土曜映画劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
土曜映画劇場
ジャンル 映画番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 NETテレビ → テレビ朝日
出演者 木崎国嘉
増田貴光
筈見有弘
児玉清
エンディング木星」(組曲『惑星』より)
1968年10月から1972年9月まで
放送時間 土曜 21:00 - 22:26(86分)
放送期間 1968年10月5日 - 1972年9月
1972年10月から1975年3月まで
放送時間 土曜 21:00 - 22:25(85分)
放送期間 1972年10月 - 1975年3月
1975年4月から1977年6月まで
放送時間 土曜 21:00 - 22:24(84分)
放送期間 1975年4月 - 1977年6月25日
テンプレートを表示

土曜映画劇場』(どようえいがげきじょう)は、NETテレビ → テレビ朝日系列局ほかで放送されていたNETテレビ → テレビ朝日製作の映画番組である。製作局のNETテレビ → テレビ朝日では1968年10月5日から1977年6月25日まで放送。

概要[編集]

元は土曜21:00枠で放送されていたが、日曜21:00枠への移動によって『日曜洋画劇場』と改題した『土曜洋画劇場』を補完する番組としてスタートした。

エンディングクレジットの表示中に流れていたテーマミュージックは、グスターヴ・ホルストの組曲『惑星』の「木星」(第4主題)であった。

近畿地区では、1975年3月29日までは毎日放送で放送されていたが、腸捻転の解消によって翌週の4月5日からは朝日放送で放送されるようになった。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 土曜 21:00 - 22:26 (1968年10月5日 - 1972年9月)
  • 土曜 21:00 - 22:25 (1972年10月 - 1975年3月) - 1分縮小。
  • 土曜 21:00 - 22:24 (1975年4月 - 1977年6月25日) - さらに1分縮小。

解説者[編集]

  • 初代解説者は木崎国嘉(1969年8月23日 - 1969年12月27日)。
  • 2代目は増田貴光(1970年1月3日 - 1974年6月29日)。「あなたとお会いしましょう!」の決め台詞があった。
  • 3代目は筈見有弘(1974年7月6日 - 1975年9月27日)。
  • 4代目は児玉清(1975年10月4日 - 最終回)。オープニングは、ケーシー高峰が犬とともに掛けあうものだった。

ネット局[編集]

※は時差ネット局。

NETテレビ → テレビ朝日系列 土曜21:00枠
前番組 番組名 次番組
かわいい妻ジュリー
(1968年5月11日 - 1968年9月28日)
※21:00 - 21:30
おゝ猛妻イブとケイ
(1968年4月6日 - 1968年9月28日)
※21:30 - 22:00
土曜西部劇
(1968年4月6日 - 1968年9月28日)
※22:00 - 23:30
土曜映画劇場
(1968年10月5日 - 1977年6月25日)
土曜ワイド劇場
(1977年7月2日 - 1979年3月31日)
NETテレビ系列 土曜22:24枠
土曜西部劇
(1968年4月6日 - 1968年9月28日)
※22:00 - 23:30
土曜映画劇場
(1968年10月5日 - 1975年3月)
【1975年4月廃枠】
-
NETテレビ系列 土曜22:25枠
土曜西部劇
(1968年4月6日 - 1968年9月28日)
※22:00 - 23:30
土曜映画劇場
(1968年10月5日 - 1972年9月)
【1972年10月廃枠】
ANNニュース
(1972年10月 - 1975年3月)
※22:25 - 23:00
【1分繰り上げて拡大】