ある愛の詩 (フランシス・レイとアンディ・ウイリアムスの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ある愛の詩
フランシス・レイシングル
リリース 1971年1月25日
レーベル ビクター音楽産業
チャート最高順位
フランシス・レイ 年表
さらば夏の日
1970年
ある愛の詩
(1971年)
流れ者のテーマ
1971年
テンプレートを表示

ある愛の詩(あるあいのうた、Love Story)はフランシス・レイアンディ・ウイリアムスが1971年に発売したシングルである。越路吹雪尾崎紀世彦がカヴァーしたことでも知られている(岩谷時子訳詞)。

ある愛の詩(フランシス・レイ)[編集]

  • 日本でも人気があり、数多くの映画音楽を手がけてきたフランシス・レイがアメリカ映画ある愛の詩』(1970年公開)のテーマ曲として作曲した。同曲は1970年の『アカデミー賞』音楽賞を受賞している。
  • 日本では1971年の1月に発売された。フランシス・レイ本人の来日やアンディ・ウイリアムス盤の発売により徐々に火がつき、5月~6月にはアンディ・ウイリアムス盤(オリジナル・日本語)とともに4週間にわたり3曲同時にBEST10にランクされるという快挙を達成した。

ある愛の詩(アンディ・ウイリアムス)[編集]

ある愛の詩
アンディ・ウイリアムスシングル
リリース 1971年3月21日 / オリジナル
1971年4月21日 / 日本語
レーベル CBSソニー
チャート最高順位
  • 4位(オリコン) / オリジナル
  • 5位(オリコン) / 日本語
アンディ・ウイリアムス 年表
好きにならずにいられない
1970年
ある愛の詩
(1971年)
ゴッドファーザーの愛のテーマ
1972年
テンプレートを表示
  • 原題は、"(Where Do I Begin) Love Story"。ビルボード誌では、1971年4月3日に週間ランキングの最高位である第9位を獲得。ビルボード誌1971年年間ランキングは第81位。
  • フランシス・レイ来日記念盤として3月にオリジナル盤が、4月には日本語盤が発売された。B面はオリジナル盤では元ビートルズジョージ・ハリスン作曲の『サムシング』、日本盤では同じく『マイ・スウィート・ロード』が収録されている。
  • オリジナル盤は1月に発売されていたフランシス・レイ盤の先を越してBEST10にランクされ、日本語盤も2曲の後を追うようにランクされた。なお、アンディ・ウイリアムスのオリジナル盤と日本語盤は6週間にわたり同時にBEST10にランクされている。

カヴァーした歌手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]