(1972年)等の音楽担当として注目され、スティーヴン・スピルバーグ監督の『ジョーズ』(1975年)の音楽がアカデミー作曲賞を受賞。名実ともに映画音楽の第一人者となる。一連のスピルバーグ作品、『スター・ウォーズシリーズ』、後述するオリンピックの開会式の音楽が知られる。これらの作品は映画音楽を題材としたドキュメンタリー映画『すばらしき映画音楽たち』でも取り上げられた[6][7][8]

指揮者としては、アーサー・フィードラーの死後、空席となっていたボストン・ポップス・オーケストラ指揮者1980年から1993年まで務め、退任後も名誉指揮者としてたびたび指揮台に立っている。同オーケストラを指揮したホルストの『惑星』やガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』、自作の映画音楽など多数の録音がある。

楽譜出版[編集]

米国のハル・レナード社(Hal Leonard)から「ジョン・ウィリアムズ・シグネチャー」のシリーズ名でスコア+パート譜が多数発売されている。スピルバーグ作品やスター・ウォーズ全9作をはじめとする映画音楽はコンサート用にアレンジされたもので、オーケストラ版と吹奏楽用アレンジが選べる作品も並ぶ。映画音楽をオーケストラで演奏したい場合、複雑な手続きを経て映画会社のレンタル楽譜を利用するケースが多い中、まとまった量の出版が行われている例は珍しい。映画音楽の他、トランペット協奏曲、テューバ協奏曲、オリンピックのための作品も含まれている。

私生活[編集]

父のジョニー・ウイリアムズはジャズ奏者で、レイモンド・スコット・クインテットでドラムパーカッションを担当していた。TOTOのメンバーで、ポピュラー作曲家、ボーカリストジョセフ・ウィリアムズと、ワールド・トレイドのメンバーなどで知られるドラマーのマーク・T・ウィリアムズは、どちらも息子である。

1956年に女優のバーバラ・リュイック英語版と結婚。バーバラとの間に2男1女を儲けるが、1974年3月、バーバラは映画撮影中に死去。1980年7月に2番目の妻と再婚した。

受賞歴[編集]

作品一覧[編集]

映画音楽[編集]

オリンピックにおけるテーマ曲[編集]

1984年ロサンゼルスオリンピック以降、計3回行われているアメリカでのオリンピックで楽曲を提供している。

管弦楽曲[編集]

  • 『リバティ・ファンファーレ』(Liberty Fanfare)
  • 『オリンピック・スピリット』(The Olympic Spirit)[10]
  • 『雅の鐘』(Sound the Bells!)[11]

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番(1966)

協奏曲[編集]

  • ヴァイオリン協奏曲(1974)
  • フルート協奏曲(1980)
  • トランペット協奏曲
  • チューバ協奏曲(1985)
  • オーボエ協奏曲(ボストン交響楽団副首席奏者、若尾圭介に献呈)
  • チェロ協奏曲(1994)
  • ファゴット協奏曲 "Five Sacred Trees" (1995)
  • ハイウッドの幽霊 チェロ、ハープ、オーケストラの遭遇(2018)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Gray, Tim (2015年10月8日). “John Williams Tapped for 44th AFI Life Achievement Award” (英語). Variety. 2020年8月16日閲覧。
  2. ^ Star Wars Score Named To National Recording Register”. www.filmbuffonline.com. 2020年8月16日閲覧。
  3. ^ ジョン・ウィリアムズ : 関連作品(映画)” (日本語). 映画.com. 2020年8月16日閲覧。
  4. ^ Figure 5.1. Disposable income by sector, gross and gross adjusted”. dx.doi.org. 2020年8月16日閲覧。
  5. ^ Caschetto, Maurizio (2020年6月9日). “Legacy Conversations: Marcus Paus” (英語). The Legacy of John Williams. 2020年8月16日閲覧。
  6. ^ 市川遥 (2017年7月28日). “『E.T.』『007』映画史に輝く名曲誕生の秘密に迫る!音楽ドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』予告編”. シネマトゥデイ. 2017年10月9日閲覧。
  7. ^ 伊藤隆剛 (2017年8月9日). “【映画を聴く】鳥肌モノの素晴らしさ! あの名曲が生まれた瞬間を追体験”. ムビコレ. p. 前編. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  8. ^ スピルバーグとのコラボレーションは21世紀に入っても続いているが、制作のペースにスケジュールや健康面で追い付けず、2015年の『ブリッジ・オブ・スパイ』と2018年の『レディ・プレイヤー1』で参加を辞退した。
  9. ^ “新「スター・ウォーズ」音楽にジョン・ウィリアムズが正式復帰!”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2013年7月30日). http://eiga.com/news/20130730/5/ 2014年2月3日閲覧。 
  10. ^ 1988年のソウルオリンピックの際にNBCの番組のために提供。
  11. ^ 日本の寺院の鐘の音に着想を得て金管楽器と打楽器のために作曲した作品を1993年のボストンポップス日本ツアーに際し徳仁親王の結婚を祝う曲として管弦楽に編曲した作品。ミュージックエイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]