オビ=ワン・ケノービ (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オビ=ワン・ケノービ
Obi-Wan Kenobi
ジャンル
  • アクション
  • SF
  • 冒険
原作 ジョージ・ルーカス
『スター・ウォーズ』
監督 デボラ・チョウ
出演者
テーマ曲作者 ジョン・ウィリアムズ
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作
製作総指揮
撮影監督 チョン・ジョンフン
製作 ルーカスフィルム
公式ウェブサイト
配信
配信サイトDisney+
映像形式4K (Ultra HD)
配信期間2022年5月27日 (2022-05-27) - 2022年6月22日 (2022-6-22)
テンプレートを表示

オビ=ワン・ケノービ』(原題:Obi-Wan Kenobi)は、ストリーミングサービスであるDisney+のために制作された、アメリカ合衆国のテレビミニシリーズで、スター・ウォーズにおける同名キャラクターを主人公としている。シリーズ6作目/エピソード3の『シスの復讐』(2005年)から10年後を舞台に、ジョビー・ハロルド英語版が脚本を担当し、デボラ・チョウが監督を務める。

ユアン・マクレガーが製作総指揮と主演を務め、『スター・ウォーズ』新三部作に引き続きタイトルロールのオビ=ワンを演じる。ヘイデン・クリステンセンジョエル・エドガートンボニー・ピエスも新三部作で演じた役を再び演じる。このプロジェクトは、ホセイン・アミニが脚本を執筆し、スティーブン・ダルドリーが監督を務めるスピンオフ映画の企画としてスタートしたが、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年)の興行的失敗を受けて、ホセインがリミテッドシリーズとして作り直したものである。2019年8月にユアンの主演が決定し、その1カ月後にデボラが監督に起用された。2020年7月に製作開始予定だったが、ルーカスフィルムがシリーズの脚本に不満を持っていたため、2020年1月にシリーズは無期限保留となった。2020年4月にシリーズの脚本を手直しするためにジョビーが起用され、2021年3月に追加キャスティングが発表された。撮影は2021年5月までにロサンゼルスで、ステージクラフト英語版ビデオ・ウォール英語版技術を使用して始まり、同年9月までに終了した。

『オビ=ワン・ケノービ』は2022年5月27日に配信され、全6話で構成されている[1][2][3]

概要[編集]

本シリーズは、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年)から10年後、タトゥイーンルーク・スカイウォーカーを見守るオビ=ワン・ケノービから始まり、主人公を「騒々しい冒険」へといざなうものである[4][5]。かつて新三部作でオビ=ワンの若い頃を演じたユアンは、旧三部作においてアレック・ギネスが演じたオビ=ワンと同時代のオビ=ワンを演じることに興奮したようだった[6]

登場人物とキャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

メイン[編集]

リカーリング[編集]

ゲスト[編集]

エピソード[編集]

通算
話数
タイトル監督 [11]脚本 [11]公開日
1"パート1"デボラ・チョウJoby Harold2022年5月27日 (2022-05-27)[2][12]
オーダー66の10年後、ジェダイのほとんどは殺されている。元ジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービはタトゥイーンで「ベン」を名乗り隠れ住み、ルーク・スカイウォーカーの成長を見守る。大審問官とフィフス・ブラザーとサード・シスター(リーヴァ)がタトゥイーンでジェダイを狩る。追われたジェダイのナリはケノービに助けを求めるが拒否され、やがて見つかり処刑される。サード・シスターはケノービをあぶりだすため、オルデランからレイアを誘拐させる。レイアの養父母のベイルとブレアはレイアを救い出すようケノービに請うが断られる。後にベイルが直接タトゥイーンを訪ね、ケノービは頼みを引き受ける。
2"パート2"デボラ・チョウJoby Harold2022年5月27日 (2022-05-27)[2]
ケノービは信号を追うがダイユ―星で信号が途絶える。ジェダイを装う詐欺師のハジャに会い、裏社会の拠点を教えさせる。誘拐犯を見つけて倒し、レイアを救い出す。大審問官らはケノービがダイユ―に来たことを知って街を封鎖する。勝手にレイアの誘拐をさせたことでリーヴァ(サード・シスター)は大審問官に叱責される。リーヴァは大審問官に背いて賞金稼ぎにケノービを追わせる。追手が自分ではなくケノービを目標にしていると知り、レイアはケノービへの信頼を失うが、ケノービにフォースで救われて信頼を置く。ハジャが二人を全自動で無人の貨物港に向かわせる。リーヴァはケノービを追って貨物港に来て、死んだと思っていたダース・ベイダーが生きていると教える。大審問官も貨物港に来てケノービを逮捕しようとするが、手柄を独り占めにしたいリーヴァは彼をライトセーバーで貫く。その隙にケノービとレイアは貨物船で逃げる。宇宙のどこかで、ベイダーは再生槽で目覚める。
3"パート3"デボラ・チョウJoby Harold2022年6月1日 (2022-06-01)
4"パート4"デボラ・チョウJoby Harold2022年6月8日 (2022-06-08)
5"パート5"デボラ・チョウJoby Harold,アンドリュー・スタントン2022年6月15日 (2022-06-15)
6"パート6"デボラ・チョウJoby Harold2022年6月22日 (2022-06-22)

すべてのエピソードは、ジョビー・ハロルドが脚本を担当し、デボラ・チョウが監督している[11]

製作[編集]

企画背景[編集]

ディズニーCEOのボブ・アイガーは、2013年2月に複数の『スター・ウォーズ』に関する単体のスピンオフ映画の開発を発表した[13]。2016年8月にハリウッド・リポーター誌が行った「スピンオフ映画にふさわしいスター・ウォーズのキャラクターは誰か」という投票では、オビ=ワン・ケノービが圧倒的な1位を獲得している[14]スティーブン・ダルドリーは、2017年8月にオビ=ワンを主人公とする映画の監督として契約交渉に入ったことが報じられた。スティーブンは、ルーカスフィルムとともに、映画の企画開発と脚本の執筆を管理監督することになっていた。当時、新三部作でオビ=ワンを演じたユアン・マクレガーは、まだこのプロジェクトに参加していなかったが、かつてインタビューでオビ=ワン役を再び演じることに前向きであると語っていた[15]。その後、スティーブン・ダルドリー監督は本作の脚本執筆についてホセイン・アミニに連絡し、その結果、ホセインが2017年末頃に本プロジェクトに参加した[16]

2018年5月、本作のタイトルが『Obi-Wan: A Star Wars Story』になると報じられた。地元の農民とタスケン・レイダーとの間で緊張状態が続く中、オビ=ワンが惑星タトゥイーンで幼いルーク・スカイウォーカーを守るという筋書きであった[17]。この映画の製作は、ベルファストペイント・ホール・スタジオ英語版で撮影されていた『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終シーズン英語版の制作が2018年後半に終了した後に[18]、同スタジオで2019年から『Joshua Tree』というワーキングタイトルで北アイルランドで行われる予定だった[17][19]。しかし、ディズニーは『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年)の興行的失敗を受けて、オビ=ワン映画を含む『スター・ウォーズ』のスピンオフ映画の計画をキャンセルした。その後、ルーカスフィルムの焦点は、『マンダロリアン』などストリーミングサービス「Disney+」向けのシリーズ製作に移っていった[20]。2018年8月、ユアンはオビ=ワンのスピンオフについて「何年も何年も」訊かれ、喜んで参加すると語ったが、その時点ではそのような作品の計画はなかったと述べた。彼は、新三部作での彼自身によるオビ=ワンの描写と、旧三部作でのアレック・ギネスによる描写の間の時間経過におけるキャラクターの変化を探求することに興味を持っていた[21]

企画開発[編集]

ユアンは、2019年8月中旬までにオビ=ワン・ケノービを中心としたDisney+のテレビシリーズに出演するための交渉に入った[20]。同月後半、ディズニーのイベント「D23英語版」で、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長とユアンは、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年)の8年後を舞台にしたDisney+の新シリーズでユアンがオビ=ワン・ケノービ役を再び演じることを正式に発表した[8]。撮影は2020年7月に開始される予定で[16][22]、全6話のリミテッドシリーズ英語版の脚本は、発表の時点ですでにアミニによって書かれていた[16]。ユアンはこの発表について安堵したと述べ、オビ=ワンのスピンオフ作品への関与について4年間も嘘をついていたと明かした[23]。その1か月後、ケネディは、デボラ・チョウが監督した『マンダロリアン』のエピソードに感銘を受けたことから起用が決まったデボラが、『オビ=ワン』シリーズの監督を務めると発表した[24]

2019年11月、アミニは、オビ=ワンが友人たちやジェダイ騎士団の喪失に向き合っていることから、このシリーズの時代が魅力的であり、これにより、スター・ウォーズのフランチャイズの精神面など、アクション以外の側面を探求することができたと述べている。脚本執筆にあたり、彼は、ジョーゼフ・キャンベルの『千の顔を持つ英雄』、の歴史や文化、仏教など、スター・ウォーズの生みの親であるジョージ・ルーカスがもともと影響を受けていたものからインスピレーションを得た。アミニは、シリーズの脚本を当初の映画企画と比較し、「アクションとプロットが特に速く進むことが常に要求される」2時間映画よりも、シリーズの方がキャラクター、政治、歴史を探求することができたと述べている[16]。一方、チョウは、『マンダロリアン』での仕事が、同シリーズのエグゼクティブ・プロデューサーのジョン・ファヴローデイブ・フィローニから学ぶことができ、『オビ=ワン』シリーズのための最高のトレーニングになったと感じているとのことだった[25]

2020年1月までロンドンのパインウッド・スタジオでシリーズのプリプロダクションが進行し[26]、ユアンの相手候補の俳優によるスクリーンテストが行われていた[27]。同月末になると、制作上の問題からシリーズがキャンセルされたとの噂が流れ始めた。実際にはそうではなかったものの、シリーズは無期限で保留となり、集まったスタッフは帰国させられた[26][27]。当初のオビ=ワンとルークとの物語では、タイトルキャラクターが「ザ・チャイルド」を守る『マンダロリアン』のストーリーに似ていると伝えられ、ケネディはその脚本に不満だったと言われていた。ルーカスフィルムは、脚本を練り直すためにシリーズの新しい脚本家を探し始めたが、チョウについては引き続き監督する見込みであった[27]。脚本が書き直された後、2020年半ばに再びプリプロダクションを開始することが目標であった[26]。また、シリーズは6エピソードから4エピソードに作り替えられると報じられていたが[27]、ユアンはそのようなことはないと考えていると述べた。また、彼は、ルーカスフィルムが『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019年)の公開後、脚本に時間をかけることを決めたので、撮影は2021年1月まで延期されたが、これがシリーズの公開予定に影響を与えるとは考えていないと付け加えた[28]

2020年4月、アミニの後任としてジョビー・ハロルド英語版が脚本家として起用された[29]。同年10月、COVID-19のパンデミックのため、撮影は2021年3月まで延期された[30]。12月10日に開催されたディズニーの投資家向けイベントで、ケネディはシリーズの正式タイトルが『Obi-Wan Kenobi』であることを発表し、デボラ・チョウが監督を務めることを認めた[4]。2021年2月、ユアンは、同シリーズの撮影が、これまで報じられていたロンドンや英国リンカーンシャー州ボストンではなく、ロサンゼルスで行われることを明らかにした[31][32]。同シリーズは、全6エピソードから構成され、ケネディ、ミシェル・レジャン英語版、デボラ、ユアン、ジョビー、そして、ハロルドが製作総指揮を務め[33]、加えて全てのエピソードの脚本をハロルドが担当する[11]

キャスティング[編集]

2019年8月のD23でのシリーズ製作発表とともに、ユアンが新三部作のオビ=ワン役を再び演じ、さらに主演することが明らかにされた[8]。ケネディは2020年12月に、ヘイデン・クリステンセンが同シリーズでアナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー役として新三部作から再登場すると発表した[4][9]。ユアンは、同シリーズでヘイデンと再会することは「この上なく美しいこと」だと語り、ケネディは二人の再会を「世紀の再戦」と表現している[5]

2021年3月、モーゼス・イングラム英語版クメイル・ナンジアニインディラ・ヴァルマルパート・フレンドオシェア・ジャクソン・ジュニア英語版サン・カンシモーヌ・ケッセル英語版ベニー・サフディ英語版がキャストに加わり[33]ジョエル・エドガートンボニー・ピエスがそれぞれ新三部作からオーウェン・ラーズベル・ホワイトサン・ラーズ役を再演している。イングラムは、このシリーズにとって「非常に重要な役」を演じると伝えられた[10]。その1か月後にはマヤ・アースキン英語版が脇役に起用され、少なくとも3つのエピソードに出演すると報じられ[34]、2022年1月にはローリー・ロスが本シリーズに役名は明かさなかったが関与していることを明らかにした[35]

デザイン[編集]

Todd Cherniawskyがシリーズのプロダクションデザイナーを務め[36]スッティラット・アン・ラーラブ英語版が衣装デザインを担当している[37]

撮影[編集]

撮影は2021年4月[33]にデボラ・チョウ監督[4]のもとでロサンゼルス[31]にて開始される予定であった。ユアンは「スター・ウォーズの日」である5月4日には撮影が始まったことを認めた[38]。撮影監督はチョン・ジョンフンが務め[39]、『マンダロリアン』や『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』でも使用されたステージクラフト英語版ビデオウォール英語版技術を使うシリーズとなる[40][41]。ユアンは、『マンダロリアン』のセットでオビ=ワン・ケノービの衣装テストを行った[42]。ユアンは前日譚となる新三部作ではブルースクリーンやグリーンスクリーンが使われていたため、StageCraft技術のおかげで、新三部作よりもシリーズでの仕事をより楽しむことができたと語っている[40][43]。ユアンは、9月19日までに撮影が完了したことを認めた[43]

マーケティング[編集]

2021年11月12日には、「Disney+ Day」記念として、コンセプトアートや、ユアンとデボラがシリーズについて語る短いプロモーション動画が公開された[44]

配信[編集]

『オビ=ワン・ケノービ』は、『スター・ウォーズ』公開から45周年にあたる2022年5月27日にDisney+で配信され[2]、全6話で構成されることが決まっている[11]。当初は2022年5月25日に配信する予定だったが[1][12]、同年5月26日[45]アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムにて、ファンイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション2022」が行われ、本シリーズの先行上映が開催されるのに伴い、同年4月1日に配信開始日を同年5月27日16時[46]に変更すると同時に初回配信分は2話同時配信になることが発表された[2][47]。その後、配信開始当日の同年5月27日に前述のファンイベントとのタイムラグを最小限に抑えたいとのウォルト・ディズニー・カンパニー側の意向により、急遽3時間前倒し、13時[46]から本シリーズの配信を開始した[3][47]

備考[編集]

注意喚起[編集]

第1話の中において、コルサントのジェダイ聖堂内でオーダー66の命令に従ったクローン・トルーパーが発砲するシーンがあるが、同話の配信直前にアメリカ・テキサス州の小学校において、銃犯罪(ロブ小学校銃乱射事件)が発生したことを受けて、本シリーズを配信しているDisney+は作品詳細に注意喚起のお断りを挿入した[48]。しかし、日本で本シリーズを配信しているDisney+は作品詳細に注意喚起のお断りを挿入していない。

誹謗中傷[編集]

本シリーズの一部出演者のSNSに対して、人種差別を含む誹謗中傷を受けていることが報じられた。こうした人種差別による誹謗中傷は「スター・ウォーズ」の過去作品公開時にも発生している[49]。これを受け、シリーズを制作しているルーカスフィルムは公式のTwitterにおいて、誹謗中傷コメントの投稿者を批判すると同時に「スター・ウォーズの銀河には2000万種以上の知覚種族がいます。レイシスト(人種差別主義者)になることを選択しないでください」との声明を出した[50]。主演のユアン・マクレガーは「もし君が彼女に誹謗中傷のメッセージを送っているのなら、私のなかで君は『スター・ウォーズ』のファンではない。この世界に人種差別のための居場所はない」と差別的な誹謗中傷をした人物を非難した[51]。このユアン・マクレガーのコメントに対して、一部の差別的な人たちが本作のレビューサイトのスコアを不当に下げるためにレビュー爆撃を行った[52]

出典[編集]

  1. ^ a b ユアン・マクレガー&ヘイデン・クリステンセンがシリーズに帰還 『オビ=ワン・ケノービ』5月25日配信決定”. ぴあ (2022年2月10日). 2022年2月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e スター・ウォーズ最新ドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』の初回配信日が5/27に変更。初週は2話分配信へ”. PHILE WEB (2022年4月1日). 2022年4月2日閲覧。
  3. ^ a b ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」初回2話配信開始。Disney+”. AV Watch (2022年5月27日). 2022年5月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e Future Lucasfilm Projects Revealed”. StarWars.com (2020年12月10日). 2020年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月16日閲覧。
  5. ^ a b c d Bonomolo, Cameron (2020年12月11日). “Star Wars: Obi-Wan Kenobi Footage Description from Disney Investor Day 2020”. ComicBook.com. 2020年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月3日閲覧。
  6. ^ Davis, Brandon (2019年10月28日). “Ewan McGregor on Playing Obi-Wan More Like Star Wars' Alec Guinness”. ComicBook.com. 2020年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月3日閲覧。
  7. ^ “森川智之『スター・ウォーズ』新作ドラマでオビ=ワン声優続投!ダース・ベイダーとの共演熱望”. シネマトゥデイ. (2022年4月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0129821 2022年4月22日閲覧。 
  8. ^ a b c The Galaxy Far, Far Away Just Got A Little Bigger…”. StarWars.com (2019年8月23日). 2019年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月24日閲覧。
  9. ^ a b Mathai, Jeremy (2022年2月9日). “Ewan McGregor Promises That The Obi-Wan Series Will Satisfy Fans, So Take That, Boba Fett”. /Film. 2022年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月9日閲覧。
  10. ^ a b c Romano, Nick (2021年3月29日). “Obi-Wan Kenobi series reveals main cast, set 10 years after Revenge of the Sith”. Entertainment Weekly. 2021年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月29日閲覧。
  11. ^ a b c d e Abramovitch, Seth (2021年4月28日). “"I Have the Career I Started Out Wanting": Ewan McGregor on Reviving Obi-Wan and "Going to the Extremes" to Play Halston”. The Hollywood Reporter. 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  12. ^ a b Maas, Jennifer (2022年2月9日). “'Obi-Wan Kenobi' Gets May Premiere Date at Disney Plus”. Variety. 2022年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月9日閲覧。
  13. ^ Breznican, Anthony (2013年2月6日). “'Star Wars' spin-offs: A young Han Solo movie, and a Boba Fett film”. Entertainment Weekly. 2020年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  14. ^ Darth Vader Deserves a 'Star Wars' Spinoff (But Not Everyone Agrees)”. The Hollywood Reporter (2016年8月26日). 2018年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月10日閲覧。
  15. ^ Kit, Borys (2017年8月17日). “'Star Wars' Obi-Wan Kenobi Film in the Works (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2017年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月18日閲覧。
  16. ^ a b c d Slavin, Michael (2019年11月7日). “Hossein Amini Talks The Success Of 'The Alienist', Approaching The Screenplay For 'Drive' & His Upcoming Disney+ 'Obi-Wan' Series (Exclusive Interview)”. DiscussingFilm. 2019年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月8日閲覧。
  17. ^ a b Obi-Wan Kenobi 'Star Wars Story' Movie Has Its Plot and Director”. TMZ (2018年5月17日). 2020年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月1日閲覧。
  18. ^ Belfast to join Star Wars universe as spin-off movie comes to town”. Belfast Telegraph (2018年2月12日). 2018年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月13日閲覧。
  19. ^ Jirak, Jamie (2018年11月24日). “Former UK Foreign Secretary Claims George Lucas Plans to Shoot Star Wars Spinoff Obi-Wan Kenobi Movie”. ComicBook.com. 2018年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月25日閲覧。
  20. ^ a b Kit, Borys (2019年8月15日). “'Star Wars': Ewan McGregor in Talks for an Obi-Wan Kenobi Series for Disney+”. The Hollywood Reporter. 2019年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月24日閲覧。
  21. ^ Kitchener, Shaun (2018年8月3日). “Star Wars: Obi-Wan Kenobi's Ewan McGregor finally gives update on solo movie”. Daily Express. 2018年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月24日閲覧。
  22. ^ Thorne, Will (2019年8月23日). “Ewan McGregor Confirms Obi-Wan Kenobi Disney Plus Series to Shoot Next Year”. Variety. 2019年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月24日閲覧。
  23. ^ Rapkin, Mickey (2019年10月24日). “Ewan McGregor Is Back on Top—Again”. Men's Journal. 2020年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月24日閲覧。
  24. ^ Deborah Chow to Direct Obi-Wan Kenobi Series Exclusively on Disney+”. StarWars.com (2019年9月27日). 2019年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月3日閲覧。
  25. ^ Itzkoff, Dave (2019年11月22日). “'The Mandalorian' Director: Baby Yoda 'Steals the Show'”. The New York Times. 2019年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月3日閲覧。
  26. ^ a b c Chitwood, Adam (2020年1月23日). “Exclusive: 'Obi-Wan' Disney+ Series on Hold as Crew Sent Home”. Collider. 2020年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月23日閲覧。
  27. ^ a b c d Kit, Borys (2020年1月23日). “Obi-Wan Kenobi Series on Hold as Calls Go Out for New Scripts”. The Hollywood Reporter. 2020年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月23日閲覧。
  28. ^ Bankhurst, Adam (2020年1月24日). “Obi-Wan Kenobi Series Delay Won't Change Release Date, Says Ewan McGregor”. IGN. 2020年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月3日閲覧。
  29. ^ Otterson, Joe (2020年4月2日). “Obi-Wan Kenobi Disney Plus Series Enlists Joby Harold as New Writer (Exclusive)”. Variety. 2020年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月2日閲覧。
  30. ^ Haring, Bruce (2020年10月10日). “Ewan McGregor Says Disney+ Obi-Wan Kenobi Series Will Start Shooting In March”. Deadline Hollywood. 2020年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧。
  31. ^ a b Pearson, Ben (2021年2月2日). “'Obi-Wan Kenobi' Updates: Ewan McGregor Confirms Where and When the Disney+ Show Will Film”. /Film. 2021年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月3日閲覧。
  32. ^ Film & Television Industry Alliance (2020年12月5日). “Star Wars: Kenobi”. ProductionList.com. 2021年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月3日閲覧。
  33. ^ a b c Otterson, Joe (2021年3月29日). “'Obi-Wan Kenobi' Disney Plus Series Adds 10 to Cast, Including O'Shea Jackson Jr, Joel Edgerton, Kumail Nanjiani”. Variety. 2021年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月29日閲覧。
  34. ^ Wiseman, Andrea (2021年4月22日). “'Obi-Wan Kenobi': Disney+ Star Wars Series Adds 'PEN 15' Star Maya Erskine”. Deadline Hollywood. 2021年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月22日閲覧。
  35. ^ Mathai, Jeremy (2022年1月26日). “Obi-Wan Kenobi Actor Rory Ross Says All The Right Things Star Wars Fans Want To Hear [Exclusive]”. /Film. 2022年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月26日閲覧。
  36. ^ Fisher, Jacob (2021年3月16日). “Todd Cherniawsky Joins 'Obi-Wan Kenobi' Series For Disney+ (Exclusive)”. DiscussingFilm. 2021年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月3日閲覧。
  37. ^ Fisher, Jacob (2020年1月18日). “Suttirat Anne Larlarb Joins Disney+ 'Obi-Wan Kenobi' Series (Exclusive)”. DiscussingFilm. 2020年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月5日閲覧。
  38. ^ Baumgartner, Drew (2021年5月11日). “Watch Ewan McGregor Confirm Production Has Started on 'Star Wars: Obi-Wan Kenobi'”. Collider. 2021年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月20日閲覧。
  39. ^ "There is a Strength in Asian Culture": A Conversation with Lucasfilm Legend Doug Chiang”. StarWars.com (2021年5月19日). 2021年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月3日閲覧。
  40. ^ a b Bui, Hoai-Tran (2020年6月17日). “The Obi-Wan Kenobi Disney+ Series Will Use the Same Technology as 'The Mandalorian'”. /Film. 2020年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月18日閲覧。
  41. ^ Lane, Carly (2021年6月9日). “Exclusive: Here's When 'The Mandalorian' Season 3 Is Filming; New Details on 'Book of Boba Fett' Connection”. Collider. 2021年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月9日閲覧。
  42. ^ Cavanaugh, Patrick (2020年10月21日). “Star Wars: Ewan McGregor Recalls Doing Obi-Wan Costume Tests on The Mandalorian Set”. ComicBook.com. 2020年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月3日閲覧。
  43. ^ a b Grobar, Matt (2021年9月20日). “Ewan McGregor Teases 'Obi-Wan Kenobi' Series Following Emmy Win For 'Halston': "It Will Not Disappoint"”. Deadline Hollywood. 2021年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月20日閲覧。
  44. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年11月12日). “'Obi-Wan Kenobi': Ewan McGregor & EP Deborah Chow Tease New 'Star Wars' Series On Disney+ Day”. Deadline Hollywood. 2021年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月24日閲覧。
  45. ^ 現地時間。
  46. ^ a b 日本時間
  47. ^ a b 『オビ=ワン・ケノービ』30分前に急きょ変更 3時間前倒しで配信開始の舞台裏”. ORICON NEWS (2022年5月27日). 2022年5月28日閲覧。
  48. ^ Oliphant, Jasmine (2022年6月1日). “映画やドラマの銃描写に賛否両論「乱射事件があったばかりなのに…」→ディズニー、ネトフリが注意喚起や声明”. BuzzFeed. 2022年6月2日閲覧。
  49. ^ スター・ウォーズ公式が「レイシストになるな」『オビ=ワン・ケノービ』リーヴァ役俳優への差別を受け”. VG+ (バゴプラ) (2022年6月1日). 2022年7月3日閲覧。
  50. ^ 『オビ=ワン』出演者への誹謗中傷にユアン・マクレガー激怒「スター・ウォーズファンじゃない」”. ORICON NEWS (2022年6月1日). 2022年6月2日閲覧。
  51. ^ 【全訳】『スター・ウォーズ』ユアン・マクレガー、「主演俳優として」人種差別をするファンを徹底批判”. フロントロウ (2022年6月1日). 2022年7月3日閲覧。
  52. ^ Obi-Wan Kenobi is getting review bombed after Ewan McGregor called out racists”. Indy100 (2022年6月4日). 2022年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]