脱走山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
脱走山脈
Hannibal Brooks
監督 マイケル・ウィナー
脚本 ディック・クレメント
イアン・ラ・フレネ
原案 マイケル・ウィナー
トム・ライト
製作 マイケル・ウィナー
出演者 オリヴァー・リード
マイケル・J・ポラード
音楽 フランシス・レイ
撮影 ロバート・ペインター
配給 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 ユナイト
公開 イギリスの旗 1969年3月13日
日本の旗 1969年3月15日
上映時間 102分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

脱走山脈』(だっそうさんみゃく、原題:Hannibal Brooks)は、1969年制作のイギリスアクション映画

第二次世界大戦中、捕虜となったイギリス兵がゾウに乗ってアルプスを越えてスイスに脱走する様を、トム・ライトの実体験を基に描く。マイケル・ウィナー監督。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦末期のドイツミュンヘン。捕虜となったイギリス兵のブルックスは、地元の動物園でアジアゾウのルーシーの飼育係をすることになった。最初は悪戦苦闘するブルックスであったが、次第にルーシーに愛情を感じて意気投合するようになる。

そんな中、連合軍の爆撃が激しさを増したため、園長はルーシーをオーストリアに移送することを決め、ブルックスにその任を命じる。当初は列車で運ぶ計画であったが、ルーシーのための車輌が軍に徴用されたため、徒歩で行くことになった。

ブルックスは料理人のブロニア、警備兵のクルトとウィリーと共に出発するが、その途中、ブルックスは日頃から意地悪をしていたクルトと衝突し、彼を殺してしまう。

ブルックスはオーストリアには行かず、スイスに逃走することを決断、ルーシーと共に決死の逃避行を行う。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
NET TBS
ブルックス オリヴァー・リード 福田豊土 石田太郎
パッキー マイケル・J・ポラード 朝倉宏二 納谷六朗
フォン・ハラー大佐 ヴォルフガング・プライス 島宇志夫 大木民夫
ブロニア カリン・バール 沢田敏子 榊原良子
ウィリー ヘルムート・ローナー 井上真樹夫 有本欽隆
クルト ペーター・カルステン 細井重之 千田光男
スターン園長 エリック・イェルデ 塩見竜介 大久保正信
ケラーマン アーンスト・フリッツ・フルブリンガー 八奈見乗児 伊井篤史
ジョセフ フレッド・アルティナー 納谷六朗 大山高男
副官 ティル・キーヴェ 原田一夫 小関一
その他 N/A 千田光男
徳丸完
筈見純
仲木隆司
緒方賢一
谷口節
広瀬正志
安田隆
古田信幸

2021年ハピネットから発売のBDには、上記の日本語吹替を全て収録[1]

脚注[編集]

  1. ^ 脱走山脈-2Kレストア版-”. ハピネット. 2021年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]