フランシス・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランシス・レイ(フランシス・レ)(Francis Lai、1932年4月26日 - 2018年11月7日(死去判明日であり正確な逝去日は不明)[1])は、フランスニース出身の作曲家。アコーディオン奏者から作曲家に転身した。

多くの映画音楽作曲。特にクロード・ルルーシュ監督とのコンビによる作品は良く知られている[1]。また、『恋人たちのメロディー』愛と哀しみのボレロ』『流れ者』では出演もしている。[要出典]1970年アカデミー作曲賞受賞(『ある愛の詩』)。

大の飛行機嫌いで、海外公演が少ない事でも知られている。

2018年11月7日、フランスのメディアによって逝去が報道された。ただし正確な逝去日や死因については不明である[1]

音楽家として手がけた主な映画作品[編集]

ディスコグラフィー(日本発売分)[編集]

シングル[編集]

  1. 白い恋人たち(1968.10.1)
  2. 愛のレッスン(1969.3.25)
  3. 脱走山脈(1969)
  4. 雨の訪問者(1970.3.25)
  5. さらば夏の日(1970.7.1)
  6. ある愛の詩(1971.1.25)
  7. 流れ者のテーマ(1971.2.1)

アルバム[編集]

  1. ダブル・デラックス(1971.2.10)
  2. フランシス・レイ・プレイズ…(1971.4.1)
  3. MAX20(1971.5.10)
  4. ザ・ベスト・フランシス・レイ(1971.9.10)

フランシス・レイが題名及び歌詞に出てくる楽曲[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e “フランシス・レイ氏死去 仏映画「男と女」で作曲”. サンケイスポーツ. (2018年11月8日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181108/geo18110811360016-n1.html 2018年11月8日閲覧。 
  2. ^ a b “仏作曲家、フランシス・レイ氏死去 映画「男と女」のダバダバダ…などで知られる”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2018年11月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/09/kiji/20181108s00041000442000c.html 2018年11月9日閲覧。 

外部リンク[編集]