追悼のメロディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
追悼のメロディ
Le Corps de Mon Ennemi
監督 アンリ・ヴェルヌイユ
脚本 アンリ・ヴェルヌイユ
ミシェル・オーディアール
フェリシアン・マルソー
原作 フェリシアン・マルソー
製作 ジャン・ポール・ベルモンド
アンリ・ヴェルヌイユ
出演者 ジャン=ポール・ベルモンド
ベルナール・ブリエ
マリー=フランス・ピジェ
音楽 フランシス・レイ
撮影 ジャン・パンゼル
編集 ピエール・ジレット
配給 フランスの旗 AMKF
日本の旗 コロンビア映画
公開 フランスの旗 1976年10月13日
日本の旗 1977年11月3日
上映時間 116分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

追悼のメロディ』(Le Corps de Mon Ennemi)は1976年公開のフランスの映画。カラー作品。

アンリ・ヴェルヌイユ監督、ジャン=ポール・ベルモンド主演、フェリシアン・マルソー原作の復讐サスペンス。主人公が事件の真相に迫っていく姿を、現在と過去を交錯させながらスリリングかつ叙情的に描き出している。

ストーリー[編集]

繊維産業が支配する街で、労働者の家に生まれたルクレールは、ブルジョアへの憎しみを抱かえて育った。大人になると、彼は毛織物工場の社長令嬢ジルベルトを誘惑し、町の名士の仲間入りを果たす。そして上流階級相手のクラブを経営するが、彼を待ち受けていたのは殺人犯の汚名を着せる罠だった。それから7年、服役していたルクレールが帰郷する。自分を嵌めた真犯人を暴き、復讐を果たそうと動き出す。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]